S414x320 2a115a89 932e 43c0 880c dceb22cc7d44

タイアップ

公開日 : 2017 年 03 月 31 日
更新日 : 2017 年 07 月 13 日

ガンマナイフで肺がん脳転移時の治療成績向上―最新型ではフレームレスの分割照射にも対応

記事1『肺がんの脳転移は治療できる?症状や余命、ステージについて』では、治療法の進歩により肺がんで脳転移が起きても長く生きられる方が増えてきていることがわかりました。特に定位放射線治療装置「ガンマナイフ」によって脳転移した腫瘍の治療効果は格段にあがっています。

最新型ではフレームレスの分割照射にも対応したことでますます注目されるガンマナイフによる肺がんの脳転移時の治療について、引き続き京都大学医学部附属病院 呼吸器内科 助教の金 永学先生、国立循環器病研究センター病院 ガンマナイフ治療・脳神経外科 病棟医長の森 久恵先生のお二人にお話をうかがいます。

ガンマナイフとは

ガンマナイフ装置

森先生:ガンマナイフとは放射線治療に用いられる治療装置のひとつで、1968年にスウェーデンで開発されました。約200個の線源から発するガンマ線を用いて、虫めがねの焦点のように病巣部に集中的にビームを当てて治療します。

このガンマ線は周囲の正常組織に影響を与えることはほとんどなく、集中的にビームが当たった箇所だけをナイフで切り取るように治療できます。小さな病変であれば開頭手術を行わずに治療やコントロールができるため、非常に低侵襲な点がメリットです。また、入院も1泊2日から2泊3日と短期間のため治療を受けやすく、3~4個の腫瘍であれば、2時間以内の照射時間で治療できる点も特徴です。

また他の放射線治療装置は放射線科医が治療を行うのに対し、ガンマナイフは脳神経外科医が操作・治療を行うことも特徴のひとつです。副作用で脳浮腫の症状が起きた際などでも、そのまま治療医である脳神経外科医が対応にあたることができます。

ガンマナイフ

金先生:ガンマナイフは低侵襲で、治療期間が短く抗がん剤の休薬期間中に治療が行えます。そのため抗がん剤と組み合わせてより効果的に治療することが可能です。また、肺がんの脳転移におけるガンマナイフ治療は1996年より保険が適用され、また高額医療制度の利用も可能です。そのため今後ますますガンマナイフによる肺がん脳転移時の治療は増えていくことが予想されます。

ガンマナイフにはメリットが多いことから、呼吸器内科でも患者さんに脳転移がみられた場合にはまずガンマナイフ適応の可否を調べ、適応の場合には第一の選択としてガンマナイフ治療を行うことが多くなっています。

最近ではごく小さいうちに脳転移をみつけられるケースが増えてきました。脳転移がなくても定期的に脳のMRIを撮影する施設が多くなってきたためです。私の所属している京都大学医学部附属病院では、脳転移がない患者さんでも最低年1回はMRI検査を行い、脳転移が生じていないかチェックしています。

ガンマナイフで期待できる治療効果

ガンマナイフで期待できる治療効果

森先生:ガンマナイフでは大きくふたつの治療効果が期待できます。

腫瘍のコントロール

まずは本来の目的である、腫瘍のコントロールが期待できます。Serizawaらによると、ガンマナイフだけで治療を行った10000個以上の転移性脳腫瘍のうち、治療から1年後の腫瘍コントロール率(腫瘍の増大が抑えられている確率)は以下のように報告されています。

腫瘍体積 腫瘍コントロール率
1ml未満 99.5%
1-4ml 92.6%
4-10ml 87.3%
10ml以上 65.5%

 

出典:

  • J Neurosurg. 2006 Dec;105 Suppl:86-90.
  • Gamma Knife surgery for metastatic brain tumors without prophylactic whole-brain radiotherapy: results in 1000 consecutive cases.
  • Serizawa T1, Higuchi Y, Ono J, Matsuda S, Nagano O, Iwadate Y, Saeki N.

QOL(生活の質)の改善、維持

転移性脳腫瘍は腫瘍が大きくなると神経症状が現れ、四肢の麻痺や言語障害、ふらつきなどが生じて日常生活に支障をきたします。症状が深刻になると寝たきりになってしまうことも少なくありません。

そこでガンマナイフ治療によって腫瘍を小さくし、これらの症状を改善または予防することによって、治療中でも患者さんがよりよい生活ができることに貢献します。ガンマナイフで脳転移した腫瘍をコントロールし、そして脳以外の腫瘍(原発がんなど)もコントロールできていれば、80%以上の患者さんにおいてADL(Activities of Daily Living:寝起きや排泄、食事、着替えなど日常生活で最低限必要な動作)が維持できることがわかっています。

このように、ガンマナイフによる治療は腫瘍そのものを抑えるだけでなく、患者さんの治療中の生活レベルを維持できることにも寄与しているのです。

転移性脳腫瘍のページへ

連載記事

関連記事