【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 adb1eb12 ebc8 4410 8e8e ccf66b10581e
膠原病(こうげんびょう)とは?原因・遺伝・検査法・治療の難しさについて
膠原病(こうげんびょう)という言葉は聞いたことがあっても、それが一体どのような病気なのか知らない方も多いのではないでしょうか。膠原病とはどのような病態で、どのような症状があらわれるのか。横須賀市...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

膠原病(こうげんびょう)とは?原因・遺伝・検査法・治療の難しさについて

公開日 2017 年 01 月 29 日 | 更新日 2018 年 09 月 20 日

膠原病(こうげんびょう)とは?原因・遺伝・検査法・治療の難しさについて
松永 敬一郎 先生

横須賀市立うわまち病院 副病院長 内科部長

松永 敬一郎 先生

膠原病(こうげんびょう)という言葉は聞いたことがあっても、それが一体どのような病気なのか知らない方も多いのではないでしょうか。膠原病とはどのような病態で、どのような症状があらわれるのか。横須賀市立うわまち病院 副病院長 総合内科部長の松永敬一郎先生に解説いただきました。

膠原病(こうげんびょう)とは?

膠原病はいくつかの疾患をまとめた病気の概念

“膠原病”と聞くと病気の名前のように思われるかもしれませんが、膠原病はひとつの病気の名前ではなく、いくつかの疾患をまとめた病気の概念のことです。皮膚・筋肉・関節・血管・骨など、全身にあるコラーゲン(タンパク質)に慢性的な炎症がひろがる病気を総称して膠原病と呼んでいます。

膠原病には、似ている疾患概念がいくつかあります。

【類似疾患概念】

リウマチ性疾患・・・運動器官(関節や筋肉など)に痛みが生じる病気

結合組織疾患・・・結合組織(上皮・筋・神経など)に炎症がおきる病気

自己免疫疾患・・・からだの免疫反応が異常をおこす病気

膠原病にはこれらの疾患の特徴を併せ持っている病気が多くあります。そのため、膠原病はこれらの3つの疾患概念が重なり合った病気の総称だと考えられています。つまり、膠原病とはこのようないくつかの病態を持ち合わせる、複雑な病気の概念なのです。

膠原病とは?

膠原病の症状とは

実際に膠原病はどのような症状があらわれるのでしょうか。病気の種類にもよりますが、下記のような症状が見られると膠原病の疑いがあるとされます。

【膠原病を疑うべき症状】

・発熱

・全身倦怠感

・関節痛

・皮疹

・筋痛

・レイノー現象(手や指の変色)

・手指腫脹

参考:日本臨床検査医学会 「臨床検査のガイドラインJSLM2012」

代表的な膠原病

具体的に、膠原病にはどのような病気のことを指すのでしょうか。厚生労働省の支援により運営されている難病情報センターでは、下記のような疾患が膠原病として紹介されています。

ベーチェット病

全身性エリテマトーデス(SLE)

・全身性強皮症

・皮膚筋炎/多発性筋炎

・結節性多発動脈炎

・顕微鏡的多発血管炎

・高安動脈炎

・悪性関節リウマチ

・多発血管炎性肉芽腫症

・混合性結合組織病

・シェーグレン症候群

・成人スチル病

・好酸球性多発血管炎性肉芽腫

・巨細胞性動脈炎

・原発性抗リン脂質抗体症候群

このように非常に多くの疾患を総称して、膠原病と呼んでいるのです。

膠原病の原因-遺伝や環境条件は関係する?

膠原病の発症理由はいまだ不明です。いまのところ、膠原病のひとつ、SLE(全身性エリテマトーデス)では、一卵性の双子のひとりが発症したとき、もうひとりもSLEになる確率は約25%と報告されています。このことからSLE(全身性エリテマトーデス)においては、遺伝もひとつの要因であること、そして遺伝以外の条件(日常生活の環境:環境要因)が大きな原因になると考えられています。

膠原病の検査・診断

診察

膠原病が疑われる場合、様々な検査をすることになります。以前は、ネフロ-ゼ症候群になるまで発見されないことが多かったですが、最近は、検診で蛋白尿や血球減少を指摘されて、膠原病が疑われ、抗核抗体の検査をうけるために紹介受診される方が多くなりました。

さらに詳細な判断が必要な場合には画像診断などの専門的な検査を行います。ここでは膠原病診断の概略を紹介していきます。

STEP1 問診

まずは患者さんの症状を伺う「問診」を行います。

膠原病では「膠原病の症状」でご紹介したような特徴的な症状がみられます。どのような症状が、どの部位に現れたかを明らかにすることで、膠原病の中のどの疾患に分類できるかを探っていきます。

