S414x232 dff6bdb8 e312 41bc 9548 dc0979e51e13

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 dff6bdb8 e312 41bc 9548 dc0979e51e13
肺がんの手術-肺がんの手術方法や術後のサポートとは?
肺がんの治療では、手術によってがんを切除することができれば、患者さんの生存率の向上につながります。肺がんでは、実際にどのような手術が実施されているのでしょうか。外科医として肺がんの治療に携わって...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2017 年 08 月 30 日
更新日 : 2018 年 10 月 17 日

肺がんの手術-肺がんの手術方法や術後のサポートとは?

目次

肺がんの治療では、手術によってがんを切除することができれば、患者さんの生存率の向上につながります。肺がんでは、実際にどのような手術が実施されているのでしょうか。

外科医として肺がんの治療に携わっていらっしゃる東京都済生会中央病院の梶 政洋先生は、「肺がんの手術では安全性と確実性が何よりも重要である」とおっしゃいます。それはなぜなのでしょうか。

今回は、同病院の梶 政洋先生に、肺がんの主な手術方法から、安全で確実な手術に向けた取り組みにいたるまでお話しいただきました。

肺がんの手術の種類

リンパ節に転移がない比較的早期の肺がんであれば、近年、従来の開胸手術よりも胸腔鏡(きょうくうきょう)(先端に小型のカメラを装着した内視鏡)が用いられることが多いでしょう。私たち東京都済生会中央病院でも、胸腔鏡を用いた肺がん手術を広く実施しています。

以下は、一般的に肺がんに適応される主な手術の方法になります。

開胸手術

従来から実施されてきた開胸手術では、15〜20cmほどの切開を肩甲骨の下から加え、広背筋、前鋸筋(ぜんきょきん)と呼ばれる背中の筋肉を切り、さらに場合によっては肋骨を1・2本切除し大きな術野(じゅつや)(手術を行っている目で見える部分)を確保することで手術を実施します。

この手術では、手術を執刀する医師は、開胸創(手術のための切開によって作られた傷)からの視野を頼りに手術を行います。この開胸手術のメリットは、大きな術野を確保できるため安全で確実な手術を行うことができる点です。

一方、短所は、手術による傷が大きいために身体への負担が大きく、術後の回復に時間を要する点が挙げられます。

完全鏡視下による手術

完全鏡視下による手術とは、全ての行程を胸腔鏡の操作により実施する手術を指します。胸部に小さな切開を加え、そこから径5〜10mmの胸腔鏡を胸腔内に挿入します。さらに、手術操作を行う道具を挿入するため、長さ1cmほどの小さな切開を2〜3か所追加します。

この完全鏡視下手術では、手術の操作を完全にモニターだけを見て行うため、術野を肉眼で(のぞ)くことはありません。操作も全て胸腔鏡のみを用いて行うため、手術中に胸腔内に指を入れ直接触るようなこともありません。

しかし最終的に、この完全鏡視下手術でも、腫瘍を含んだ肺組織を摘出するために6〜10cmほどの切開を加えます。

開胸と胸腔鏡を併用した手術

また、「ハイブリッド手術」や「胸腔鏡補助下手術」と呼ばれる開胸と胸腔鏡を併用した手術があります。これは、径5〜10mmの胸腔鏡を胸腔内に挿入したのち、6〜10cmほどの切開を加え開胸する手術法です。

主に切開した開胸創から術野を確保すると共に、そこから手術操作を行います。この手術法では、胸腔鏡は、あくまで術野を見るための補助的な役割を果たします。

胸腔鏡を用いた肺がん手術のメリットは、手術による傷が小さいために身体への侵襲(しんしゅう)(負担のこと)が少なく済むということです。術後の痛みが少ないことに加え、術後の回復も早いことがわかっています。

完全鏡視下の手術と比べて痛みや体力の回復に関してはほとんど変わりありません。平均では術後1週間弱で退院されます。事務的なお仕事でしたら退院日からでも従事可能な場合がほとんどです。

「胸腔鏡手術」の定義とは?

肺がんにおける胸腔鏡手術の定義は定まっていない

胸腔鏡を用いる胸腔鏡手術は、肺がんの治療において一般的に広く実施されている治療です。近年、胸腔鏡を用いた肺がん手術が広く普及してきました。しかし、胸腔鏡手術の定義は、いまだ定まっていません。医療機関によっては、全ての行程を胸腔鏡で行う完全鏡視下手術のみを胸腔鏡手術とみなすこともあります。

私たち東京都済生会中央病院の呼吸器外科では、お話ししたような完全鏡視下手術と、開胸と胸腔鏡を併用した手術を総称し、胸腔鏡手術と呼んでいます。

肺がんのページへ

1990年より名古屋市立大学及びその関連病院にて一般外科を習得。1994年より専門を呼吸器外科に定め、国立がんセンター中央病院にて肺がんを中心とする修練を開始した。修練は外科手術のみではなく、画像診断学、病理細胞診、化学療法など多岐にわたり、各方面の一流レベルの先輩医師に鍛えられ、大いに啓蒙された。1999年、大学帰局後は学位取得のため肺がんの臨床と基礎の懸け橋となるテーマを選び、臨床を行いながら研究にも勤しみ、2002年に学位を取得。その後は臨床の現場一筋に打ち込み、2005年より東京都済生会中央病院に赴任し現在に至る。

関連の医療相談が16件あります

関連記事