新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

皮膚科で行うシミ治療とは? 皮膚科医に聞くシミの基礎知識とその種類

皮膚科で行うシミ治療とは? 皮膚科医に聞くシミの基礎知識とその種類
花房 火月 先生

はなふさ皮膚科 理事長

花房 火月 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

年齢を重ねるにつれ増えていく顔のシミ。最近ではシミを治療することも珍しくなくなってきていますが、ひとくちに“シミの治療”といってもその中身は実にさまざまです。シミの治療は基本的に自由診療となりますが、肝斑(かんぱん)へのトラネキサム酸内服治療など保険診療が適用されるものも一部あります。シミ治療について、はなふさ皮膚科理事長の花房(はなふさ) 火月(ひづき)院長にお話を伺いました。

ひとくちにシミといっても実にさまざまな種類のシミがあります。種類により治療法がまったく異なるばかりか、時には治療が逆効果になってしまうケースもあります。そのため、まずはそのシミがどのようなタイプのシミなのか、しっかりとした診断を行うことが重要です。ダーモスコピーを用いて皮膚に分布するメラニンという色素や毛細血管の状態を調べたり、シミの分布の様子も手がかりにしたりして診断します。

シミには以下のような種類があります。

もっとも数が多いのは老人性色素斑と肝斑です。この2種類は合併しやすいのですが、下記に述べるように治療法が真逆であり、実はこれが日本人のシミが治りにくい原因の1つとなっています。つまり、最初の診断が非常に重要で、診断を誤ることのないようトレーニングを受けた皮膚科医の診察を受ける必要があります。

老人性色素斑はもっとも代表的なシミですが、実はこの正体は角化細胞(皮膚の表面を覆う細胞)の良性腫瘍なのです。角化細胞が紫外線に当たるとDNAに異常をきたし、良性腫瘍化します。そのため日光に当たりやすい部位、特に顔や手の甲、腕などに多く発生します。老人性色素斑という名前のとおり、60歳代以上に多く発生するものですが、20歳頃から発生する方もいらっしゃいます。

腫瘍なので一番の治療はレーザーで破壊・除去することです。特におすすめなのが、“Qスイッチアレキサンドライトレーザー”で、Qスイッチレーザーであれば1回で取り切ることが可能です。

レーザーを使いたくない方は、“トレチノイン・ハイドロキノン療法”という方法で薄くすることも可能です。また、“フォトセラピー”という方法もあります。フォトセラピーは濃いシミを薄くする際に使用される治療法で、肌へのダメージが少ないという特徴があります。

肝斑は老人性色素斑と異なり腫瘍ではありません。皮膚への摩擦、紫外線、女性ホルモンが原因でメラノサイトが過剰産生することにより発生します。このメラノサイトは、妊娠中にも増えます。30〜60歳代の女性に見られ、頬や目の下、額などに左右対称に薄茶色のシミとして現れます。一般的なレーザーを肝斑に照射するとメラノサイトが活性化してしまうため、逆効果になります。だからこそ、最初に老人性色素斑と肝斑を見分けることが重要なのです。

肝斑の治療には、まず1年~1年半のトラネキサム酸の内服が挙げられます(トラネキサム酸の内服は保険診療となります)。これは約3か月程度で効果が現れます。それ以外の治療法では、ピーリングイオン導入が行われるほか、最近ではレーザートーニング(従来のレーザー治療に比べてより刺激の弱いレーザー治療)が効果的なのではないか、という報告もあります。しかし、決定的なものはなく賛否両論あるのが現状です。

私の見解を述べると、効果が得られてきている印象ではあるのですが、レーザー照射にコツがいるのもまた事実です。そのため施術する医師の経歴、皮膚科医としてのキャリア、専門医かどうかなど、きちんとしたトレーニングを受けているかを事前に確認して、判断したほうがよいでしょう。

日本人のシミを治りにくいものとする一番の原因が、老人性色素斑肝斑の合併でした。いきなりレーザー治療を行うこともできないため、合併している場合は、まず肝斑の治療を行います。

具体的には最初の3~6か月は、トラネキサム酸の内服にピーリングやイオン導入、時にレーザートーニングを組み合わせて肝斑を治療します。その後、Qスイッチアレキサンドライトレーザーで残った老人性色素斑を取ってしまう、という方法になります。時間は少しかかるものの、安全な方法であると思います。

ここでは老人性色素斑肝斑という2種類のシミの治療法を紹介しましたが、前述したようにシミ治療は実に多様です。そのため、これから治療を行う際には信頼できる医師を見つけ、まず診察を受けて、その診断にそってご自身にとって最適な治療法を相談し、納得したうえで治療を進めていくことが肝心でしょう。

ホームページなどで開示されている症例写真や口コミも、なかなかあてにならないことも多いと思います。経験豊富な医師・クリニックに出会えるよう、事前に情報収集を怠らないことも大切です。信頼できる医師・クリニックを見つけたら、ぜひともシミ治療を受けられてシミの悩みから自由になりましょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「老人性色素斑」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。