【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 d9124c66 fd56 4faf 8667 1302b4a145f6
乳房再建とは−手術の流れや費用について
乳がんの治療によって失われた乳房を新しく作り直す「乳房再建」は、大きく分けて自家組織を使う方法とインプラント(人工乳房)を使う方法の2種類があります。実際には乳房再建はどのような流れで行われるの...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

乳房再建とは−手術の流れや費用について

公開日 2018 年 03 月 20 日 | 更新日 2018 年 08 月 29 日

乳房再建とは−手術の流れや費用について
瀬﨑 晃一郎 先生

平塚共済病院 形成外科

瀬﨑 晃一郎 先生

目次

乳がんの治療によって失われた乳房を新しく作り直す「乳房再建」は、大きく分けて自家組織を使う方法とインプラント(人工乳房)を使う方法の2種類があります。

実際には乳房再建はどのような流れで行われるのでしょうか。近年、保険適用の範囲が広がった乳房再建について、平塚共済病院 形成外科の瀬﨑晃一郎先生にお話しいただきました。

乳房再建とは

乳がんの手術治療のひとつである「乳房切除術」は、乳房を全摘出する治療です。

乳房切除術を受けられた乳がん患者さんのなかには、乳房をすべて切除することで精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けられる方がいらっしゃいます。

このような患者さんに対し、乳房を新しく作り直す方法として「乳房再建」があります。乳房再建には、患者さんご自身の体の一部である自家組織を使う方法とインプラント(人工乳房)を使う方法があります。

乳房再建の種類

自家組織による乳房再建

患者さんのお腹や背中などから採取した自家組織を使って乳房再建を行う方法は、感染などの術後トラブルが少ないというメリットがあります。また、自家組織は非常に柔らかいため、再建後は年齢にともなって再建された胸の形状は自然と変化していきます。一方で、体の他の部分を切り取って行う手術であるため、乳房以外の場所に傷がついてしまうというデメリットがあります。

インプラント(人工乳房)による乳房再建

自家組織とは異なり、インプラントを使った乳房再建は、患者さんの年齢にともなって見た目が大きく変化するということはありません。

インプラントは改良が続けられており、さまざまな種類のものが乳房再建に使われています。しかしインプラント自体はやはり経年劣化があるため、再建後は定期的にMRIでの検査を行って状態の確認が必要です。

インプラント(人工乳房)を使う乳房再建については記事4『インプラント(人工乳房)による乳房再建の流れや術後について』にて詳しくお話ししています。

ピンクリボン

 

乳房再建を行う時期について

一次再建と二次再建

乳房再建を行う時期には、一次再建と二次再建があります。

一次再建

一次再建とは、乳がんの手術と同時に乳房再建を行う方法です。

従来は、乳がん再発を発見しにくいことなどが懸念され、乳がんの手術と同時に行う一次再建は少なかったのですが、現在(2018年時点)はがんの進行度やリンパ節への転移状況などを考慮したうえで、一次再建を行う施設は増えています。

一次再建を行うメリットとしては、二次再建よりも手術の回数が少ない、乳房を失うという喪失感が小さいということなどが挙げられます。

二次再建

二次再建とは、乳がんの手術後、しばらく期間をおいてから乳房再建を行う方法です。

乳房再建を行うまで、しばらく乳房を失ったという精神的なダメージがありますが、乳がんの術後の治療に専念できたり、乳房再建についてゆっくり考えられたりするというメリットがあります。

患者さんの希望するタイミングを大切にする

乳がんと診断された患者さんは、まずは命が助かるのかどうかということを第一に心配されます。そういったなかで乳がんの手術後に乳房再建を行うかどうかを落ち着いて考えることはなかなか難しいのが現実です。実際に、乳房再建を行うという決断をするのに時間がかかる乳がん患者さんは多くいらっしゃいます。

平塚共済病院では、乳がん患者さんに「乳房再建は乳がん治療後、しばらく経ってからでもできますよ」と伝えています。乳房を全摘出すると決まった場合、ご家族や担当の医師をはじめ、周りの方に相談しながら、乳房再建についてゆっくり考えていただきたいと思っています。

悩む女性

乳房再建の手術方法・手術回数

乳房再建には、乳がん切除と同時にインプラントを挿入したり自家組織を移植したりして乳房再建を行う「一次一期再建」と、1回目の手術でエキスパンダーという皮膚組織を伸ばす袋を挿入し、2回目の手術で自家組織やインプラントに置き換える「一次二期再建」があります。また、乳がん切除後に時間をおいて再建する場合で、一回の手術で再建するものを「二次一期再建」、二回で再建する場合を「二次二期再建」といいます。

