S414x232 a9844c9b d2bd 4cfa a907 6646930fede9

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 a9844c9b d2bd 4cfa a907 6646930fede9
側弯症の手術治療。負担の少ない手術方法とは?
一般的な側弯症の手術治療では、変形した脊椎を金属で固定し矯正する脊椎固定術が行われます。また、側弯症の手術ではMISt(ミスト:最小侵襲脊椎安定術)という患者さんの身体的負担を少なくするような手...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 03 月 07 日
更新日 : 2018 年 09 月 19 日

目次

一般的な側弯症の手術治療では、変形した脊椎を金属で固定し矯正する脊椎固定術が行われます。また、側弯症の手術ではMISt(ミスト:最小侵襲脊椎安定術)という患者さんの身体的負担を少なくするような手技が用いられることもあります。

今回は側弯症の手術治療や、術後の注意点などについて、社会医療法人製鉄記念室蘭病院 脊椎脊髄センター長・整形外科科長で、北海道MISt研究会代表も務めておられる小谷善久先生にお話を伺いました。

側弯症の手術適応

側弯症に対して手術治療が必要となる適応基準は小児と成人とで異なります。まずは、小児・思春期側弯症の適応についてご説明します。

小児・思春期の場合

小児・思春期側弯症の手術適応は以下のようなコブ角を目安にします。

<手術適応となるコブ角の目安>

  • 胸椎のコブ角が45〜50度以上
  • 胸腰椎コブ角が40〜45度以上

しかしながら、近年では手術の技術水準が向上してきたことで、これらの適応基準に満たない場合でも手術を行うことがあります。たとえば、胸椎のコブ角が40度であっても今後進行していくことが明らかであれば患者さんやご家族とよく相談して手術をすることもあります。

また同じ角度の変形であっても、痩せ型であればあるほど脊柱の変形が目立ちます。そのため、基準の角度に満たなくても外見上の変形が著しい場合には相談のうえ手術に踏み切ることもあります。

このようにコブ角による適応基準はあくまでも目安であり、それぞれのお子さんによって手術のタイミングは異なります。

成人の場合

一方、成人の場合には角度による明確な基準はなく、症状の有無が手術を行うかどうかの大きな基準です。

記事2『側弯症の症状−子どもと大人であらわれる症状は異なる』でも述べたように、成人では変形が小さくても痛みの症状が強く出る方が多くいます。痛みの症状が強くなると立位障害を伴いますので、掃除や料理などの家事が困難になり日常生活に大きな支障が生じます。さらに高齢化に伴い一人暮らしの高齢者の数も年々増加しており、自立した生活を送らざるを得ない状況にある方は非常に多くいらっしゃいます。そのため、薬物治療でも痛みを緩和することができない場合には、手術治療で痛みを取り除くことが必要となります。

また、下肢のしびれや痛みなどの神経症状が神経ブロック注射(末梢神経に局所麻酔薬を注入することで、神経機能を麻痺させ痛みを軽減させること)でも改善せず、一定時間以上立っていることができない場合には手術が選択されます。

このように、成人の手術の選択基準は症状であり、大きな変形があっても痛みなどの症状がなく、日常生活に不自由を感じていなければ手術を行うことはほとんどありません。

側弯症の手術方法

側湾症の手術風景
手術風景 小谷善久先生ご提供

脊椎固定術

側弯症の手術では脊椎固定術を行います。脊椎固定術では変形した脊柱を矯正するために、矯正したい骨の部分に金属を設置、固定します。そのうえで、自家骨(患者さん自身の別の場所から採取した骨)もしくは同種骨(他人の骨を特殊処理して脱脂肪、脱蛋白したもの)の移植も行います。

小児の場合には自家骨を用いることが多いです。一方、成人の場合ではたくさんの移植する骨が必要となることが多く、自身の骨だけではまかないきれないため、同種骨が用いられることが多いです。

手術には「前方法」と「後方法」がある

また脊椎固定術には、お腹からアプローチする「前方法」と背中からアプローチする「後方法」があります。どちらの方法で手術を行うかは、変形している場所や硬さをみて決定します。

一般的に小児・思春期側弯症では、胸椎の変形であれば後方法が用いられることが多く、胸腰椎・腰椎の変形であれば執刀医によって前方法か後方法かの選択が異なると考えます。

椎骨

一方、成人は変形部分が硬くなっていることが多いため、椎間板を取ったうえで椎骨をバラバラに切り離して柔らかくする必要があります。椎間板を切り離すためには前方からアプローチを行う前方法が選択されることが多いです。また、成人に対する脊椎固定術では大きく切開せずに手術を行うMISt(ミスト:最小侵襲脊椎安定術)で行う医療機関もあります(MIStについては後述で詳しく解説します)。

10歳未満が対象となる「Growing rod法」

10歳未満のお子さんには骨を固定しない「Growing rod法」による矯正手術を行うこともあります。

通常の脊椎固定術では将来身長が伸びていくお子さんの背骨を固定してしまうため、骨が成長することができず身長が伸びません。

Growing rod法では変形部分の上下に金具を設置して、その間にコネクタ(金属棒)を取り付けます。そして半年に1回くらいのペースで、手術でコネクタ部分を伸ばしていくことで、背骨の成長を許すことができます。身長が伸びるまでは定期的な手術が必要となり、成長が止まった段階で最終的に脊椎固定術を行います。

脊椎側弯症のページへ

北海道大学医学部を卒業後、米国留学や北海道大学を中心とした道内の医療機関において、整形外科医としての研究・臨床経験を積む。脊椎脊髄疾患を専門とし高度な技術で低侵襲手術を行っている。2018年現在、北海道MISt研究会の代表も務める。

関連記事