【疾患啓発タイアップ】

脳腫瘍に対する定位放射線治療装置ノバリスによる放射線治療

公開日 2016 年 10 月 16 日 | 更新日 2018 年 01 月 05 日

脳腫瘍に対する定位放射線治療装置ノバリスによる放射線治療
周藤 高 先生

横浜労災病院脳神経外科 部長

周藤 高 先生

脳腫瘍の治療法として代表的な放射線治療。その放射線治療において、ある装置によって革新が起きようとしています。それが、定位放射線治療装置「ノバリス」です。今回はノバリスによる脳腫瘍治療の特徴について、横浜労災病院脳定位放射線治療センター長兼脳神経外科部長の周藤 高(しゅうとう・たかし)先生に解説していただきました。

定位放射線治療装置ノバリスで治療できる脳腫瘍

脳腫瘍の治療法において代表的な治療法である放射線治療において、近年各病院で導入されている放射線治療装置が定位放射線治療装置「ノバリス」です。

ノバリスに適している脳腫瘍—比較的大きな脳腫瘍

良性・悪性ともにノバリスに適している脳腫瘍は、3cmを超える比較的大きな脳腫瘍です。放射線治療装置で最もメジャーなガンマナイフでも3cmを超える腫瘍の治療は可能ですが,ガンマナイフは本来比較的小さな腫瘍が適しています。一方、ノバリスは分割照射が容易に可能なため比較的大きな腫瘍の治療に向いています。

ガンマナイフによる脳腫瘍の治療については、『ガンマナイフの適応疾患と治療方針』をごらんください。

ノバリスに適している脳腫瘍—重要な神経に接する脳腫瘍

ノバリスは、視神経や脳幹など重要な神経組織に接している脳腫瘍の治療にも最適です。周辺組織に多大な影響を及ぼさない、少ない線量での分割照射が可能なためです。

横浜労災病院脳神経外科(脳定位放射線治療センター)では視神経近くの髄膜腫に対しては、1回につき1.8Gy で30回に分割し照射することがよくあります。これは重要な機能をつかさどる視神経の安全性を重視した照射法です。本法による合併症が生じたことは今のところありません。このようにノバリスは非常に安全性が高く、従来では慎重に治療する必要のあった重要な神経付近の脳腫瘍もより安全に治療できます。

ノバリスよりガンマナイフでの治療が適している脳腫瘍

このように大きな脳腫瘍や重要な神経に接する脳腫瘍にも安全で高い治療効果を実現できるノバリスですが、一方でノバリスよりもガンマナイフのほうが適している脳腫瘍もあります。

ガンマナイフでの治療が向いている脳腫瘍—多発性脳腫瘍

転移性脳腫瘍では、数個〜数十個単位で同時多発的に発生する多発性脳腫瘍が起こる場合があります。人によっては20〜30個できることもあります。ノバリスは1回につき最大2〜3個程度の治療が現実的には限界ですが、ガンマナイフは1回につき10個程度の脳腫瘍を容易に治療できます。そのため、多発性脳腫瘍の治療ではガンマナイフのほうが適しているといえます。

ガンマナイフでの治療が向いている脳腫瘍—数ミリ程度の小さな脳腫瘍

ノバリスが比較的大きな脳腫瘍の治療を得意とする一方、ガンマナイフは数ミリ程度の小さな脳腫瘍の治療を得意とします。それは両者の照射精度の違いにあります。

ノバリスも精度の高い定位放射線治療装置ですが、精度においてはガンマナイフに一歩譲ります。その違いは頭部固定の方法の差です。ノバリスは顔面から頭部にマスクを被せるマスク固定、ガンマナイフは局所麻酔下に、専用フレームを頭蓋骨にピンで留めるピン固定です。ピン固定のほうがより強固に頭部を固定できるため頭部が動く心配がなく、照射時のズレがほとんどありません。そのため、ガンマナイフのほうがより確実に小さな病変に照射することが可能なのです。

横浜労災病院ではノバリスとガンマナイフ両方の選択が可能

横浜労災病院脳神経外科(脳定位放射線治療センター)では、通常の汎用機による放射線治療とノバリスによる治療、ガンマナイフによる治療という3つの放射線治療の選択肢を用意しています。2016年10月から脳定位放射線治療センターが設置され、脳腫瘍をはじめとした頭蓋内疾患に対する放射線治療の更なる充実を図っていきます。2016年10月現在、ノバリスとガンマナイフの双方を有している病院は、横浜労災病院を含めて全国で3施設しかありません。このように当院では患者さんの脳腫瘍に適した放射線治療装置の選択が可能です。

たとえば数ミリ単位の小さな腫瘍はガンマナイフで一括照射、数センチ程度の大きな腫瘍はノバリスで分割照射、というふうに使用する装置を変えながら、より治療効果が高く、患者さんに負担の少ない治療が可能です。

私は今までガンマナイフによって数多くの脳腫瘍の治療を行ってきましたが、ノバリスの導入によって治療の選択肢が大きく広がりました。これからもより多くの患者さんがノバリスのメリットを享受できるよう、ノバリスが適応可能な脳腫瘍にはノバリスでの治療を積極的に行っていきたいと考えています。

横浜労災病院 脳定位放射線治療センターのHPはこちら

 

定位放射線治療装置ノバリスと脳腫瘍(周藤高先生)の連載記事

関連記事

「脳腫瘍」
のページへ