疾患啓発(スポンサード)

脱腸(鼠径ヘルニア)の治療法である腹腔鏡手術について

脱腸(鼠径ヘルニア)の治療法である腹腔鏡手術について
長濵 雄志 先生

国家公務員共済組合連合会 九段坂病院 外科部長

長濵 雄志 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

鼠径ヘルニアの手術には、鼠径部を切開する開腹手術と、お腹のなかに腹腔鏡を挿入する腹腔鏡手術が存在します。腹腔鏡手術は術後の傷跡が小さいため、感染症を起こすリスクが少ないなどの特徴があります。今回は、九段坂病院外科部長の長浜雄志先生に、鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の種類や術後の注意点などのお話を伺いました。

腹腔鏡…腹部の表皮から腹部の内臓がおさまっている所に入れる内視鏡器具

腹腔鏡手術とは?

腹腔鏡手術とは、お腹の3か所に5mm~10mmの穴を開け、鉗子(かんし)とカメラを挿入します。そして、テレビカメラでお腹のなかを確認しながら治療を行う手術です。

鉗子(かんし)…ものを引っ張ったり掴んだりするための器具

腹腔鏡手術の様子
腹腔鏡手術の様子

脱腸(鼠径ヘルニア)の腹腔鏡手術のメリットとデメリット

天秤

先にも述べたように腹腔鏡手術の場合、術後に残る傷跡は5mm~10mm程度の穴が3か所です。そのため、術後の痛みも少なく傷から感染症を起こすリスクも低いことがメリットです。一方、腹腔鏡手術は基本的に全身麻酔をかけて行います。そのため、全身麻酔をかけることが難しい患者さんの場合(呼吸機能に問題のある方など)には実施することができません。加えて、手術に時間がかかることや、治療がやや高額であるといったデメリットがあります。

脱腸(鼠径ヘルニア)の腹腔鏡手術の種類

鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術には

  • TAPP法(腹腔内到達法)
  • TEP法(腹膜外到達法)

があります。

TAPP法(腹腔内到達法)とは?

TAPP法とは、お腹のなかにカメラと鉗子を挿入しておなかを二酸化炭素で膨らませます。お腹の内側から伸びた腹膜を戻し、ヘルニア門をメッシュ(人工の膜)で塞ぐ方法です。TAPP法は、鼠径ヘルニアが発生している部分をカメラで直接みられるという特徴があります。TEP法と比べてヘルニアの出ている箇所がわかりやすいという利点がありますが、癒着などおなかの中の状況により手術操作が影響を受けます。

TEP法(腹膜外到達法)とは?

TEP法とは、腹壁と腹膜の間にカメラ、鉗子を挿入し、二酸化炭素で膨らませた後、伸びた腹膜を戻し、ヘルニア門をメッシュで塞ぐ方法です。お腹のなかにカメラと鉗子を入れずに手術をするため、おなかの中の状況に影響を受ける危険性が低くなります。

腹壁瘢痕(ふくへきはんこん)ヘルニアに対する腹腔鏡手術

大腸がんや腹膜炎などのお腹の手術をした後の腹壁は、通常の組織と比較すると弱くなります。そのため、お腹の手術をした場所がヘルニア門となり、腸などの内臓が出たり入ったりすることがあります。このようなヘルニアを腹壁瘢痕ヘルニアといいます。腹壁瘢痕ヘルニアは、おなかの手術を実施した患者さんの2~11%に発生すると報告されています*。

1Santora TA,Roslyn JJ:Incisional hernia.Surg Clin NorthAm 1993;73:557-570

腹壁瘢痕ヘルニアの腹腔鏡手術の種類

腹壁瘢痕ヘルニアの手術は今まで開腹手術が主流でした。しかし、メッシュをしっかりと敷き詰めるためには大きく切開する必要があることなどから、腹壁瘢痕ヘルニアでも腹腔鏡手術が行われるようになりました。腹壁瘢痕ヘルニアに対する腹腔鏡手術の種類は、

  • IPOM法
  • IPOM-Plus法
  • Rives-Stoppa法

などが行われています。

Rives-Stoppa法とは?

Rives-Stoppa法は、腹腔鏡を挿入し、鼠径ヘルニアの腹腔鏡手術の1種であるTEP法と同じ方法で手術を行います。腹壁と腹壁を剥がして空間をつくり、できた空間にメッシュを敷き詰めます。メッシュは腹膜で押さえつけられるので、術後もあまりずれることはありません。また、体にとって異物であるメッシュをお腹のなかに入れずに済みます。

欧米ではRives-Stoppa法が主流になっています。しかし、高度な技術が求められるため、日本で実施している施設はあまり多くないと思われます。

脱腸(鼠径ヘルニア)の術後の合併症

病院のベッドで寝ている高齢の男性

脱腸(鼠径ヘルニア)の術後に起こりえる合併症(ある病気や、手術や検査が原因となって起こる別の症状)は、

  • 感染
  • 疼痛(痛むこと)
  • 鼠径ヘルニアの再発
  • 漿液腫(しょうえきしゅ)
  • 血腫

などがあります。

感染

傷跡からの感染と、ヘルニア門を閉鎖するために入れたメッシュから感染症を起こすことがあります。糖尿病を患っているなど、感染症を起こしやすいと思われる患者さんは注意が必要です。

疼痛

腹腔鏡手術直後は、手術の傷の痛みが残る場合があります。しかし、こういった痛みは時間と共に消えていきます。また、まれではありますが、術後時間が経過してからメッシュを止めた箇所が痛むという患者さんもいます。

鼠径ヘルニアの再発

まれではありますが、鼠径ヘルニアが再発することがあります。再発した際は、再手術を実施します。

漿液腫

漿液腫とは、太腿の付け根の部分に体液が溜まり、「しこり」や「こぶ」ができた状態のことです。鼠径ヘルニアの手術の際、組織と組織の間に生じた隙間などに液がたまり、膨らみが発生することがあります。小さな膨らみの場合は、自然に縮小していきます。しかし、膨らみが大きくなっていく場合や痛みが強い場合には、穿刺吸引(注射器で体液を抜く治療)を行うこともあります。

血腫

血腫とは、組織のなかに血液が溜まった状態のことです。鼠径ヘルニアの術後、まれに再出血を起こし、傷の内側に血液が溜まってしまうことがあります。血腫が大きい場合は、穿刺吸引処置や様々な止血処置を行います。

脱腸(鼠径ヘルニア)の術後の注意点

鼠径ヘルニアの術後の日常生活において、運動制限などは特にありません。普段通りの生活が送れます。ただし、鼠径部に強い腹圧がかかり痛むような運動は避けてください。

脱腸(鼠径ヘルニア)は患者さん一人ひとりに適した治療が大切

長浜雄志先生

鼠径ヘルニアの大きな原因は、加齢により組織が弱くなることです。そのため、人間の寿命が延びるにつれ、必然的に鼠径ヘルニアの患者さんは増加傾向にあります。

鼠径部に違和感や痛み、膨らみがある場合は早めに検査をうけましょう。そして、鼠径ヘルニアだった場合は、患者さんの体の状態や鼠径ヘルニアの種類を鑑別し、一人ひとりに適した治療を受けることが大切です。