疾患啓発(スポンサード)

脊柱管狭窄症とはどんな病気かー原因・症状・種類

脊柱管狭窄症とはどんな病気かー原因・症状・種類
伊藤 康信 先生

総合東京病院 院長代行・脊椎脊髄センター長 東京クリニック 脊髄外科

伊藤 康信 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

途中休まなければ長く歩くことができない、前のめりの姿勢になってしまう、家の中でつまずく。高齢になり、このような異変を度々感じるようになった場合、「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」という病気を発症している可能性があります。脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱(背骨)のなかの管のような空間が狭くなっていく病気ですが、その症状は腰や背中だけでなく下半身に現れることも多々あります。高齢者に多い脊柱管狭窄症の原因と自覚症状について、総合東京病院脳神経外科 脊椎脊髄センター・センター長の伊藤康信先生にご解説いただきました。

脊柱管とは?脊柱管狭窄症が起こるメカニズム

脊柱管とは椎骨の孔が連なった細長い空間

脊柱管狭窄症

背骨(脊柱)は、複数の椎骨により構成されています。脊柱管狭窄症のメカニズムを理解するためには、椎骨の構造を知ることが肝要です。

背骨を構成するそれぞれの椎骨には、イラストのように孔が空いています。この椎孔(ついこう)が連なって生まれる縦長の空間を脊柱管と呼びます。

脊柱管のなかの硬膜嚢が狭まり神経を圧迫する

脊柱管のなかには、硬膜嚢(こうまくのう)という液体(脳脊髄液)で満たされた袋が通っており、袋のなかに重要な神経が入っています。脊柱管狭窄症とは、硬膜嚢の周囲にある靭帯の肥厚や椎間板の突出によって硬膜嚢が狭くなり、神経が圧迫される病気です。

腰部脊柱管狭窄症は馬尾と呼ばれる神経が圧迫される病気

脳から連なり脊柱管のなかを走る神経として広く知られる脊髄は、頚椎部(首)や胸椎部(胸)を通って第1腰椎の部分で枝分かれします。

枝分かれした腰椎部の神経の束は、馬の尻尾のような形態をしていることから馬尾(ばび)神経と呼ばれます。

脊柱管狭窄症のなかでも多くみられる腰部脊柱管狭窄症は、馬尾神経や神経に伴走する血管が圧迫されることで起こります。

脊柱管狭窄症の原因-狭窄や圧迫はなぜ起こる?

代表的な原因は加齢

脊柱管狭窄症の大半は、加齢により起こります。椎体と椎体の間には水分に富んだ椎間板があり、クッションの役割を果たしています。しかし、年をとることで椎間板は徐々に弾力性を失っていき、後部に飛び出すように変性していきます。

また、椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなることで、複数の椎骨が積み重なった背骨はグラグラと不安定な状態になります。これにより過剰なストレスを受けた靭帯は分厚くなっていき、脊柱管は狭まっていきます。したがって、脊柱管の狭窄は一種の老化現象とも捉えることができます。

加齢による椎間板の突出と腰椎椎間板ヘルニアの違い

「椎間板が飛び出す」と聞くと、腰椎椎間板ヘルニアを想起される方もいらっしゃるかもしれません。腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の中央にある水分に富んだ髄核(ずいかく)が後方にずれてしまう病気であり、主に20代や30代といった若い方に起こります。

脊柱管狭窄症の原因となる椎間板の飛び出しも、同じヘルニアという言葉で言い表すことはできますが、こちらは加齢により椎間板が水分を失っていくことにより起こります。

若い方の腰椎椎間板ヘルニアは、髄核の位置が元に戻り、自然に治癒することもあります。しかし、加齢による椎間板の変性は不可逆的なものであるため、同じ「椎間板の飛び出し」「ヘルニア」といっても意味合いが異なります。

先天性の脊柱管狭窄症では症状が強く現れやすい

生まれつき脊柱管が狭い、先天性脊柱管狭窄症の患者さんも一定数おられます。もともと脊柱管が狭い場合、軽度の椎間板の突出や靭帯の肥厚でも神経が過剰に圧迫されてしまうため、加齢のみが原因の脊柱管狭窄症に比べ、症状が強く出る傾向があります。

腰などに負荷がかかる姿勢や仕事が脊柱管狭窄症の原因になることも

介護をしている方

仕事や日常生活中の腰に負担がかかりやすい姿勢や動作が、脊柱管狭窄症を引き起こすこともあります。そのため、当科を受診された患者さんのなかには、看護師さんや介護士さんなど、人を支えたり重い物を持ち上げたりすることの多い仕事に就かれている方も多数いらっしゃいます。また、ご自宅で介護が必要なご家族のお世話をされている方が、脊柱管狭窄症を発症することもあります。

圧迫骨折も脊柱管狭窄症の原因になる

たばこや運動不足も骨を脆くする一因

このほか、背骨の圧迫骨折も脊柱管の狭窄を招きます。交通事故や飲酒後の転倒、骨粗しょう症によって脊柱管狭窄症となり、当科で治療を受けている患者さんもいらっしゃいます。

喫煙や運動不足も骨を脆くするため、脊柱管狭窄症の遠因になり得るといえます。

また、ステロイド剤の長期服用によって骨粗しょう症になり、圧迫骨折を起こして脊柱管狭窄症を発症するケースもあります。

(圧迫骨折の治療や再発予防について、詳しくは記事4『脊柱管狭窄症の原因のひとつー高齢者の脊椎圧迫骨折について』をご覧ください。)

