【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 164a7943 fe9c 4538 a497 3a242476cfd6
狭心症の検査はホルター心電図検査、運動負荷心電図検査や冠動脈CT検査が重要
狭心症の検査では、ホルター心電図(24時間心電図)を体に装着することによって、狭心症の症状が現れた際の心電図の変化を記録します。また、心電図を装着しながらベルトコンベアーの上を歩いたり、自転車を...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

狭心症の検査はホルター心電図検査、運動負荷心電図検査や冠動脈CT検査が重要

公開日 2018 年 04 月 20 日 | 更新日 2018 年 09 月 20 日

狭心症の検査はホルター心電図検査、運動負荷心電図検査や冠動脈CT検査が重要
我妻 賢司 先生

医療法人筑波記念会 筑波記念病院 つくばハートセンター センター長

我妻 賢司 先生

目次

狭心症の検査では、ホルター心電図(24時間心電図)を体に装着することによって、狭心症の症状が現れた際の心電図の変化を記録します。また、心電図を装着しながらベルトコンベアーの上を歩いたり、自転車を漕いで運動負荷中の心電図変化をみる運動負荷心電図が挙げられます。検査機器の技術の進歩により狭心症の診断が、患者さんにとって負担の少ない冠動脈CT検査でできるようにもなってきました。

今回は、筑波記念病院つくばハートセンターセンター長の我妻賢司先生に、狭心症の検査方法についてお話しを伺いました。

狭心症の検査とは

心電図

狭心症の主な検査は

  • 心電図検査
  • 超音波検査(エコー検査)
  • 心筋シンチグラム
  • 冠動脈CT検査
  • 心臓カテーテル検査

です。

心電図検査

心電図検査とは、体に電極を装着し、心臓の動きを電流でとらえ記録する検査です。狭心症の場合、症状が現れている際に心電図の検査を受けられるとは限りません。そのため、ホルター心電図(24時間心電図)を24時間体に装着し、いつ症状が現れても記録することができるようにします。

小さな電極と機械をベルトで体に固定するだけのため、装着しながら仕事をするなど普段通りの生活を送ることが可能です。また、運動負荷試験で心臓に負担をかけ、心電図の変化をみるという方法もあります。

(狭心症の詳しい症状については、記事1「狭心症の症状には再現性がある 特徴や発症しやすい方について」をご参照ください)

超音波検査(エコー検査)

超音波検査(エコー検査)をすることで、心臓の大きさや形をみることができ、心臓が正常にはたらいているのかを調べます。

心筋シンチグラム

心臓の筋肉(心筋)に取り込まれるアイソトープを点滴で投与して、特殊な機械で心筋への取り込み具合をみる検査です。薬剤の投与や、ベルトコンベアーの上を歩いたりすることにより心拍数を上げ、心臓に負荷をかけて負荷前後のアイソトープ取り込みの変化をみることにより狭心症の評価が可能です。

冠動脈CT検査

冠動脈CT検査とは、X線を使用して患者さんの体を撮影し、体内をコンピューターで立体的に表示する検査です。冠動脈CT検査を行うことで、心臓の血管の性質と状態を調べることができます。

(キャプション:冠動脈CT検査の画像)  (提供:我妻先生)
冠動脈CT検査の画像(提供:我妻先生)

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査とは、カテーテル(医療用の管)という管を血管のなかに挿入し、造影剤を用いてX線撮影装置により、血管の形状を調べる検査です。手首や足の付け根に局所麻酔をかけ、血管のなかにカテーテルを挿入します。そのため、出血や感染症などの合併症(ある病気や、手術や検査が原因となって起こる別の症状)が発生するリスクがあり、一般的には入院が必要な検査です。

狭心症の検査は患者さんの心身の負担が少ない方法になってきている

病院のベッドに横たわっている中高年の男性

2018年の現在から10年ほど前までは、心臓カテーテル検査だけが、狭心症の最終的な検査方法となっていました。先にも述べたように、心臓カテーテル検査は合併症(ある病気や、手術や検査が原因となって起こる別の症状)のリスクも少ないながらあるため、入院が必要な検査です。入院をし、カテーテル検査を実施した後、狭心症の診断がついたら、再度入院をして心臓カテーテル治療や冠動脈バイパス手術を受けることが一般的でした。

(狭心症の治療法について詳しくは、記事3「狭心症の治療方法は3種類存在する」をご参照ください)

しかし、ここ最近は冠動脈CT検査の性能が向上しています。心臓のような動く臓器に関しても画像のぶれが軽減されたことで、狭心症の正確な評価ができるようになりました。そのため、2018年現在では、患者さんにとって負担の少ない冠動脈CT検査で狭心症の診断をし、治療に進むことが可能になっています。
 

狭心症 (我妻 賢司 先生)の連載記事

1990年より心臓カテーテル検査、治療に携わり、以後、一貫して虚血性心疾患に対するPCIを専門とする。重症患者、複雑冠動脈病変に対する経橈骨動脈アプローチによるPCI(TRI)を得意とし、海外での治療経験、招請講演も多数

「狭心症」についての相談が26件あります

関連記事