【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 de027880 0ce2 4e94 84fc 94e19c9acfa2
肺がんの治療-主な治療法や新たな治療法の可能性
肺がんでは、根治的治療として手術が大きな役割を果たします。しかし、実際に手術だけで治療が完了することはステージIの方以外はまれであるといいます。東京都済生会中央病院の梶政洋先生は、「肺がんの治療...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

肺がんの治療-主な治療法や新たな治療法の可能性

公開日 2017 年 08 月 29 日 | 更新日 2018 年 10 月 17 日

肺がんの治療-主な治療法や新たな治療法の可能性
梶 政洋 先生

東京都済生会中央病院 呼吸器外科 部長

梶 政洋 先生

目次

肺がんでは、根治的治療として手術が大きな役割を果たします。しかし、実際に手術だけで治療が完了することはステージIの方以外はまれであるといいます。東京都済生会中央病院の梶 政洋先生は、「肺がんの治療では内科と外科の連携が重要になる」とおっしゃいます。それはなぜなのでしょうか。

今回は、同病院の梶 政洋先生に、肺がんの主な治療法や、東京都済生会中央病院の肺がん治療への取り組みについてお話しいただきました。

肺がんのステージ(病期)

がんの進行の程度を示すステージ(病期)とは?

肺がんの治療方法は、がんの進行の程度を考慮し決定されます。がんの進行の程度は、ステージ(病期)として分類されています。たとえば、肺がんの多くを占める非小細胞肺がんのステージは、Ⅰ期(IA1・IA2・ IA3・ⅠB)、Ⅱ期(ⅡA・ⅡB)、Ⅲ期(ⅢA・ⅢB・ⅢC)、Ⅳ期(ⅣA・ⅣB)に分かれています。

これらのステージは、以下の3つの要素から決定されます。

  • T:最初にがんが発生した病変である原発巣の大きさ
  • N:胸部におけるリンパ節転移の程度
  • M:原発巣以外の肺転移、胸水の有無、肺以外の臓器への遠隔転移の有無

小細胞肺がんのステージ分類

小細胞肺がんでは、上記のステージ分類のほかに、「限局型」と「進展型」と呼ばれる分類によって治療法を決定します。

肺がんの治療

手術・薬物治療・放射線治療が基本

肺がんの治療は、ステージ(病期)に従って以下のように定められています。

肺がんの治療方針
上記は一般的な治療の一例です

基本的に、IA期からⅢB期では、がんの切除を目的とした手術が適応されます。手術に加え、術後に抗がん剤による治療が実施されるケースもあります。また、患者さんの状態によっては、放射線治療を適応することもあるでしょう。

病気が進行した段階では手術を行うケースは少なく、放射線治療と抗がん剤を組み合わせた治療が一般的になっています。

ステージ分類以外の総合的な判断で治療を決定

肺がんの治療は、上記のように単純に病気のステージのみで決定されるものではありません。記事1でお話ししたような肺がんの分類(非小細胞肺がん、小細胞肺がん)や全身の状態や年齢、心臓や肺など主要な臓器の機能、患者さんが有する合併症などを含め総合的に判断し、肺がんの治療は決定されます。

肺がんの治療薬の新たな可能性

分子標的薬とは?

近年、肺がんに有効なさまざまな種類の分子標的薬が登場しています。分子標的薬とは、がん細胞の特異的な性質を標的として、がん細胞の増殖を抑えると共に、腫瘍の進展過程を阻害することを目的として開発された薬を指します。

分子標的薬の登場によって、発生源である原発腫瘍の増殖や、腫瘍の転移を抑制することが可能になりました。

薬

分子標的薬の効果

たとえば、手術ができないほど病気が進行していた患者さんが、分子標的薬によって腫瘍を小さくすることができ、手術で切除することが可能になったという報告もあります。

当院でも、播種(はしゅ)という胸の中にがん細胞が広がる状態まで進行した患者さんが、分子標的薬による治療によってがん細胞が確認できない程度まで小さくなり、手術が適応できる状態まで回復した例があります。

分子標的薬は、長期的な成績が明らかになっていません(2018年8月時点)。今後、長期生存が得られることがわかれば、肺がんの生存率向上につながるのではないかと期待しています。

高齢者や合併症をもつ患者さんの治療とは?

