S414x232 0eb33023 f914 43d2 ad2c 57e3785f5d19

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 0eb33023 f914 43d2 ad2c 57e3785f5d19
大腸がんの腹腔鏡手術について。技術が求められる手術方法
 大腸がんは、日本におけるがん死亡の上位に入る疾患です。大腸がんは症状があらわれにくく、発症に気付いたときには手術が必要な段階であるケースも多いです。大腸がんに限らず、大腸疾患の外科治療(手術)...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 01 月 23 日
更新日 : 2018 年 09 月 19 日

大腸がんの腹腔鏡手術について。技術が求められる手術方法

目次

 

大腸がんは、日本におけるがん死亡の上位に入る疾患です。大腸がんは症状があらわれにくく、発症に気付いたときには手術が必要な段階であるケースも多いです。

大腸がんに限らず、大腸疾患の外科治療(手術)方法は近年進歩しました。なかでも「腹腔鏡手術」が登場したことで、大腸がんの手術方法は大きく変わりました。

大腸がんの腹腔鏡手術とはいったいどのようなものでしょうか。また技術の求められる腹腔鏡手術を行っていくためにはどのような取り組みが求められるのでしょうか。本記事では大腸がんの腹腔鏡手術に詳しい国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院 外科 医長 諏訪宏和先生にお話を伺いました。

基礎知識:大腸がんとは

大腸は、小腸に続く消化管で、1.5~2mほどの長さがある臓器です。大腸は大きく「結腸」「直腸」のふたつに分けられ、小腸に近いほうは「結腸」、肛門に近いほうは「直腸」とよばれます。

大腸にがん(悪性腫瘍)が発生したものが大腸がんです。それぞれできる部位によって「結腸がん」と「直腸がん」のふたつがあります。

大腸がんの症状

大腸がんは、基本的に無症状です。症状があらわれる場合には、進行した大腸がんである可能性が高まります。

あらわれる症状としては黒色・紅色便、血便、腹痛、便秘、下痢、腸閉塞症状(腹部膨満感や嘔気・嘔吐など)、貧血や栄養障害(全身倦怠感や体重減少など)などがあります。

くわしい症状については記事1『大腸がんの症状。初期症状やステージごとの症状について』をご覧ください。

大腸がんの好発年齢

公益財団法人 がん研究振興財団「がんの統計’14」のデータによると、大腸がん(結腸がん、直腸がん)は男女とも中高年の罹患率が増加していることが示されています。

また、近年では高齢化や寿命の延長などに伴い、高齢者の方の罹患が非常に増えてきています。

大腸がんの原因・発症要因

大腸がんの罹患者数は増加しているといわれていますが、その要因には「食生活の欧米化」が原因になっていることが考えられています。

そのほか、なんらかの基礎疾患がある場合や、遺伝(家族性)によっても大腸がんを発症することがあります。

大腸がんの治療選択肢

大腸がんに対しては主に下記のような治療が行われます。

治療の種類

がんを根治させるための治療の原則は、がんを切除することです。この時の治療の中心となるのは「内視鏡治療」と「外科療法(手術)」です。初期の大腸がんに対しては内視鏡治療が行われますが、比較的進行した大腸がんに対しては外科療法(手術)が行われます。

手術の適応については記事2『大腸がんの手術。手術の流れや手術後も注意が必要』をご覧ください。

 

ここからは大腸がん治療の主軸となる「手術」について詳しくお話していきましょう。

大腸がんのページへ

連載記事

2017年現在、横須賀共済病院外科にて医長をつとめる。日本内視鏡外科学会の技術認定資格(大腸)の取得者であり、とくに腹腔鏡手術に力を入れている。

「大腸がん」についての相談が9件あります

関連記事