【ニュース】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 23e4b203 b4ea 4e4b a3aa adf37cce35fe
第25回日本乳癌学会学術総会レポート
去る2017年7月13日〜15日の3日間、マリンメッセ福岡・福岡国際会議場にて第25回日本乳癌学会学術総会が開催されました。本総会は「新たなる一歩—ライフサイエンス研究の進歩—」をテーマとし、会...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

第25回日本乳癌学会学術総会レポート

公開日 2017 年 07 月 31 日 | 更新日 2017 年 09 月 27 日

第25回日本乳癌学会学術総会レポート

日本乳癌学会

去る2017年7月13日〜15日の3日間、マリンメッセ福岡・福岡国際会議場にて第25回日本乳癌学会学術総会が開催されました。本総会は「新たなる一歩—ライフサイエンス研究の進歩—」をテーマとし、会長を務められる熊本大学大学院生命科学研究部 乳腺・内分泌外科学分野教授 岩瀬弘敬先生による会長講演や、世界各国の乳がん治療のエキスパートを招いて行われた特別講演、パネルディスカッションなどさまざまな催しが行われました。

本記事では初日である7月13日の会場の様子や、講演の様子について写真を交えてレポートいたします。

第25回日本乳癌学会学術総会とは?

スマートフォン

スマートフォンを用いたスライド表示など新しい取り組みが満載

本総会では多くの画期的な取り組みが行われています。

<第25回日本乳癌学会学術総会の新たな取り組みの一例>

  • 専用のアプリケーションを作成
  • スマートフォン・タブレット等でスライドや音声の入手が可能
  • メイン会場で行われる講演には英語・日本語双方の同時通訳が配備
  • ボーティングシステムを導入し、パネルディスカッションに投票で参加可能
  • 本会場であるマリンメッセ福岡には9面の大スクリーンを配置 など

本総会で行われた取り組みに関しましては記事『第25回日本乳癌学会学術総会・記念市民公開講座の概要と特色』にて会長を務められる岩瀬弘敬先生ご本人よりお話を伺っていますので、ぜひご覧ください。

会場となるマリンメッセ福岡・福岡国際会議場は海に近く、本会場であるマリンメッセは平面着席でおよそ4,000名もの収容人数を誇る。
会場となる九州地方にちなみ、ピンクリボンを持ったくまモンがお出迎え

岩瀬弘敬先生による会長講演

岩瀬先生会長講演

テーマは「乳癌とエストロゲンレセプター」

総会初日となる7月13日には昭和大学医学部乳腺外科の中村清吾先生を座長とする本総会会長の岩瀬弘敬先生による会長講演が行われました。岩瀬先生は名古屋市立大学医学部を卒業後、第10回日本乳癌学会学術総会会長としても知られる故 小林俊三先生のもとでエストロゲン受容体に関するさまざまなことを研究され、特にサイエンスの面で日本乳癌学会に多大な功績を残しておられます。

岩瀬先生

本講演では先生が今までに行ってこられた研究をもとに、乳癌における内分泌療法やエストロゲンレセプターの研究の軌跡をお話されていました。

座長の中村清吾先生
座長の中村清吾先生

Matthew J. Ellis先生による特別講演

テーマは「Proteogenomics & Precision Oncology」

また、同日にはアメリカのヒューストンにあるレスター&スー・スミス乳房センターでディレクターを務められる

Matthew J. Ellis先生による特別講演も行われました。

Mattew先生講演の様子

またこの特別講演は座長を大阪大学大学院医学研究科乳腺内分泌外科の野口眞三郎先生が務められました。

会場から意見を募るボーティングシステムの導入も

9枚のパネルを駆使したパネルディカッションの様子

パネルディスカッションにて活発な意見交換も行われた

本総会の1つの特徴となったのが9枚のスクリーンを活用した大規模なパネルディスカッションです。専用のアプリケーションを取得している参加者は、自身の考えをスマートフォンから投票することができ、活発な意見交換が行われていました。

アプリケーションをダウンロード

7月13日に行われていたパネルディスカッションのテーマは「ER陽性HER2陰性乳癌の新たな治療戦略 ~これからのプラクティスへ~」で、愛知県がんセンター中央病院乳腺科の岩田広治先生、公立大学法人福島県立医科大学腫瘍内科学講座の佐治重衡先生のお二方が座長を務められ、14名の乳がん治療のエキスパートがパネリストとして参加されました。

会場内の様子

ポスターでの発表も充実

本総会では厳選された講演のほか、ポスター発表も盛んに行われました。ポスター発表には90分間の討論時間を設け、より深い議論ができるよう工夫されています。

ポスター発表の様子

学術総会開催に併せ、オフィシャルサイトもリニューアル

乳癌で苦悩することがなくなるような社会を

日本乳癌学会では本総会の開催に合わせ、オフィシャルサイトリニューアルを行いました。当サイトでは一般の患者さんと会員の方とに分かれ、それぞれの方に有益な情報の掲載をしています。ぜひご覧ください。

一般社団法人 日本乳癌学会オフィシャルサイト【http://jbcs.gr.jp/