疾患啓発(スポンサード)

造血幹細胞移植とは-適応疾患と合併症について

造血幹細胞移植とは-適応疾患と合併症について
香西 康司 先生

東京都立多摩総合医療センター 血液内科・輸血科部長

香西 康司 先生

白血病や悪性リンパ腫などの血液のがんに対して、抗がん剤治療や放射線治療で効果がみられない場合、造血幹細胞移植という治療が選択されることがあります。また、再生不良貧血など、血液をつくる機能が低下することにより起こる病気も、造血幹細胞移植の適応となります。造血幹細胞移植とは、一体どのような効果を期待して行われる治療なのでしょうか。

適応疾患と合併症(GVHD)が起こるメカニズムについて、東京都立多摩総合医療センター血液内科・輸血科部長の香西康司先生に教えていただきました。

造血幹細胞移植とは?移植の目的と意義

骨髄の中に存在する造血幹細胞とは

造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)とは、文字通り血液をつくる幹細胞です。白血球や赤血球、血小板など、あらゆる血液細胞は骨髄の中に存在する造血幹細胞が分化することによって生じます。このような作用を造血作用や造血能といいます。

造血幹細胞の特徴 

造血幹細胞移植とは血液悪性疾患などの治癒を目指した治療

造血幹細胞移植とは、主に白血病や血液悪性リンパ腫などの血液悪性疾患に対し、治癒を目指して行う治療です。

まず、体内のがん細胞を死滅させる目的で大量の抗がん剤投与や放射線照射による前処置療法を行い、その後、患者さんご自身や他者(ドナー)の造血幹細胞を移植して造血能を回復させます。

ご自身の造血幹細胞を移植することを自家移植、他者の造血幹細胞を移植することを同種移植といいます。

造血幹細胞移植、自家移植と同種移植の違い-合併症GVHDは同種移植後に起こる

造血幹細胞から分化するリンパ球(白血球のひとつ)は、体内から異物を排除する免疫機能を担う血液成分です。

ドナーから移植した造血幹細胞が生着し、体内にリンパ球が増えていくと、そのリンパ球は患者さんの身体そのものを異物とみなして、免疫反応を起こしてしまいます。これが、同種造血幹細胞移植の後に最も注意せねばならない合併症、“GVHD(Graft Versus Host Disease/移植片対宿主病)”です。

GVL効果とは?同種移植の副作用を治療に利用する

しかしながら、移植を受けた患者さんの体内に白血病細胞が残っている場合、ドナーの造血幹細胞から分化したリンパ球は、白血病細胞を攻撃するよい方向へと働きます。この”GVL効果(移植片対白血病効果)“によって、白血病細胞の縮小や死滅、さらには再発予防も期待することができます。

つまり、ドナーの造血幹細胞を移植する同種移植では、前処置療法(大量の抗がん剤投与や放射線照射)による治療効果だけでなく、GVL効果による治療効果も得られるというわけです。

そのため、同種移植は既に抗がん剤治療や放射線治療を行っており、十分な効果が得られなかった患者さんに対し、GVL効果の上乗せを期待して行われることが多くなっています。

自家移植ではGVL効果は得られない

大量の抗がん剤投与や大量の放射線照射を行うと、副作用として白血球などが減少する骨髄抑制が起こります。

あらかじめご自身の造血幹細胞を採取しておき、抗がん剤治療や放射線療法を行った後に体内へと戻す自家移植とは、骨髄抑制の状態から造血能を早期に回復させることを目的で行う治療です。

自己の造血幹細胞は異物ではないため、同種移植のようにGVHDが起こる心配はありませんが、同様の理由からGVL効果も得られません。

そのため、自家移植で患者さんが得られる効果とは、大量の抗がん剤や放射線治療による治療効果のみということになります。

このように同じ造血幹細胞移植でも、自家移植と同種移植は根本的に異なる治療であり、

患者さんの病状により、その適応は異なりますが同種移植が多く行われています。

造血幹細胞移植の適応疾患-大きく2種類にわけられる

白血病などの血液悪性疾患(血液のがん)

白血球など、血液成分

造血幹細胞移植は、主に①血液悪性疾患と②造血能の低下によって起こる疾患に対して行われます。

1991年から2013年のわが国における初回の移植報告をまとめたデータ(※)によると、白血病に対する造血幹細胞移植が約34,000件と最も多く、次いで悪性リンパ腫が約15,500件、多発性骨髄腫が約5,200件となっています。

多発性骨髄腫に対する造血幹細胞移植が少ない理由としては、多発性骨髄腫が高齢者に多い病気であることなどが挙げられます。

(※参照;日本における造血細胞移植.平成26年度 全国調査報告書 日本造血細胞移植データセンター/日本造血細胞移植学会)

再生不良性貧血など血液がつくられない病気(造血不全)

同じデータによると、1991年から2013年の間に、再生不良性貧血に対して行われた造血幹細胞移植は約2,000件と報告されています。

※免疫不全症などの免疫疾患に対して造血幹細胞移植が行われることもありますが、極めて稀です。

造血幹細胞移植、同種移植の種類

先にも述べた通り、一般的な造血幹細胞移植とは同種移植を指します。同種移植は、ドナーにより次のように分けられます。

血縁者間移植:主に患者さんの兄弟がドナーとなります。免疫抑制剤や移植技術の進歩により、近年では親子間で移植を行うケースも増加しています。

非血縁者間移植:骨髄バンクに登録されている非血縁者の骨髄や末梢血、さい帯血バンクに登録されている非血縁者の臍帯血を移植します。

造血幹細胞移植のドナーの条件-HLAが一致すること

HLAが異なると、GVHDのリスクが上がる

血液中の赤血球にABO式で示される血液型があるように、白血球にも”HLA(ヒト白血球抗原)“という型があります。

ドナーと患者さんのHLAが一致していない場合、血液型不適合の輸血のように、移植後の免疫反応(GVHD)が酷くなるリスクが高まってしまいます。そのため、造血幹細胞移植のドナーの条件として最も重要なことは、患者さんとHLAが一致していることになります。

HLAが一致するとはどのようなことか、また、なぜ親や子ではなく兄弟がドナーとなることが多いのか、次の記事2『造血幹細胞移植、ドナーの適応基準であるHLAの一致とは?ドナーの条件とリスク』でドナーのリスクと共に解説します。