S414x320 52daeca6 f912 473b a055 429e823bbc5e

インタビュー

公開日 : 2016 年 05 月 14 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

「体がだるい」原因は病気や風邪、ストレスかも。薬で治る?倦怠感の解消法まとめ◇

体がだるい、体が重い、睡眠が浅い、疲労が取れない、眠い、朝起きられない、やる気が出ない、些細なことでイライラする…。

ストレス社会の現代において、「動けないほどではないけれど何となくだるくて体調がすぐれない状態が続く」という方は多いのではないでしょうか?(このような状態は、医学的には不定愁訴(ふていしゅうそ)といいます)

「体がだるい(倦怠感がある)」といって会社や学校を休んだ場合、周囲から「甘えている」といわれてしまうこともあるかもしれません。しかし、体がだるかったり疲れが取れなかったりするときは、何らかの病気が潜んでいることもあるので注意が必要です。また女性の場合は、生理周期に伴い体調が大きく変化しますし、更年期では自律神経失調によって体がだるくなることもあります。

今回はだるさ、すなわち倦怠感の原因と、倦怠感が続くときに考えられる病気、対策、受診する診療科についてまとめました。

<目次>


  1. 1.倦怠感の原因は?女性の場合は生理周期も関係する
  2. 2.倦怠感がずっと続く時に考えられる病気は?
  3. 3.倦怠感を解消する食べものって何があるの?
  4. 4.体がだるいときは何科に行けばいい?

倦怠感の原因は?女性は生理周期(ホルモンバランス)も疲労感に関係

1、日常生活(睡眠不足、運動不足)による倦怠感

過労による睡眠不足や心身の疲労によって人は「だるい」と感じます。生活リズムの乱れによって体内時計が狂ってしまったり、食事の時間が不規則だったりする場合も体がだるくなります。

2、ストレスによる倦怠感

ストレスで体がだるい

最近仕事が忙しかったり大きな環境の変化があったりして、心が疲れていませんか? 実は精神的なストレスもだるさを引き起こします。体がだるい、やる気が出ない、疲れやすい、頭がぼーっとするなどの症状が同時に出る場合は注意が必要です。

3、栄養の偏り(栄養不足)による倦怠感

栄養の偏りで体がだるい

ビタミン(特にビタミンB群)やミネラルは体調を整えるための重要な微量栄養素です。これらの栄養素が不足すると代謝がスムーズにいかなくなり、なかなか疲れが取れなくなってしまいます。(詳細は後述の項「体のだるさを解消する食べものって何があるの?」を参照)

4、女性の倦怠感は生理(月経)によるホルモンバランスの乱れが原因の場合も?

生理、月経で体がだるい

女性の場合、倦怠感やだるさの原因には生理周期が関係しているかもしれません。とくに生理前になると「体がだるい」と感じる方が多いようです。

生理前の様々な深い症状を月経前症候群(PMS)といいます。体のだるさに加えて、乳房の張り、頭痛、体が重い、腰痛、下痢、ニキビ、肌荒れ、イライラ、憂うつ感、不眠、眠気、過食などの症状が起こりやすくなります。重症化するとPMDDという、精神症状がより強い状態に進行してしまう場合もあります。PMDDにまで至った場合は産婦人科でピルを処方してもらうのもひとつの手段です。

5、病気が原因で体がだるいことも?甲状腺や肝臓に異常はないか

病気で体がだるい

体のだるさは、ほとんどの場合休養によって回復するため大きな心配はいりません。

しかし、だるさがずっと続いたり、だるさに加えて頭痛や疲れやすさ、微熱、息切れ、下痢、吐き気、関節痛、憂うつな気分などが自覚できる場合は何らかの病気によって症状が出ている可能性もあります。

下記に、体がだるいと感じるとき考えられる病気をまとめました。


倦怠感があるときに考えられる病気は?

体がだるい状態が続く場合は、何らかの病気が原因で倦怠感や疲労感が生まれている可能性があります。

かぜのページへ

関連記事