新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

鶴見歯科医院が実践するチーム医療“総合歯科診療”とは

鶴見歯科医院が実践するチーム医療“総合歯科診療”とは
三宅 忠隆 先生

医療法人審美会 鶴見歯科医院 理事長/院長、神奈川歯科大学 非常勤講師

三宅 忠隆 先生

一瀬 昭太 先生

医療法人審美会 鶴見歯科医院 副院長

一瀬 昭太 先生

神奈川県横浜市の鶴見歯科医院は、“総合歯科診療”を実施した歯科医院です。

鶴見歯科医院院長の三宅忠隆先生・副院長の一瀬昭太先生に、総合歯科診療の考え方やメリットについて、インプラント治療を例にお話しいただきました。

歯科医師イメージ画像

急速な細分化・専門化が進んだ医療では、ある特定の領域における検査・診断・治療を行う専門領域という考え方が発展しました。たとえば目に違和感があったら眼科へ行くというのは、この専門領域に基づく考え方によるものです。

ある特定の部位に異常が生じたときは、該当する診療科を判断して来院することができます。しかし足が痛い、お腹が痛いのように、漠然とした異常ではどの診療科に行けばいいのか判断が難しいです。このように専門領域の細分化が進んだことによる弊害を解消するため登場したのが“総合診療”という考え方です。

全ての専門領域を診る医師のことを“generalist(ジェネラリスト)”と呼びます。日本では“総合内科医”などの名称で呼ばれることもあるため、こちらを耳にしたことがあるかもしれません。

口腔内は非常に限られた空間でありながら、虫歯や歯周病不正咬合(ふせいこうごう)(かみ合わせが合わない)など、多くのトラブルを抱えやすい部位です。そのため、限られた治療法では対処が難しい場合があります。

総合歯科診療では、こうした口腔内のトラブルに対し、医師の専門領域のみにとどまることなく、専門医同士が連携し合うことでベストな治療方法を提供します。

歯科医師イメージ画像

歯科医院を受診した理由が“歯が抜けた”だったとしても、“歯が抜けた原因”は患者さんによって異なるため、歯科診療では患者さんの数だけ治療があるといえます。総合歯科診療には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

歯科診療も専門領域の細分化が進んでいるため、虫歯の治療が得意な先生もいらっしゃれば、矯正治療に自信があるという先生もいらっしゃいます。一般的な歯科医院に所属している歯科医師は2~3名程度で、提供できる治療はその先生が得意とする、もしくは施術可能な治療に限定されます。これは、患者さんが選んだ歯科医院によって、受けることができる治療が限定されることを意味します。

総合歯科診療を実施している歯科医院では、異なる専門分野を持つ歯科医師が在籍することが一般的なので、そのぶん口腔内トラブルに対する治療の選択肢が多くなります。

患者さんに対し最適な治療を提供する―これは医療に携わる者全ての使命だと思います。

総合歯科診療では治療の選択肢が増えるとお伝えしましたが、メリットはこれだけにとどまりません。

専門医たちが連携するということは、それぞれの視点からアプローチするということです。それにより、治療に対する意見のブラッシュアップにつながります。専門医同士が意見を出し合うことで、よりよい医療を提供できる可能性が高まるのです。

そして専門性が異なる歯科医師からアドバイスをもらうことは、治療を担当する歯科医師自身のスキルアップにもつながります。

歯科治療の目的は、歯そのものを回復するのではなく、歯の機能を回復することです。そして歯科治療には、一度実施すると元の状態には戻すことができない不可逆性の治療という特性があります。

そのため歯科診療では、治療結果を維持し症状を進行させないことが重要視されます。

【コラム】入れ歯のメンテナンスも大切な診療の1つ

入れ歯は作製時の歯並び、かみ合わせ、歯肉の状態を考慮して作製されますが、年数が進むにしたがい入れ歯が合わないと感じることがあります。原因としては、歯を失ったことによる歯列の変化、加齢や歯周病などの進行による歯肉の後退などが挙げられます。つまり、入れ歯が合わなくなってきたというのは、歯を失った原因の病気が再発している可能性があるということです。

また、口の形に合わない入れ歯を使用し続けることは、ぐらつきによって痛みが生じるのみでなく、口腔内に残っている健康な歯に対しても負担をかけてしまいます。

総合歯科診療では、治療のみにとどまらずその後のメンテナンスも一貫して請け負うことができるため、入れ歯の修繕、ときには再発した口腔内トラブルの治療にもスムーズに対応することが可能です。