高齢であっても手術を適応するケースも

近年は、高齢化の進行と共に、肺がんにおいても高齢の患者さんが増加しています。昔は、患者さんが75歳以上である場合、身体的負担を考慮し手術を適応しないという時代もありました。しかし、現在は、75歳以上であっても手術ができる状態であれば適応するケースが一般的になっています。

術後に身体的機能や生活の質が低下しなければ手術を適応

逆に75歳以下であっても、手術後に著しくQOL(生活の質)が落ちてしまうようであれば手術を適応しないこともあります。

年齢で手術の適応を判断するのではなく、手術後に周囲のサポートを受けることができるかなどを含め、総合的に判断するようにしています。原則として、手術の結果、患者さんの身体的機能や生活の質が低下しないようであれば、年齢に関係なく手術を適応するようにしています。

東京都済生会中央病院の肺がん治療の特徴

呼吸器外科と呼吸器内科の連携体制

肺がんの治療では、内科と外科の連携が重要であると考えています。それは、肺がんでは、手術だけで治療が終わることはステージIの方以外まれであるからです。特に、リンパ節に転移があるステージⅡ期やⅢ期であると、術後補助化学療法と呼ばれる抗がん剤による治療や、場合によっては放射線治療が適応されることもあります。

そのような場合には、外科だけではなく内科との連携が重要になります。たとえば、私たち東京都済生会中央病院では、呼吸器外科と呼吸器内科が同じ病棟にあります。そのため、毎日外科と内科のスタッフが顔をあわせ情報交換ができる体制が築かれています。内科からの紹介を受け外科で手術をし、その後、必要な方は追加の治療を内科で行うといったことも積極的に実施しています。

このように、呼吸器外科、呼吸器内科が一つのチームとして機能することが、スムーズな肺がん治療につながると考えています。

柔軟に患者さんを受け入れている

東京都済生会中央病院の呼吸器チームでは、診療が必要な患者さんを柔軟に受け入れています。たとえば、緊急の患者さんが外来日以外の曜日にいらしたときにも、可能な限り対応しています。また、難しい基礎疾患をもつ方などは、外来日でなくても時間外であっても、しっかりと時間をとり診療を行うことがあります。

さらに、当院の救急外来には、肺がんの術後の方が緊急で受診されたときには、いつでも受け入れてほしいと伝えています。救急のチームとの連携もとれているので、救急外来の医師が対応できないときには、日曜日や夜中であっても私たち呼吸器チームが対応するようにしています。

術後は経過が良好なケースばかりではありません。患者さんが痛みや肺炎などの合併症のために受診されたときには、可能な限り受け入れる体制が築かれているため、安心して手術を受けていただきたいと思います。

※基礎疾患:患者さんがもともと持っている病気

セカンドオピニオンにも対応

他の病院で肺がんの状態や治療について話を聞いたとしても、他の意見も知りたいという場合もあるでしょう。そのような場合にも、ぜひ当院を受診していただきたいと思います。

患者さんが理解できるよう、病状や治療法についてしっかりと説明させていただきます。他の病院で「手術ができない」と判断されたとしても、納得ができない場合もあるかもしれません。そのような場合にもぜひ一度ご相談ください。

梶政洋先生からのメッセージ

どこまでもサポートするから前向きに治療に取り組んでほしい

お話ししたように、分子標的薬の登場など肺がんの治療は日々進化しています。私は、肺がんの患者さんには、たとえ進行がんであっても希望を持ち、前向きに治療に取り組んでほしいと考えています。

そのため、仮に肺がんが進行し治療が厳しい状況であったとしても、その状況に応じた治療の選択肢があることと、どこまでもサポートする体制があることを伝えるようにしています。また、残念ながら治療の手立てがないという結論にいたってしまった患者さんに対しても、残された時間をいかに充実して過ごしていただけるかを念頭に置き、できる限りのサポートを心がけています。

私たち東京都済生会中央病院は、呼吸器外科と呼吸器内科の連携が非常に密にとれています。手術だけではないトータルなサポートが実現できる体制がありますので、安心してお越しいただきたいと考えています。

記事3『肺がんの手術-肺がんの手術方法や術後のサポートとは?』では、肺がんの手術方法や術後のサポートについてお話しいただきます。

 

1990年より名古屋市立大学及びその関連病院にて一般外科を習得。1994年より専門を呼吸器外科に定め、国立がんセンター中央病院にて肺がんを中心とする修練を開始した。修練は外科手術のみではなく、画像診断学、病理細胞診、化学療法など多岐にわたり、各方面の一流レベルの先輩医師に鍛えられ、大いに啓蒙された。1999年、大学帰局後は学位取得のため肺がんの臨床と基礎の懸け橋となるテーマを選び、臨床を行いながら研究にも勤しみ、2002年に学位を取得。その後は臨床の現場一筋に打ち込み、2005年より東京都済生会中央病院に赴任し現在に至る。

「肺がん」についての相談が6件あります

関連記事