乳頭乳輪が乳がん手術で切除されている場合には、乳房再建のあとに再建を行うこともあります。

ここでは自家組織を使う方法とインプラントを使う方法のそれぞれの乳房再建の流れを簡単にご説明します。

自家組織を使う方法

自家組織を使う方法には、皮膚や筋肉の一部がつながった状態で組織を移動する「筋皮弁」といわれる方法と、一度完全に皮膚や脂肪織、筋組織を体から切り離して移動し顕微鏡下で血管をつなぐ「遊離皮弁法」があります。

遊離皮弁法は筋肉を犠牲にしない方法などがあり、自由度は高いですが、手術手技は煩雑です。

平塚共済病院では、自家組織を使う場合には筋皮弁を用いています。筋皮弁には主に腹部から自家組織を採る「腹直筋皮弁法」と、背中から自家組織を採る「広背筋皮弁法」などがあります。

腹直筋皮弁法

腹直筋皮弁法

 

腹直筋皮弁法は、腹部の組織を用いる方法です。腹部を切開し、皮膚と脂肪組織、筋肉を乳房へ移植します。

腹直筋皮弁法は、妊娠を希望される方は適さないため、そのような方には広背筋皮弁法やインプラントによる乳房再建を検討します。

広背筋皮弁法

広背筋皮弁法

広背筋皮弁法は、背中の組織を用いる方法です。背中を切開し、皮膚と脂肪組織、筋肉を乳房へ移植します。

広背筋皮弁法では、乳房のボリュームを出すためにインプラントを併用することもあります。

インプラント(人工乳房)を使う方法

インプラント(人工乳房)

インプラントによる乳房再建では、まず「ティッシュ・エキスパンダー」と呼ばれる皮膚組織を拡張するための袋状の組織拡張器を挿入します。そして外来でティッシュ・エキスパンダーに生理食塩水を注入しながら徐々に皮膚を伸ばします。そして皮膚が十分に伸びたら、2回目の手術でティッシュエキスパンダーをインプラントに入れ替えます。

インプラントによる乳房再建については記事4『インプラント(人工乳房)による乳房再建の流れや術後について』でさらに詳しくお話ししています。

乳房再建の費用

保険適用の範囲が広がった

従来は自家組織を使った乳房再建のみが保険適用の範囲でしたが、2013年よりインプラントによる乳房再建も保険適用となりました。保険適用の範囲が広がったことで、乳がん患者さんの選択肢が増え、乳房再建へのハードルが少し低くなったのではないかと考えます。

乳房再建にかかるおおよその費用

乳房再建にかかるおおよその費用は以下の通りです。

乳房再建にかかるおよその費用

高額療養費制度を利用すると、実質の負担額は10万円程度になる場合があります。

高額療養費制度とは、高額な医療費を支払ったときに一部の払い戻し、あるいは一定額の払い戻しが受けられる制度です。

詳細な金額については乳房再建を受けられる施設でご確認ください。

乳房再建術後やリスクについて

乳房再建により再発率が高くなるということはない

乳房切除術後、乳房再建を行っても、乳がんの再発率に影響はないことがわかっています。

また、再発の診断に影響が出ることもありません。

しばらくは手術部位に感覚がない

自家組織を用いる場合でも、インプラントを用いる場合でも、乳房再建の術後はしばらく手術部位の感覚がありません。そのためワイヤーの入ったブラジャーの着用により傷ができて、化膿する方もいらっしゃいますので、注意が必要です。

術後のフォローはしっかりと行う

瀬崎先生

乳房再建を行った場合、形成外科にて定期的に検査を受けていただくようお伝えしています。

特にインプラントによる乳房再建は、まれに劣化や外傷により、トラブルが起こるケースもあります。日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会では、トラブルが起こった場合には報告し、保障を受けられるシステムもあります。

乳がんのフォローとは別に、再建後のフォローもしっかりと行う必要があります。

 

なお、お電話での受診等のお問い合わせについては下記にて承っております。

≪平塚共済病院医療連携支援センター≫

受付時間:8:30~17:15(土曜・日曜・祝祭日を除く)

0463-32-1950

  • お問い合わせの際は「メディカルノートの記事を見た」とお伝えいただくとスムーズです

山形大学卒業後、北里大学形成外科入局。日本形成外科学会専門医取得、医学博士取得後、北里大学形成外科・美容外科学講師を経て2011年より平塚共済病院形成外科部長を務める。
眼科や乳腺外科といった診療科と連携を行い、地域の患者さんへ幅広い形成外科治療を提供している。

「乳がん」についての相談が22件あります

関連記事