S414x320 40929141 2d84 402a bfbc 56661dd87257

編集部記事

公開日 : 2017 年 07 月 21 日
更新日 : 2017 年 10 月 23 日

女性不妊症の原因は何科で診断できるの?

不妊症には男性不妊と女性不妊があります。男性不妊・女性不妊は不妊症としてまとめられがちですが、両者は原因も方法も全く異なります。

ここでは女性不妊とはどのようなものなのか、トラブルが生じやすい部位、原因として考えられる病気、女性不妊のリスク、不妊症かもしれないと感じたとき何科を受診したらよいのかご紹介します。

不妊症の定義

不妊症は、

一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という.その一定期間については1年というのが一般的である.なお,妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない.

と定義されています。つまり不妊症とは、何かしらの治療を受けなければ妊娠がほぼ見込めない状態といえるでしょう。

不妊症の方の割合は、調査した年代や国によって大きく開きがありますが、カップル全体で15%、女性側で8-9%程度と考えられています。特に近年は晩婚化などの影響を受けて、女性の第一子出生時平均年齢が上昇しつつあります。女性が高齢になると、その分妊娠しにくくなることがわかっています。そのため今後は、子どもが欲しくてもなかなかできない方がさらに増えていくと予想されています。

不妊症には種類がある

不妊症は3パターンあります。

男性不妊:男性側の問題による不妊症

女性不妊:女性側の問題による不妊症

原因不明:検査をしても、これといった原因が見当たらない不妊症

不妊症はいくつかの要素が重なり合って生じることもあります。そのため男性・女性双方を検査しても不妊の原因を特定できないこともあるのです。

男性不妊について詳しくはこちらもご覧ください

『男性不妊外来でやることー問診と検査の概要』

女性不妊について詳しくはこちらもご覧ください

『不妊の定義・主な原因と病院での一連の検査』

女性の生理サイクルは早すぎても遅すぎてもダメ!

女性の体は25~38日を1周期としたとき、

卵胞期:卵巣の中で卵胞(らんぽう:卵子のもと)が成長する期間

排卵期:成熟した卵子が排出され、子宮へ向かう

分泌期(黄体期):体温が高くなる・子宮内膜が厚くなるなど、妊娠しやすい環境が整う

生理期:厚くなった子宮内膜が剥がれ、次の妊娠に備えた出血が生じる

を迎えます。1周期あたりの日数にはある程度の個人差があるものの、24日以下の周期でくる生理を頻発月経、39日以上の周期の生理は稀発月経(きはつげっけい)と呼ばれています。

女性不妊で考えられる原因①排卵因子

卵巣そのものや卵胞のトラブルで、排卵障害とも呼ばれます。

排卵因子の原因ですが、プロラクチンという脳の下垂体から分泌されるホルモンが多く分泌される高プロラクチン血症や、男性ホルモン過多が特徴の多嚢胞性卵巣症候群が多いです。

特に多嚢胞性卵巣症候群は、無排卵のうち最も多くみられる原因といわれていることをご存知でしょうか。多嚢胞性卵巣症候群では生理期に通常通り出血するため多くの方は、「今月も問題なく生理が来た」と勘違いしてしまいます。そのため、いざ子どもが欲しくなった段階でなかなか妊娠できなくて検査を受けたところ、多嚢胞性卵巣症候群が発覚したという方が多いのです。

多嚢胞性卵鞘症候群について詳しくはこちらもご覧ください

『多嚢胞性卵巣症候群とは―卵子が卵巣から出られなくなる疾患』

精神的ストレスや過剰なダイエットが排卵障害の原因になることも

排卵障害による不妊症(排卵障害)は、高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群といった病気だけでなく、環境変化などで精神的ストレスにさらされる、短期間で急激なダイエットをした経験がある方にもおこりやすいです。

そのため、過剰なストレスやダイエットを経験した方のなかには、20~30歳で排卵が止まる早発閉経をおこしている方もいます。

女性不妊のページへ

連載記事

関連記事