新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

脱腸(鼠径ヘルニア)の手術前の検査

脱腸(鼠径ヘルニア)の手術前の検査
長濵 雄志 先生

国家公務員共済組合連合会 九段坂病院 外科部長

長濵 雄志 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

鼠径ヘルニアにはいくつかの種類が存在します。手術前に鼠径ヘルニアの要因や、どの種類なのかを検査で把握しておくと、手術を進めやすくなります。今回は、九段坂病院外科部長の長浜雄志先生に、鼠径ヘルニアの手術の種類や術前検査について、お話を伺いました。

(鼠径ヘルニアの種類については、記事1『脱腸(鼠径ヘルニア)の原因について』をご参照ください)

手術室

鼠径ヘルニアの手術には、鼠径部を切開する開腹手術と、腹腔鏡をお腹のなかに挿入する腹腔鏡手術の2種類があります。患者さんの状況や年齢を考慮しながら、適した手術を選択します。

かつては、ヘルニア嚢(伸びた腹膜)を縛り、ヘルニア門(腹壁が弱くなった部分)を縫い合わせる方法が主流でした。しかし、術後の再発防止のための研究が進んだ今日では、ヘルニア嚢をお腹へ戻し、ヘルニア門をメッシュ(人工の膜)で塞ぐ方法が一般的です。

腹腔鏡…腹部の表皮から腹部の内臓がおさまっている所に入れる内視鏡器具

鼠経ヘルニアの開腹手術では、患者さんの鼠径部を5センチほど切開して行います。開腹手術である鼠径部切開法は切り方によって、

  • 腹膜前修復法
  • 前方切開法

に区別されます。腹膜前修復法では腹膜と腹壁の間にメッシュを敷き詰め、前方切開法では皮膚と腹壁の間にメッシュを敷き詰めます。どちらも切開をした創部から各種の手術器具を使ってメッシュを広げます。

鼠径部切開法は全身麻酔や脊椎麻酔で行われることが大半ですが、局所麻酔で実施することが可能です。そのため、全身麻酔をかけることが難しい患者さんは、鼠径部切開法が選択されます。術後5センチほどの傷跡がつくため、感染症の予防は重要です。

腹腔鏡手術では鼠径部の切開は行わず、腹部に三か所の穴を開けるだけで実施できます。傷跡が小さくすむため、術後の痛みが少ないことや、モニターをみながら正確な場所にメッシュ(人工の膜)を当てられる特徴があります。ただし、腹腔鏡手術は基本的に全身麻酔が必要で、呼吸機能に問題のある患者さんなど、全身麻酔が難しいケースでは、鼠径部切開法が選択されます。

腹腔鏡手術
腹腔鏡手術

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術には、TEP法(腹膜外到達法)とTAPP法(腹腔内到達法)の2種類があります。

(TEP法とTAPP法について詳しくは、記事5『脱腸(鼠径ヘルニア)の治療法である腹腔鏡手術について』をご参照ください)

鼠径ヘルニアが疑われる患者さんが来られた場合、まずは視診(目でみて診断すること)と触診(触って診断すること)を行います。その後、本当に鼠径ヘルニアなのかどうかを確定するために、超音波検査やCT検査(エックス線を使って身体の断面を撮影する検査)を実施します。手術をスムーズに進めていくためには、どういった種類の鼠径ヘルニアで、先天性(生まれつき)・後天性(生まれつきではない)など、どのような要因で発症したのかということまで検査時に調べることが重要です。

笑顔でウォーキングをする高齢者

手術の前は、風邪をひかないようにするなど、体調を良好な状態に保ってください。運動制限や食事制限などは特に必要ありません。
 

受診について相談する
  • 国家公務員共済組合連合会 九段坂病院 外科部長

    長濵 雄志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「ヘルニア」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。