Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

がんが脳に転移することで起こる転移性脳腫瘍。どのがんであっても転移性脳腫瘍が生じる可能性があります。脳にがんの転移が起こると、ステージⅣの進行がんと診断されますが、近年では治療の進歩により予後が改善されつつあります。

今回は、転移性脳腫瘍の原因や症状、治療、生存率などについて、横浜労災病院 脳定位放射線治療センター長兼脳神経外科 部長の周藤 高先生にうかがいました。

転移性脳腫瘍(がんの脳転移)とは

脳腫瘍

転移性脳腫瘍とは、脳以外の場所にあるもとのがん(原発がん)が血液の流れにのって脳に到達し、そこで増殖してしまったものを指します。最近ではMRIの撮影回数が増えたことや高齢者の増加などから、転移性脳腫瘍が見つかる機会は増えています。

たとえ原発がんのコントロールがうまくいっていても、転移性脳腫瘍がコントロールできていなければ生命の維持にかかわる機能に影響を及ぼし、死に至ることもあります。そのため、転移性脳腫瘍はその完治よりも、患者さんの生命の維持やQOL(生活の質)の低下を防ぐために腫瘍をコントロールすることに重きを置きます。

近年はがん治療の進歩により、長く生きられる患者さんが増えてきました。原発がんをコントロールできるようになった一方で、転移性脳腫瘍が見つかるケースも増えてきています。

転移性脳腫瘍(がんの脳転移)の生存期間

車椅子の老人

転移性脳腫瘍が発見されると、その大きさや個数にかかわらず、ステージⅣの進行がんとなります。ステージⅣのがんというととても予後が悪いように思われますが、実際には病態がさまざまであるため、一概にはいいきれません。近年では実に多くの抗がん剤や分子標的薬(がん細胞の特徴的な性質を分子レベルでとらえて、その部分に作用することでより効果的に抗がん作用を発揮する薬)があります。ですから、がんの種類や使用する抗がん剤の種類によって予後は変わります。

転移性脳腫瘍を定位放射線治療装置のガンマナイフだけで治療した臨床研究(JLGK0901研究)では、転移性脳腫瘍が1個の場合の生存期間の中央値は14か月、2個以上では10.8か月でした。そのなかでも患者さんの5分の1が5年以上生存しています(ただし、この研究は比較的病気の状態のよい患者さんを対象としているということを考慮する必要があります)。

この結果から、転移性脳腫瘍が2個以上になると少し予後は悪くなりますが、それでも一昔前と比べて、数年単位で長期生存される患者さんが増えています。つまり、転移性脳腫瘍の予後は格段によくなってきていると考えられます。