S414x320 cc8ec2f3 f720 4679 a6df 967f6bfdad18

インタビュー

公開日 : 2017 年 12 月 12 日
更新日 : 2017 年 12 月 15 日

ADHDは治療すると治る?ストラテラやコンサータなどの薬の治療は必要?

目次

集中できない、席を離れてしまう、忘れ物が多いなどの多動性・衝動性・不注意の症状が現れるADHD。ADHDは幼少時から症状が現れ、学校生活や仕事に支障をきたしているケースもあります。

ADHDの治療は大きく環境調整・行動療法・薬物治療がありますが、それらの治療によって治るものなのでしょうか。各治療法や薬の特徴などについて、ADHDを専門に診療・研究する久留米大学医学部小児科学講座 山下裕史朗教授にうかがいました。

ADHDは治療で根本的に治る発達障害ではない

ADHD(注意欠如多動症/注意欠如多動性障害)は、年齢に対して多動・衝動性、不注意が多くみられる発達障害のひとつです。多くの場合、子どものころから「集中できない」「そわそわする」「忘れ物が多い」などの症状があり、友達関係や学習・仕事などに支障をきたしてしまいます。

ADHDの症状を抱えるお子さんや保護者の方は、ADHDは治療すれば治るのか、が気になることだと思います。結論からいえば、ADHDは治療で完全に症状が消えて治ることはありません。治療を行ってもADHDの特性は残ってしまいます。

しかし、後述する治療を行えば、ADHDの症状は目立たなくなりますし、一般の方と同じような日常生活を送れるようになります。

ADHDの治療―環境調整、SSTやペアレントトレーニング、薬物療法

ADHDの治療は大きく

  • 環境調整(生活環境を整える治療)
  • 行動療法(SST、ペアレントトレーニングなど)
  • 薬物療法

にわけられます。

ADHDの重症度はDSM-5の診断基準により判断しますが、程度が中等症以上と診断された場合に治療を開始します(軽症であれば、環境調整にとどめることもあります)。

基本的には環境調整と行動療法からスタートし、それでも症状の改善がみられない場合に薬物療法を併用しながら治療を進めます。

 

ADHDの各治療法の詳細は以下をご覧ください。

ADHDのページへ

関連記事