S414x232 5731e4b1 84ac 4c8a 9d5a 20b212144f7e

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 5731e4b1 84ac 4c8a 9d5a 20b212144f7e
糖尿病は治る?−生活習慣病からくる2型糖尿病の場合「減量」が大切
糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなってしまい、さまざまな合併症を招く病気です。糖尿病にもいくつかの種類があり、特に2型糖尿病の患者数が全体の95%以上を占めるといわれています。2型糖尿...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 03 月 12 日
更新日 : 2018 年 09 月 18 日

糖尿病は治る?−生活習慣病からくる2型糖尿病の場合「減量」が大切

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなってしまい、さまざまな合併症を招く病気です。糖尿病にもいくつかの種類があり、特に2型糖尿病の患者数が全体の95%以上を占めるといわれています。2型糖尿病はメタボリックシンドロームなどの生活習慣病と深い関わりがあります。そのため2017年に行われた欧州糖尿病学会では「2型糖尿病は減量によって寛解する可能性がある」と発表されました。

今回は、糖尿病の新しい研究発表や、病気をコントロールするためにどのようなことを心がけるべきかについて関東労災病院 糖尿病・内分泌内科部長の浜野久美子先生にお話を伺いました。

糖尿病は治るのか?

学会

2型糖尿病の場合、減量すれば「寛解」を望めることもある

2017年9月にポルトガル・リスボンにて開催された「第53回欧州糖尿病学会(EASD)」では、糖尿病は減量によって適正な体重に戻すことで寛解できる可能性が高いと発表されています。寛解とは病気があたかも治ったかのように、日常生活が送れるようになるということです。この論文では、具体的に「投薬なしで正常の血糖値を維持できること」が寛解の定義とされています。

糖尿病とは血液中のブドウ糖(血糖)が多くなってしまう病気です。2型糖尿病は糖尿病患者のなかでもっとも患者数が多く、全体の95%以上といわれています。メタボリックシンドロームが背景として発症する2型糖尿病の場合、適正な体重に戻すことによって投薬などの治療が不要になる患者さんもいます。

減量には医師の指導が加わることも

減量は自己管理だけで解決できないこともあります。そのため医師のもと、投薬も視野に入れた指導を行うことがあります。

糖尿病を放置するとどうなる?

膵臓

放置すれば悪化する恐れ

また、糖尿病は無自覚、無症状といわれていますが、実は、進行性の病気です。糖尿病が進行してしまう理由は大きく2つあります。

1つ目は、インスリンを分泌する臓器、膵臓の機能が加齢によって徐々に落ちてしまうからです。インスリンとは、主に、食事から摂取されたブドウ糖をエネルギーにかえるための唯一のホルモンです。インスリンが十分に分泌されない、あるいはその作用が十分に発揮されないと、ブドウ糖をエネルギーに変えることができません。その結果血液中のブドウ糖が高くなり、高血糖状態を招くことを糖尿病といいます。高血糖状態では、諸臓器、細胞は、十分なエネルギー供給、燃焼が行われず、機能不全に陥ります。

2つ目は、糖尿病で高血糖にさらされる時間が長ければ長いほど、膵臓のインスリン分泌細胞の機能そのものが悪化する(アポトーシス=細胞死)という特徴があるからです。つまり、糖尿病を治療せず高血糖状態が長期間に渡ると、さらに高血糖を助長するという悪循環を招いてしまいます。

糖尿病が進行すると……?

糖尿病が進行するとさまざまな合併症*が生じます。代表的な合併症は下記の通りです。

<糖尿病の主な合併症>

  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 糖尿病神経障害
  • 脳梗塞
  • 狭心症・心筋梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 糖尿病性潰瘍・壊疽
  • 歯周病
  • 認知症
  • 糖尿病性ケトアシドーシス
  • 高浸透圧高血糖症候群
  • 感染症 など

合併症……ある病気や、手術や検査が原因となって起こる別の症状

2型糖尿病のページへ

連載記事

東京大学医学部を卒業後、エール大学(アメリカ)内分泌代謝内科、東京大学病院やNTT関東病院などで経験を積む。糖尿病の治療に携わるなかで未治療や治療中断の実態を知り、糖尿病患者さんの就労支援に携わることを決意。患者さんに寄り添った診療とともに、糖尿病患者さんが治療を継続しやすい体制づくりに尽力している。

関連の医療相談が2件あります

関連記事