S414x320 9725fdb2 be6b 4bc4 b410 0d45a10b5a37

タイアップ

公開日 : 2016 年 10 月 10 日
更新日 : 2017 年 10 月 18 日

インプラントの痛みや費用は?インプラント治療で知っておきたいこと

近年、急速に認知度が上がり治療する方も増えてきたインプラント。インプラントのほとんどは保険適用外のため、その費用に目が行きがちですが、実際のところインプラントとはどのような治療なのでしょうか。

今回はインプラントとは何かということから治療の種類や痛みまで、千葉県袖ケ浦市の中村歯科医院院長・中村武仁先生にうかがいました。

インプラントとは何か?

インプラントとは、歯の失われた部分のあごの骨に、人工歯根(チタン製の歯の根っこ)を埋め込み、それを土台として上部に人工の歯を取り付ける治療法です。一度失った歯を限りなく自然の歯に近い状態に戻すことのできる唯一の方法といえます。

歯を失ったときの治療法といえば、インプラント以外にもブリッジや入れ歯を想像する方も多いでしょう。しかし、ブリッジは前後の健康な歯を削らなくてはならなかったり、入れ歯は硬いものが噛めない、手入れが大変などというデメリットがあります。ですから、ブリッジや入れ歯と比較しても、自然の歯とほぼ同じ状態に戻すにはインプラントが適切といわれています。

このような理由から、今では歯を失ったときの第一選択としてインプラントを選ぶ方が増えています。

インプラントを慎重に行うべき方とは?何歳から治療できる?

このように便利なインプラントですが、なかにはインプラントの治療を慎重に行うべき方もいらっしゃいます。

インプラントの治療を慎重に行うべき方

・糖尿病の方

糖尿病の方は、服薬などできちんと病状をコントロールできていないと感染が起きやすく、インプラント治療が難しい場合があります。感染が起きると、埋入したインプラントが骨に結合しにくくなってインプラントが定着できません。

ですから、糖尿病の方がインプラントを行う際は、糖尿病治療で通われている病院・クリニックの先生方と連携して治療を行う必要があります。

万が一インプラントが定着しなかった場合は、後日再治療することでインプラントを定着させます。これは糖尿病の方だけでなく、体質的にインプラントが骨に結合しにくい方も同様です。

・喫煙中の方

喫煙者の方は歯茎の血流が非喫煙者の方より悪くなっています。血流が悪いと歯茎の治癒に時間がかかり、歯茎の中のインプラントから感染が起こってしまうことがあります。

喫煙中の方がインプラントを希望されるときは、なるべく禁煙してもらうことが大切です。中村歯科医院では、インプラントの手術が終わって2週間から6週間は禁煙するよう、お願いしています。

・てんかんの薬や骨粗しょう症の薬を服用している方

てんかんの薬や骨粗しょう症の薬を飲んでいる方も注意が必要です。これらの薬の副作用として、インプラントが骨に結合しにくいことがあります。また、骨粗しょう症の薬を服用している方は、インプラントに限らず外科手術によって骨髄炎を発症する場合があります。

・感染症を起こしている方

何かしらの感染症が起きている方も、インプラントが骨に結合しづらいです。そうした場合には先に感染症を完治させてから、インプラント治療を行ってください。

・チタンアレルギーの方

ごくまれですが、インプラントはチタンを使用するためチタンアレルギーの方は治療できません。しかし、チタンアレルギーは非常にまれなので、気にする必要はほとんどないでしょう。

インプラントが可能な年齢は原則20歳から

インプラントはあごの骨にインプラントを埋め込む治療法ですので、骨の成長が完了していないと適切な治療ができません。骨の成長が終わっていない状態でインプラントの治療をすると、骨の成長にともなって歯並びや噛みあわせに影響が出てくことがあるからです。そのため、骨の成長が終わった20歳以上からの治療を原則としています。

ただし、20歳以下のお子様の場合でも、必要があればインプラント治療ができることがあります。その場合は取り外しがすぐにできる仮のインプラントにし、将来的にちゃんとしたインプラントにするかどうかを決めます。

歯が抜けると骨がやせてしまう!歯がなくなったら早めの治療が肝要

インプラント治療は、骨に歯の根っことなるインプラントを埋め込む治療法ですので、土台となる骨が太くしっかりしていないときちんと固定できません。

歯が抜けてしまう理由は、歯周病などで歯肉や骨が痩せてしまうからです。歯が抜けたあとも、骨はどんどん細くなっていってしまいます。

細くなった骨には細いインプラントを入れることで治療は可能ですが、インプラントを埋入する条件としてはあまり好ましくありません。ですから、歯が抜けたらすぐにインプラント治療を開始することが、健康な歯を取り戻すために重要だといえるでしょう。

義歯のページへ

関連記事