S414x320 c6e57638 6e7a 466b 930c 829102e76146

タイアップ

公開日 : 2017 年 05 月 30 日
更新日 : 2017 年 10 月 19 日

在宅療養者の口腔ケアの目的と訪問歯科診療

目次

医療従事者の間では常識となりつつある訪問歯科診療。しかし一般生活者の間では、その内容や重要性はいまひとつ知られていません。

在宅医療を受けている方に口腔ケアが欠かせない理由や、訪問歯科の診療内容について、愛知県あま市で通常の歯科診療と訪問歯科診療をはじめ歯科診療全般を行っている、ひろいし歯科クリニック院長の廣石丈人先生に伺いました。

訪問歯科診療とは

在宅療養者

訪問歯科診療とは、在宅診療のなかでも歯や口腔内の摂食・嚥下ケアに特化した診療です。

老化や病気、疾病などがあり、住み慣れた自宅での療養を希望される患者さんのことを在宅療養者といいますが、在宅療養者は自身で十分なケアをすることができません。しかも在宅療養者は介護を受けていることが多く、健常者のように自分の医師で歯科医院を訪れ診療を受けることができず、口腔内の環境の悪化につながってしまいます。

そこで、歯や口腔疾患のプロである歯科医師が患者の自宅を訪問し、むし歯や歯周病、入れ歯の修正をはじめとする口腔トラブルをいち早く発見して治療を担当、口腔ケアのプロである歯科衛生士が口腔環境を維持しようという訪問歯科診療が考案されました。

つまり歯科医師や歯科衛生士が患者の生活の質向上のために行う、新しいかたちの歯科医療と言うことができます。

訪問歯科では何か特別な診療を行っているイメージを持たれるかもしれませんが、基本的には歯科医院で実施している保険診療と同等の診療が行われています。

 

記事のトップへ

訪問歯科診療の対象者と保険事情

訪問歯科診療のニーズがあるのは高齢者と障害者

在宅療養者

訪問歯科では、高齢になり身体機能が衰えた、病気が原因で体が不自由になった、体に障がいがある等、ご自身で十分な口腔ケアができない方や自分の意志で来院できない方が診療対象になります。

そのため訪問歯科の主な診療対象は、

  • 前期高齢者(65~74歳の方)
  • 後期高齢者(75歳以上の方、65歳以上で広域連合から障害認定を受けた方)
  • 障がい者
  • 要介護者

です。

診療には医療保険と介護保険が適用される

お金・電卓

訪問歯科には医療保険が適用されるため、費用は年齢と加入している保険で変化します。

  • 前期高齢者(3割負担、70歳以降は2割負担)
  • 後期高齢者(定率1割負担、現役並の所得がある方は3割自己負担)
  • 障がい者(各市町村の減免率に準じます。詳しくはお住いの地域へお問い合わせ下さい)

訪問歯科診療をしている方の大半は高齢者と障がい者の方ですが、生活保護を受けている方なども使用することがあります。

※実際に訪問歯科を依頼した際の費用については、診療内容や適用される医療保険によって異なります。詳細については、お住いの地域で訪問歯科を実施してる歯科医院にお問い合わせ下さい。

※介護保険受給者の場合、負担率は各市町村の減免率に準じます。詳しくはお住いの地域へお問い合わせ下さい

 

記事のトップへ

虫歯のページへ

関連記事