脊柱管狭窄症と腰椎変性すべり症の違い

腰椎変性すべり症も脊柱管の狭窄の原因

腰椎変性すべり症は脊柱管の狭窄の原因にはなるものの、脊柱管狭窄症とは異なる病気です。

腰椎変性すべり症とは、加齢などが原因で腰椎の一部(多くは第4腰椎)がずれることにより硬膜嚢が狭くなり、馬尾神経や伴奏する血管を圧迫する病気です。メカニズムはほとんど変わらないため、症状は酷似しています。

※脊柱管狭窄症の症状は後段をお読みください。

脊柱管狭窄症の患者さんの年齢-手術を受ける方の多くは70歳以上

当科で手術を受ける脊柱管狭窄症の患者さんの多くは、70歳以上の高齢の方です。

近年では、長生きされる方もますます増えたため、80歳以上で手術に臨まれる患者さんも珍しくはなくなりました。

ただし、記事2『脊柱管狭窄症の手術-入院期間や手術時間、適応となる場合とは?』でお伝えするように、脊柱管狭窄症の手術とは薬物療法や装具療法などの内科的な治療を行っても効果を得られない場合にはじめて考慮する治療です。そのため、脊柱管狭窄症を発症し、診断を受ける年齢は、手術を受ける年齢よりも若くなります。

また、手術を行うかどうかは患者さんの世帯構造や居住環境によっても変わるため、年齢という枠に当てはめて脊柱管狭窄症の治療を語ることはできません。

たとえば、近年では、ご家族がお近くにいない独居の高齢者の受診も珍しいことではなくなりました。このような患者さんにとって、腰部脊柱管狭窄症による歩行障害は死活問題といえます。

脊柱管狭窄症の自覚症状

中心型脊柱管狭窄症と外側型脊柱管狭窄症で異なる

脊柱管狭窄症は、圧迫が起こっている部分により「中心型」と「外側型」に分けられます。中心型脊柱管狭窄症は馬尾神経が圧迫を受け、外側型脊柱管狭窄症は脊柱管の外側が圧迫を受け、下肢に分布する神経根の症状を呈します。

障害される神経が異なるため、それぞれの症状は以下のように異なります。

中心型脊柱管狭窄症の主な症状、間欠性跛行とは

持続的に歩けず、しゃがんだり座ったりしてしまう

外出中に座って休憩している高齢の方

中心型脊柱管狭窄症の典型的な症状は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。間欠性跛行とは、一定の距離を歩くと足にしびれや痛みが生じ、休む(しゃがむ・座るなど)ことにより再び歩けるようになる症状です。

休むことなく歩ける距離は、重症度により大きく異なります。たとえば、数百メートルごとに休憩を挟めば歩けるという患者さんの場合は、内科的な治療を行いながら様子をみますが、症状が進行し、ご自宅のなかでもほとんど歩くことができないなど、日常生活動作(ADL)に重大な支障をきたしている場合は手術も考慮します。

そのため、問診の際には患者さんにどのくらい立っていられるか、歩けるかを伺っています。

このほか、前傾姿勢やつまずくといった症状も、中心型脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。

外側型脊柱管狭窄症の2大症状は足のしびれと痛み

外側型脊柱管狭窄症の主な症状は、下肢のしびれと痛みです。初期には片方の足のみに症状が現れ、進行に従い両足に症状が広がるという経過をたどることもあります。

腰痛がない腰部脊柱管狭窄症もある

腰ではなく膝の症状が強いケースが多い

膝関節をおさえる高齢患者さん

腰椎部の脊柱管に狭窄が起こっていても、必ずしも腰痛が起こるわけではありません。腰痛とは、背骨を支える起立筋にストレスがかかることで生じる症状です。腰椎変性すべり症では、腰椎のずれを抑えるために起立筋が過剰に働くため、立っているときや歩いている最中に腰痛が起こります。

しかし、脊柱管狭窄症の場合、起立筋にはストレスがかからないことも少なくはないため、腰ではなく足の症状に悩み病院を受診される患者さんが多数いらっしゃいます。

総合東京病院では、背骨に対する治療を私たち脳神経外科が行い、膝関節の治療を整形外科が行っています。

排尿障害のある脊柱管狭窄症は手術の絶対的適応となる

排尿障害の原因の見極めが重要

排尿障害がある脊柱管狭窄症は、膀胱へいく神経が損傷している可能性も考えられるため、手術する必要があります。

排尿障害が現れている場合は、治療が遅れることで回復も困難になっていくため、可能な限り早い段階で手術を行うことが重要です。

ただし、脊柱管狭窄症の患者さんは基本的に高齢の方であり、全く別の原因で排尿障害が現れている可能性もあるということも考慮せねばなりません。

たとえば男性の場合は、加齢による前立腺肥大や尿道括約筋の機能低下によって、排尿に問題が生じることも多々あります。このようなケースでは、脊柱管狭窄症の手術を焦る必要はありません。

したがって、治療選択の際には、患者さんの排尿障害が脊柱管狭窄症によるものかどうか、十分な検査を行い確認することが大切です。

次の記事2『脊柱管狭窄症の手術-入院期間や手術時間、適応となる場合とは?』では脊柱管狭窄症の治療方法と、総合東京病院の脳神経外科・脊椎脊髄センターで行っている代表的な手術の方法について解説します。

 

なお、受診を決めている方は以下予約専用ダイヤルにてお問い合わせいただけます。

≪総合東京病院外来予約専用ダイヤル≫

受付時間:午前9時~午後5時(日曜・祭日を除く)

03-3387-5545

  • 初診の方もこちらのお電話でご予約いただくことが可能です。
  • お持ちの方は患者ID・名前・受診希望の診療科・医師名・日時をお伝え下さい。
  • お問合わせの際はメディカルノートのこちらの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。