STEP2 血液検査

問診によって膠原病の可能性が指摘されると、血液検査を行います。

血液中には、膠原病の判断に役立つ自己抗体がいくつか存在しています。それぞれの抗体の量や種類を調べることで、膠原病であるかどうか、どの病態に近いかを判断していきます。

【膠原病を診断するための検査項目】

血液検査では以下のような血中成分の量や種類を確かめます。

・白血球

・赤血球

・血小板

・CRP(炎症反応の強さをみる数値)

・自己抗体

この中では自己抗体の値が最も重要な指標です。

STEP3 さらに細かい検査(画像診断・生検など)

画像診断にはX線検査や超音波検査などを使います。膠原病の場合、からだの様々な臓器に炎症が起きていることが多いので、これらの画像診断から体の中の臓器の状態をみていきます。

また、より専門的な診断をつけるために骨髄を採って調べることがあります。これは膠原病なのか、それとも別の病気なのか(例えばウイルスが原因になっているケースなど)を見分けるために行います。骨髄液を調べると、ウイルスに感染した細胞を貪食した細胞を検出できることから「血球貪食症候群」であるかを確認できます。血球貪食症候群はSLEに合併して発症することがある疾患です。また、SLEの特徴の一つにLE細胞というものがあります。これは抗核抗体が核と結合して形成された免疫複合体を白血球が貪食したものです。このLE細胞も骨髄生検で見られることがあり、診断確定の要因となります。

膠原病の病理

膠原病では、なぜ血液中の成分が変化するのか?

血液検査

膠原病の検査では主に血液検査が用いられます。これは膠原病であると血液中の物質の量や種類が異常な状態になるためです。それではなぜ、膠原病では血液中の成分が異常な状態になるのでしょうか。

膠原病では「膠原病の症状の複雑さ」で解説したように、自己免疫機能に異常が生じる特徴があります。具体的には、本来からだを守るために働く「免疫システム」が、正常な自分の組織を攻撃してしまいます。この結果、血液中の物質のバランスが崩れ、血液検査で異常が見つかります。

このことを詳しく説明しましょう。

膠原病では白血球や血小板が減っている

膠原病(自己免疫疾患)の患者さんは、免疫システムにトラブルが発生し、自分の細胞を外部から侵入した異物だと認識してしまいます。すると、本来の自己抗原に反応する自己反応性T細胞はアポトーシスを起こして増殖できませんが、異物となった自己抗原を排除すべく活性化して増えていきます。

T細胞(白血球)は標的となる異物を囲い込み、自分の細胞ごと死んでいくという方法で、異物を排除していきます。そのため自己免疫疾患では、最初、白血球の数が大量に動員されますが最終的には大幅に減っていきます。

また、膠原病で白血球が減少する理由には「インターフェロン」の増加も関係しています。インターフェロンとは、免疫システムや体でおきる炎症反応を調整する役割を持つたんぱく質です。膠原病では免疫システムに異常が起き、さらに全身で炎症反応が起きるため、インターフェロンが多く生み出されます。このインターフェロンが増えると、白血球や血小板が大幅に減っていきます。このような理由でも、体の中の物質の量が変化してしまうのです。

膠原病にはCRPが急増するものとしないものがあります

膠原病の患者さんでは全身で炎症が起きています。また、炎症が起き体の組織が破壊されると「CRP」といわれるたんぱく質も急増します。このような物質の量を確認することでも、膠原病の診断では重要です。CRPが高くならない膠原病はSLEとシェ―グレン症候群の一部だと考えられます。

*CRPは風邪を引いただけでも高くなるので、CRPが高いと膠原病という訳ではありません。

このような背景から、膠原病に罹患すると体内の物質が異常になっていることが多くあります。このような異常値がでるからこそ、これらを傍証として検査を行い、膠原病かどうか、そしてどの膠原病なのかを判明することができます。膠原病ではそのメカニズムが明らかになっていることから、血液検査の値からおおよその診断を導くことができます。  

膠原病治療の難しさ

膠原病は、その症状の多様性から他の病気と勘違いされたり、見逃されてしまうことがあります。

多くの人がかかるりんご病と見分けが難しい病気【SLE】

ほっぺが赤くなる子供

膠原病のひとつに「SLE(全身性エリテマトーデス)」という病気があります。この病気は幼少期に多くの方がかかる「りんご病」と似ている部分があり、間違われてしまうことがあります。

SLEとりんご病

【類似点①】

SLEとりんご病の似ている点としてまず挙げられるのは「頬の赤らみ」です。りんご病はその名のとおり、頬が赤くなってしまう症状が有名です。一方、SLEの場合にも皮膚の炎症がおこることによって頬が赤くなる症状がほとんどの方にみられます。

