S414x232 e1465e4a 1de1 41ee 9c7b ff31d1ae23d3

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 e1465e4a 1de1 41ee 9c7b ff31d1ae23d3
乳がん患者さんをサポート!ピアサポーターとは?
平塚共済病院では、乳がん患者さんを支えるために、診療科を超えた医師の連携だけでなく、さまざまな職種のスタッフがチームを形成し、チーム医療を実践しています。乳がん患者さんを支えるために行われている...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 03 月 20 日
更新日 : 2018 年 09 月 19 日

目次

平塚共済病院では、乳がん患者さんを支えるために、診療科を超えた医師の連携だけでなく、さまざまな職種のスタッフがチームを形成し、チーム医療を実践しています。

乳がん患者さんを支えるために行われている平塚共済病院の取り組みについて、外科統括部長の谷和行先生と形成外科 瀬﨑晃一郎先生にお話を伺いました。

乳がん患者さんを支えるチーム医療

平塚共済病院では、あらゆる診療科の医師、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師などがチームを形成し、乳がん診療を行っています。また、リンパセラピストによる術後のリンパ浮腫の予防やケアも行っています。

そしてさらに「ピアサポーター」と呼ばれる乳がん患者さんの支援活動を行うスタッフがいるということが、当院のチーム医療の大きな特徴です。

チーム医療

ピアサポーターとは?

同じ立場の仲間として患者さんを支える

ピアサポートとは、ピア(仲間)とサポート(支援)を組み合わせた言葉で、同じような立場の者同士が支え合うという意味があります。

がん治療において、同じようにがんを体験したピアサポーターによる患者さんの支援活動は重要な役割を持ちます。

がん患者さんは、私たち医療者には話しにくいこともがんを体験しているピアサポーターとは共有できたり、ピアサポーターによる患者さん目線での支援を受けることができたりと、同じ立場だからこそできることがたくさんあるのです。

特別な資格はいらない

ピアサポーターには特別な資格は必要ありません。がんの体験者であれば、どなたでもピアサポーターとして活動することができます。

しかし、ピアサポーターとして活動を行うには、がんの専門的な知識やコミュニケーションスキルを身につけている必要があるため、研修を受けることが勧められています。日本ではピアサポーターの普及とともに、研修を行っている患者会や患者支援団体、都道府県が増えていますので、そういったところへ問い合わせてみるとよいでしょう。

乳がんのページへ

横浜市立大学卒業後、横浜市立大学病院にて2年間の研修の後、横浜市立大学第一外科学(現:外科治療学)に入局。その後、横浜市立港湾病院を経て1992年より平塚共済病院にて勤務。現在は、外科統括部長、乳腺内分泌外科部長、外来化学療法室部長を務める。
2010年より乳がん体験者のピアサポーターによる患者支援活動をスタート。チーム医療を実践し、患者の気持ちに寄り添った乳がん診療に取り組む。

山形大学卒業後、北里大学形成外科入局。日本形成外科学会専門医取得、医学博士取得後、北里大学形成外科・美容外科学講師を経て2011年より平塚共済病院形成外科部長を務める。
眼科や乳腺外科といった診療科と連携を行い、地域の患者さんへ幅広い形成外科治療を提供している。

「乳がん」についての相談が12件あります

関連記事