新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

インプラント治療の負担を軽減−オーダーメイドインプラントのメリットや治療の流れについて

インプラント治療の負担を軽減−オーダーメイドインプラントのメリットや治療の流れについて
白井 清士 先生

興学会新橋歯科診療所 院長

白井 清士 先生

インプラント治療ときくと、ドリルで骨を削ることによる恐怖や痛みなど、大きな身体的負担を伴うイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。しかし「オーダーメイドインプラント」であれば、骨を削る必要なく、自分にぴったりのインプラントを埋め込むことが可能です。今回は新橋歯科診療所で行なっているオーダーメイドインプラント治療について、メリットや治療の流れを中心に解説をします。

インプラント治療とは、虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)などによって歯が失われた場所に、もともとある歯根の代わりにインプラント(人工歯根)を埋め込む治療法です。

一般的なインプラント治療ではインプラントを埋め込むために、歯茎を切って顎の骨をドリルで削る外科手術が必要です。治療後は定期的なメンテナンスを行うことで半永久的にインプラントは持続可能ですが、治療時間も長く、患者様の体に大きな負担がかかるというデメリットもあります。

一般的なインプラント治療に伴う患者様の身体的負担を解消できるものが「オーダーメイドインプラント」です。

オーダーメイドインプラントとは、3D CT画像で患者様一人ひとりの骨の形に合わせて作るインプラントのことをいいます。抜歯でできた穴にぴったりとはまるインプラントを埋め込むことができるので、骨をドリルでまったく削ることなく治療が完了することが最大の特徴です。

また、通常のインプラント治療では金属が使用されますが、オーダーメイドインプラントではチタンもしくはジルコニアが使用されるため、金属アレルギーの方でも安心してインプラント治療を受けることが可能です。

オーダーメイドインプラント

前項でも少し述べましたが、オーダーメイドインプラントの最大のメリットは骨を削らずにインプラントを埋め込むことが可能な点でしょう。

口腔内の抜歯する前の歯根や骨の形をCTで3Dスキャンして、その画像データを用いて抜歯後の穴にぴったりとはまるように精密な型を製作します。

また外科手術を行う必要がないので、治療に伴う不安や痛みなどの身体的負担を大きく軽減することができます。

また、患者様の希望に合わせて「静脈内鎮静法」で治療を行うことも可能です。

静脈内鎮静法では、治療前に腕の静脈から鎮静薬を点滴することで、うとうとした感覚になりリラックスした状態で治療を受けることができます。静脈内鎮静法の治療中の記憶は殆どありませんので、患者様は気が付いたら全ての治療が終わっています。歯科治療に対する恐怖心が強い患者様にはより安心して治療を受けていただくことができるでしょう。

治療時間も骨を削って行う通常のインプラント治療と比較して大幅に短縮することができます。インプラントを埋め込む部分の歯を抜歯したあと、およそ3分でインプラントの埋め込みが完了します。

忙しくて治療に時間をかけられない患者様にも、時間的負担をかけずに治療を行っていただくことができます。

従来のインプラントとの比較

通常のインプラント治療では、どうしても削った骨と埋め込んだインプラントの間に隙間ができてしまうため、隙間に歯周病の原因となる菌が繁殖しやすい状態になりますし、抜いた穴よりも更に深く神経に近い所まで削る必要がありました。

一方オーダーメイドインプラントでは、それぞれの患者様にぴったり合った抜いた歯の歯根をそのまま利用しインプラントを隙間なく挿入することができるので、細菌の繁殖を防ぐことができ、歯周病のリスクも軽減することが可能です。

オーダーメイドインプラントでは、患者様のもともとの歯根の形に合わせたインプラントを埋め込むので、通常のインプラントよりも自然な歯並びに仕上げることができ、本物の歯に近い感覚を持っていただくことができるでしょう。

また、ドリルで骨を削る通常のインプラント治療では、顔や顎が大きく腫れることがありますが、オーダーメイドインプラントでは腫れや痛みが少ないことも特徴です。

では、実際にオーダーメイドインプラントはどのような流れで治療を行うのでしょうか。本項では、新橋歯科診療所で行っているオーダーメイドインプラントの治療の流れをご紹介します。

当院ではまず初診のカウンセリングを行い、インプラント治療が必要であると判断した患者さんに3Dレントゲン撮影(歯科用CT)を行います。

レントゲン写真のデータをもとに、患者様の歯根の形を厳密に確認し、抜歯後に開けた穴にぴったりとはまるようにオーダーメイドでインプラントを作成します。インプラントの製作にかかる期間は約1か月です。

またレントゲン撮影の結果、歯周病や虫歯などでインプラントを埋め込みたい部分に十分な骨が残っていない場合や骨が脆くなってしまっている場合には、オーダーメイドインプラントではなく、患者様のお口の状態に最も相応しい、プレシジョンインプラント治療を提案することもあります。

インプラントの製作が完了したら、2回目の外来で抜歯とインプラントの設置を行います。

インプラントを埋め込みたい部分の歯を抜歯し、インプラントと仮歯を設置します。インプラントの挿入は約3分で終了します。

埋め込み後には、インプラントを固定するために仮歯を隣の歯に結合します。インプラントの固定にかかる期間には個人差がありますが、インプラントがチタンの場合は約3か月、ジルコニアの場合は約6か月かかります。

数か月後にインプラントの固定が完了したら、外来にきていただき仮歯を外し永久クラウンに交換して治療は完了です。

インプラント治療を受けたいと思っていても「歯科治療に割ける時間がない」「金属アレルギーを持っていて体に金属を入れることができない」「ドリルで骨を削りたくない」などという理由でインプラント治療をためらっている方も多いと思います。オーダーメイドインプラントには、ここまで述べてきたように患者様の不安や痛みなどの負担も少なく、見た目も美しく仕上げることができるなどの多くの特徴があります。

「インプラント」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。