インプラント治療とは、事故や病気などによって失われた永久歯の代わりに人工歯根を埋め込み、その上を人工の歯で覆うことです。

人工歯根を顎の骨に直接埋め込むので、歯がグラつくことなく、そして食べ物をしっかりとかみしめることができるため、歯を失うことにより低下したQOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させることが可能です。

インプラント治療には、人工歯根を顎の骨に埋め込む外科手術や上部に装着する人工歯の作製など、高度な技術と治療後の継続したメンテナンスが不可欠です。

ここでは総合歯科診療がどのように行われるのか、当院におけるインプラント治療を例にご紹介していきます。

インプラント治療では、患者さんと相談して治療のゴールを設定してから治療の筋道を考える“トップダウン・トリートメント”という考え方が重視されます。

インプラント治療を実施するにあたり当院では口腔内の型取りとCT撮影を実施、機能面、審美面、インプラント施術後のメンテナンスを考え、人工歯根の設置場所を決定します。

補綴医が計画した治療計画を基に、歯科矯正専門医、歯周病治療専門医、歯科技工士、口腔外科専門医を交えたディスカッションを実施します。

残存している歯のポジションを確認する歯列矯正医

口腔内に永久歯がまったく残っていない状態であれば、補綴医のみでインプラントの設置場所を決定することも可能です。しかし実際には口腔内に永久歯が残っていることがほとんどのため、永久歯とインプラントとの位置関係について歯列矯正専門医の意見が重要になります。

また永久歯を失った期間が長いと歯の位置がずれることもあるため、歯列矯正専門医には永久歯が本来の正しい位置に生えているかを確認する役割もあります。

虫歯や歯周病など歯が抜けた原因の治療も必要になる

歯を失う原因の大半は虫歯や歯周病です。歯を失った原因を解決しないことには、インプラント治療を実施しても再び歯を失ってしまいます。

インプラントを長持ちさせるため、インプラント治療前に歯周病や虫歯の治療を行います。

インプラント治療を左右する歯科技工士

歯科技工士は口腔内に設置する義歯補綴装置の作製を担当します。

インプラントは治療後の手入れがおろそかになるとインプラント周囲炎を起こすため、治療後の口腔ケアのしやすさも大切なポイントとなります。当院は歯科技工士もカンファレンスに参加、各分野の専門医が提案するプランが実現可能かを検討すると同時に、治療後のメンテナンスのしやすさも考慮した義歯づくりを担当します。

インプラント治療を執刀するのは口腔外科医

人工歯根を設置する歯槽骨(しそうこつ)をはじめとした歯周組織には血管や神経が張り巡らされているため、インプラント設置には専門的な技術を有している医師が不可欠です。補綴医をはじめ各専門医がディスカッションしたプランを実施するにあたり、難症例と判断した際には口腔外科専門医が執刀担当となります。

 

インプラント治療は患者さんのQOLを向上させることが可能です。しかし同時に、少しのアクシデントによって痛みや麻痺など重篤な障害を残してしまう可能性もあります。

インプラント治療を受けるには高度な医療技術を有する口腔外科専門医、そしてかみ合わせについて熟知している歯科医師がいる施設を選ぶことが重要です。

家族写真

予防歯科の考えが広まったことにより、歯科は“歯が痛くなったら行く場所”から“痛くなる前から定期的に通う場所”に変化しつつあります。もちろんこの予防歯科も総合歯科診療に含まれます。

総合歯科診療でもっとも大切なのは、患者さんの歯の健康を第一に考えることです。総合歯科診療では歯科に関するあらゆる専門医が連携をしているため、治療が必要となった際はその都度専門の医師に治療を依頼することが可能です。院内における連携は患者さんの負担軽減のみならず、多角的に治療計画を立てることができるため、“8020運動”のように長期的な歯の健康を維持するお手伝いが可能となりました。

受診について相談する
  • 医療法人審美会 鶴見歯科医院 理事長/院長、神奈川歯科大学 非常勤講師

    三宅 忠隆 先生

  • 医療法人審美会 鶴見歯科医院 副院長

    一瀬 昭太 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「むし歯」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。