疾患啓発(スポンサード)

狭心症の原因とは?狭心症になりやすい人の特徴

狭心症の原因とは?狭心症になりやすい人の特徴
平塚共済病院 心臓血管外科 高橋 政夫 先生

平塚共済病院 心臓血管外科

高橋 政夫 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

狭心症とは、心臓を取り囲むように存在している「冠動脈」という血管が細くなることで、締め付けられるような胸の痛みなどの症状が現れる病気です。狭心症の症状は発作的に20分間程度の短時間のみ起こるという特徴があります。また、どのような症状が現れるかは患者さんによってさまざまで、自覚が難しいケースもあります。

進行すると心筋梗塞を引き起こす危険性もあるという狭心症は、どのようなことが原因となりうるのでしょうか。

本記事では狭心症の原因や予防について、平塚共済病院 心臓センター・心臓血管外科部長の高橋政夫先生にお話しいただきました。

狭心症の原因−生活習慣や高血圧・糖尿病などが関わっている

心臓が動くためには、心臓の表面を取り巻く冠動脈という血管が、心臓に酸素を送る必要があります。しかしこの冠動脈の血流が障害されると、心臓へ十分な酸素を送ることができず、狭心症を発症します。

冠動脈の血流が障害される原因は、冠動脈が狭くなることと、冠動脈が痙攣し、急に縮んでしまうことの大きく2種類に分けられます。

冠動脈の構造

冠動脈が動脈硬化によって狭くなることで起こる

体を大きく動かすとき(労作時)には、心臓からたくさんの血液を送り出す必要があるので、心臓の働きが増大します。このとき、冠動脈が狭窄していると、心臓の筋肉(心筋)に充分な血液が供給されず、狭心症を起こすことがあります。このように、労作時に起こる狭心症を、労作性狭心症といいます。

労作性狭心症の代表的な原因としては、動脈硬化があります。動脈硬化は、悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が血液中に増加し、アテローム(コレステロールや中性脂肪が蓄積した病変)が血管内に生じる状態です。動脈硬化が冠動脈の内部で起こると、血流が悪くなり、心臓への酸素の供給が障害されます。

労作性狭心症

冠動脈が痙攣することで起こる冠攣縮性狭心症

冠動脈の一部が痙攣して縮んでしまうことで起こる狭心症は、冠攣縮性(かんれんしゅくせい)狭心症と呼ばれています。

冠動脈が痙攣を起こす原因はさまざまですが、主な危険因子としては喫煙が挙げられます。

冠攣縮性狭心症

狭心症になりやすい方の特徴

冠動脈が狭窄(きょうさく:血管が細く、狭くなる)する原因には、生活習慣が複合的に関わっていると考えられます。

狭心症になりやすい方の特徴は以下が挙げられます。

<狭心症になりやすい方の特徴>

  • 肥満
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喫煙の習慣がある
  • ストレスが多い
  • 運動不足

肥満(脂肪の摂りすぎ)

糖分・脂肪分の摂りすぎは動脈硬化を促進させます。また、脂肪細胞から血栓を引き起こす物質が多く分泌されることもわかってきています。そのため食生活を見直したり、体重や体脂肪をコントロールしたりして、肥満の予防を心がけることが大切です。

高血圧

高血圧は、血管内壁の細胞を傷つけてコレステロールが血管内に入りやすい環境をつくるといわれています。つまり高血圧も動脈硬化を促進させるリスクとなるため、日頃から血圧を測って、正常な値であるかを確認しておくことが大切です。

糖尿病

糖尿病は、インスリンというホルモンのはたらきが悪くなり、血糖値が異常に高くなる病気です。

血糖値が高いと、コレステロールの値がそれほど高くない場合でも、動脈硬化が進んでしまうと考えられています。そのため、糖尿病と診断されていない場合でも、血糖値が高めであると指摘された方は、動脈硬化を予防するためにも生活習慣の改善が必要です。

喫煙の習慣がある

たばこの煙には、タールやニコチン、一酸化炭素などが含まれています。これらの物質は、血管の収縮や動脈硬化の促進に影響していると考えられているため、喫煙の習慣は狭心症の大きなリスクになるといえます。

喫煙する人

運動不足

運動不足は、肥満につながるとともに、糖尿病、脂質異常症、高血圧といった生活習慣病の発症要因となります。

そして、生活習慣病は、狭心症の原因の多くを占める「動脈硬化」の原因になります。そのため、狭心症の発症を抑えていくためには、運動不足を解消し、生活習慣を予防していくことがよいと考えられます。

適度な運動には、コレステロールや血圧、血糖値を下げる効果があります。また、肥満解消など、さまざまな生活習慣の改善につながります。動脈硬化のリスクを減らすためには、ウォーキングなどの有酸素運動を毎日行うことが大切です。

ストレスが多い

狭心症は精神的なことでも誘発されると考えられています。ストレスがあると血液中のコレステロールや交感神経系ホルモンの増加などが起こり、動脈硬化を促進させます。

若年でも狭心症になる?その原因とは

40代でも狭心症の危険性はある

狭心症の主な原因である動脈硬化は、加齢とともにどなたにでも起こりうる老化現象のひとつです。

しかし前述したような生活習慣のある方は、動脈硬化が急速に進み、40代でも狭心症を発症する可能性があります。

高橋先生

狭心症の予防−生活習慣を改善することで危険因子を減らす

これまでお話ししたように、狭心症の発症には生活習慣が大きく関わっています。そのため生活習慣の改善によって危険因子を減らしていくことが大切であるといえます。

また、少しでも胸に違和感がある場合には、医療機関を受診していただくことが望ましいですが、はっきりとした自覚症状が現れるまでは、放置される方が多いのが現状です。早めに適切な治療を行わなければ、心筋梗塞を引き起こす可能性もあるということを知っておいていただきたいです。

狭心症は年齢を重ねるごとにリスクが高まりますので、心臓ドックを検討するなど、定期的な検査を受けるのもよいかもしれません。

 

なお、お電話での受診等のお問い合わせについては下記にて承っております。

≪平塚共済病院医療連携支援センター≫

受付時間:8:30~17:15(土曜・日曜・祝祭日を除く)

0463-32-1950

  • お問い合わせの際は「メディカルノートの記事を見た」とお伝えいただくとスムーズです