疾患啓発(スポンサード)

粉瘤ができる原因とは 予防法は存在するのか

粉瘤ができる原因とは 予防法は存在するのか
花房 火月 先生

はなふさ皮膚科

花房 火月 先生

粉瘤とは、皮膚腫瘍のなかで最も発症する患者さんが多い疾患です。通常の場合は良性で痛みを伴わないため、放置してしまう方も少なくありません。しかし、炎症を起こしてしまうと、不快な臭いを発したり痛みがでてきたりします。今回は、はなふさ皮膚科理事長の花房火月先生に、粉瘤の特徴と原因から、予防、治療法を中心にお話をうかがいました。

そもそも粉瘤とは 粉瘤の特徴

粉瘤とは、皮膚腫瘍の一種です。また、アテロームとも呼ばれています。何らかの理由により、毛穴の一部が内側にめくれて袋状の構造物となり、その中に脱落した角質や皮脂が溜まり徐々に成長していく疾患です。膨らんだしこりの中央に、黒い点の開口部があるのが特徴です。

開口部に衝撃が加わり蓄積された内容物が排出された場合、不快な臭いを発しますが、そのまま放置をしていても、命にかかわるような疾患ではありません。しかし、炎症性粉瘤(大きく腫れて炎症を起こしてしまっている粉瘤)となってしまったものは、痛みや熱感を伴うため、早めに治療を行う必要があります。

粉瘤に似た疾患

粉瘤には、症状や外見が似た疾患がいくつか存在します。以下がその例です。

・おでき(せつ)

おできとは、毛包(毛根を包む組織)の細菌感染によっておこる皮膚腫瘍の1つです。多くの場合は良性であり、潰れて膿が排出されると、自然治癒することもあります。しかし、大きく腫れてしまった場合には、医療機関での治療が必要です。

・深在性のニキビ

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まりそこにアクネ菌などの菌が繁殖することで形成されます。またニキビが強い炎症を起こし、毛穴が破壊され、皮下に膿みが溜まってしまった状態を、深在性のニキビといいます。ニキビの詳しい治療法については『痕を残さないニキビ治療と、ニキビ痕をきれいにする最新治療とは?』をご覧ください。

粉瘤とこれらの疾患では、治療法も変わってきます。しかし、一般の方が見分けることは困難です。そのため、皮膚に異常が現れた場合は、速やかに皮膚科を受診し、それぞれに適した治療を受けるようにしてください。

粉瘤ができる原因は 

一部の症例では、ヒトパピローマ(乳頭腫)ウイルスの感染や外傷が原因ということがわかっています。外傷の場合は、表皮の成分が傷の中に埋め込まれてしまうことによって、粉瘤ができてしまいます。しかし、大部分の原因は、いまだ不明のままです。また、背中にいくつもできてしまうといった、体質的に粉瘤ができやすいという方もいらっしゃいます。

粉瘤が炎症を起こす原因

?マークを浮かべている人

炎症の原因の多くは細菌感染ではない?

今まで粉瘤が炎症し炎症性粉瘤になる原因は、粉瘤の袋の中に細菌が入り込み炎症を起こすからだと言われていました。そのため、炎症性粉瘤の治療法として、細菌を繁殖させないために、抗生物質を処方していました。しかし、近年(2017年3月時点)米国から、粉瘤が炎症する原因の多くが細菌感染によるものではないという結果が出てきました。

炎症性粉瘤になってしまう原因は、押されるなどして粉瘤が圧迫され袋が破裂し、角質や皮脂などの内容物が巻き散らかされた結果、炎症反応が起こるためです。炎症性粉瘤を患っている患者さんのうち、約9割が圧迫による破裂が原因であり、細菌感染は残りの1割程度しかいないのです。

医師の中でも、この粉瘤が炎症するメカニズムをまだ認知していない方もいます。そのため、いまだに炎症性粉瘤を患っているすべての方に、抗生物質の処方と経過観察しか行わない医師がおります。しかし、ほとんどの炎症性粉瘤の患者さんは、細菌感染が原因ではないため、抗生物質は効果がありません。

また、背中や臀部(おしり)にできた粉瘤は、座ったときなどに強く圧迫されるため、炎症性粉瘤になりやすい傾向があります。

粉瘤は自然治癒しない

バツ印の手を作っている人

粉瘤が自然治癒するということは、基本的には考えにくいです。しかし、ごく稀に粉瘤が自壊して、開口部から袋ごと内容物が排出された場合、自然治癒というかたちになることもあります。

通常では、粉瘤は治療をしない限り治癒することはなく、次第に内容物が蓄積されていくため巨大化していきます。

粉瘤の予防 疲れやストレス、食事、適度な運動は予防にあまり関係がない

粉瘤の原因は解明されていないため、これといった予防法は存在しません。ストレス解消や適度な運動、睡眠時間の確保や、バランスの整った食事を摂取するなどの生活指導や食事療法は、粉瘤に類似している疾患(おできや深在性ニキビなど)の予防には効果があるといえます。しかし、粉瘤の予防にはあまり関係がありません。

粉瘤の治療法は手術 低侵襲なへそ抜き法(くり抜き法)

インターネット上などでは、粉瘤を自力で治す方法として様々な手段が飛び交っています。しかし、今現在粉瘤の治療法は手術しかありません。

今までの粉瘤の手術は、切開をして内容物と袋を取り除いた後、縫合をするというものでした。しかし最近は、へそ抜き法という低侵襲手術(身体への負担をなるべく軽減させた手術)が一般的となっています。はなふさ皮膚科でも、ほとんどの粉瘤患者さんにへそ抜き法を行っています。

へそ抜き法(くり抜き法)とは

へそ抜き法は、局所麻酔を打った後、パンチで粉瘤に穴を空け、そこから内容物と粉瘤の袋を取り除きます。ほとんどの場合、開けた穴を縫合する必要はありません。(へそ抜き法の詳しい説明は記事2『画像でみる手術による粉瘤治療』へ)

当院の粉瘤の治療法

切開をしないため、5分程度の短時間で手術が終わり、痛みも少なく傷跡も小さいといったメリットがあります。手術後でもすぐに出勤、通学などしていただくことが可能です。また、炎症性粉瘤の場合、従来の切開をして袋を取り除く手術では、炎症を治めてからでないと切開ができませんでした。しかし、へそ抜き法だと、炎症を起こしていてもそのまま直ぐに手術をすることができるため、患者さんの負担も軽減されます。

はなふさ皮膚科では、小さな粉瘤であれば、パンチではなく炭酸ガスレーザーで穴を空け、内容物と袋を取り出すという、より低侵襲なへそ抜き法も最近では行っています。

へそ抜き法のデメリット

粉瘤が周囲の組織にひどく癒着をしているケースや、7cmを超えるような大きな粉瘤は、へそ抜き法では対応できず、切開をしなければならない場合もあります。そこがへそ抜き法のデメリットです。粉瘤の癒着は、腫れを何度も繰り返しているにも関わらず、放置した場合に起こります。

へそ抜き法による手術は、多くの皮膚科で受けられるようになった

花房火月先生

へそ抜き法はここ数年で大きく広がり、今では様々な皮膚科で受けられるようになりました。基本的にはリスクの低い手術であり、患者さんの負担も軽減されるため、術後のトラブルやクレームもほとんどありません。