【類似点②】

また、SLEの代表的な症状として「関節炎」がありますが、りんご病でもこの症状がみられることがあります。特に成人のりんご病患者さんで関節痛が多くみられます。

【類似点③】

また、この2つの疾患は血液検査の診断結果にも似ているところがあります。SLEの診断ではよく抗DNA抗体という抗体を測定します。SLEではこの抗DNA抗体が陽性となりますが、りんご病でも同様に抗DNA抗体が陽性になることがあります。

さらに、膠原病、りんご病どちらも血液中の「補体」というたんぱく質が減ります。

似ているが治療法は全く異なる

このように2つの病気には似ている点が多くありますが、病気の原因と治療法は大きく異なります。

SLEは体の中の免疫システムに異常が起きる「自己免疫性疾患」ですので、ステロイドや免疫抑制薬という薬を使って、発症初期にしっかり症状を抑えていく必要があります。

一方、りんご病は、パルボウイルスB19というDNAウイルスが原因の「感染症」です。解熱剤を飲み、体を休めるなどの治療を行うことで、自然と治癒していく病気です。

このように2つの病気の治療法は全く異なります。そのうえ、SLEは臓器や組織を破壊していく病気であるため、SLEである場合には重症化する前に治療を進められるよう早期発見することが求められます。そのため2つの病気を見分けることはとても重要なのです。

見逃されやすい病気 【シェーグレン症候群】

ドライアイ

シェーグレン症候群とは、主に涙や唾液を分泌する腺(涙腺・唾液腺)に症状があらわれる膠原病です。シェーグレン症候群は他の膠原病(関節リウマチ、SLE、強皮症など)と合併することも多くあります。

シェーグレン症候群では主に3つの症状がみられます。

【原発性シェーグレン症候群の症状】

 

原発性シェーグレン症候群患者における各症状の発症割合

目や口などの乾燥症状のみ

約45%

全身性の何らかの臓器病変を呈する
(諸臓器へのリンパ球浸潤、増殖による病変や自己抗体、高γグロブリン血症など)

約50%

悪性リンパ腫・原発性マクログロブリン血症を発症する

約5%

※難病情報センターより

シェーグレン症候群のうち、約45%の方は「目や口の中の乾燥」症状のみ現れます。中には深刻な乾燥に悩まされる患者さんもいますが、ほとんどが軽症の乾燥症状です。

このような目や口の乾燥(ドライアイ・ドライマウス)はなかなか気づきにくい症状です。特に若い方では乾燥を感じにくい傾向があります。そのため病気を発症していても気づいていない「潜在患者」は多くいると考えられています。実際、定期検診や入社時の検診などで偶然、病気が判明したという方も多くいらっしゃいます。

「隠れているシェーグレン症候群」を見つける取り組み

そこで私は「ドライケアフォーラム」という講演会を開催しています。これは膠原病が原因として引き起こされる乾燥症状についての情報を共有する会です。目や口の乾燥は多くの人が感じやすく病気だと捉われにくい上に、なかなか自己免疫疾患だと想起されないことが多くあります。もっとシェーグレン症候群が原因になっている乾燥症状の理解を広めて、症状に苦しんでいるが、隠れてしまっている患者さんを見つけていきたいと考えています。

膠原病の治療をよりよく治療するために

膠原病はフォローアップと診断が大事

患者と向き合う医師

膠原病は発病したときが最も症状が重い時期であることが多いため、診断したらすぐに治療を行います。したがって、発症初期の症状を抑えることができれば、その後は状態が安定するケースが多いです。

しかし、膠原病の治療で重要なことは、安定した後のフォローアップです。膠原病は症状が安定したあと、また悪化させてしまうと、回復が難しい重症になることがあります。そうならないよう、膠原病患者さんのフォローアップは注意して進めていく必要があります。

また、記事でもご紹介したように、全身に様々な症状があらわれる膠原病は、正しい診断がとても重要です。重症化する前に、正しく診断して治療を始める、つまり早期発見・早期治療が大切である病気だといえるでしょう。

引き続き記事2『リウマチの原因とは?治療の変化・予防法・リハビリなどリウマチの概要を紹介』では、膠原病のなかでも有名な「関節リウマチ」について、松永先生にご解説いただきます。

横須賀市立うわまち病院ホームページ(総合内科)はこちら
 

リウマチ・膠原病(松永敬一郎先生)の連載記事

横須賀市立うわまち病院の副病院長と総合内科部長を兼任する。長年にわたり自己免疫性疾患、リウマチ、アレルギーの診療にあたり、数多くの症例を診察した実績を持つ。講演会活動にも力を入れており、シェーグレン症候群の早期発見にむけた「ドライケアフォーラム」の開催に携わるなどより良い医療の実現を目指し活動している。

関連記事