疾患啓発(スポンサード)

乳がん検診 検診内容とメリット・デメリットについて

乳がん検診 検診内容とメリット・デメリットについて
独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院 乳腺外科部長 千島 隆司 先生

独立行政法人 労働者健康安全機構 横浜労災病院 乳腺外科部長

千島 隆司 先生

中央放射線部 主任診療放射線技師 佐野 美也子 さん

中央放射線部 主任診療放射線技師

佐野 美也子 さん

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乳がんにかかる患者さんは年々増加傾向にあり、乳がん検診の需要は高まっています。乳がん検診を受けることで、がんの早期発見などの有用性がある一方で、乳がん検診の不利益についてもきちんと知っておくことが大切です。今回は独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院乳腺外科部長である千島隆司先生と、同病院診療放射線技師主任である佐野美也子さんに乳がん検診についてお話を伺いました。

乳がん検診の適応年齢

胸

40歳以上に推奨

乳がん検診は、一般的に40歳以上の女性に推奨されています。乳がん検診には、自治体が行う対策型検診と人間ドッグなど任意で行う任意型検診があり、対策型検診では一般的にマンモグラフィを行います。

40歳以上に推奨されている理由は、日本では40歳以上で乳がんの発生率が上昇することと、40歳未満の女性は乳腺が発達していて、マンモグラフィでは乳腺とがん組織の区別がしづらいためです。ただし、40歳未満の女性でも日頃からセルフチェック(自己触診)を行うことは大切です。

(セルフチェックの方法は記事2『胸のしこり、乳がんの可能性は?』をご覧ください。)

乳がん検診の頻度

2年に1度を目安に

乳がん検診は2年に1度の頻度を目安に受けていただくことが推奨されています。過剰に乳がん検診を受けることで、後述するいくつかの不利益を生じることもありますので、2年ごとの検査をお勧めします。

乳がん検診の内容

佐野さん・植村さん

横浜労災病院で行う乳がん検診(横浜市の対策型検診)では、視触診とマンモグラフィを行います。

視触診

乳がん検診では、まず視触診を行います。視触診では、乳房のしこりや変形(くぼみなど)などの有無を、目でみたり手で触ったりして確認をします。

マンモグラフィ

マンモグラフィー

マンモグラフィ検査は、乳房を板で圧迫して、薄く引き伸ばしてレントゲン撮影する検査です。撮影方法は2種類で、乳房を内側から斜めに挟むMLO方向と、乳房を真上から挟むCC方向があります。通常40代の方は、MLO方向とCC方向の2方向、50代以上の方はMLO方向の1方向でマンモグラフィを行います。40代の方は乳腺量が多くMLO方向だけでは見落としが懸念されるため、2方向からの撮影を行います。

マンモグラフィでみなさんがよく心配されるのは、乳房を挟むときの痛みです。痛みについては個人差があり、少しの圧迫で痛みを感じる方もいれば、あまり痛みを感じない方もいらっしゃいます。

また、可能であれば月経開始1週間〜10日後あたりに受けていただくことをおすすめします。これは、月経前よりも月経後のほうが乳房は柔らかいので、触ったときに異常に気づきやすいことと、マンモグラフィによる痛みも軽減されるためです。

乳がん検診にかかる時間

当院でマンモグラフィを行う場合、検査着への着替え、画像撮影、検査終了まででおよそ10〜15分です。マンモグラフィでの圧迫そのものは数十秒で終了します。

乳がん検診の料金

対策型の乳がん検診の場合、自治体ごとに検診の料金は異なります。自治体によっては検診対象者に無料クーポン券を配布しているところもありますので、お住まいの地域のホームページなどで確認してみてください。

乳がん検診の再検査

カテゴリー3以上で再検査

日本乳がん検診精度管理中央機構(精中機構)では、乳がん検診の結果を以下のようなカテゴリーに分類しています。

<カテゴリー分類>

カテゴリー1:異常なし

カテゴリー2:良性病変のみ

カテゴリー3:がんを否定できず(がんの確率は2〜10%)

カテゴリー4:がん疑い(がんの確率は30〜50%)

カテゴリー5:マンモグラフィ上はがん(がんの確率はほぼ100%) 

乳がんが疑われるのはカテゴリー3以上で、本当にがんかどうかを確かめるための再検査を行う必要があります。

再検査の内容-細胞診や組織診はどのような場合に行う?

病院で病理検査を行う前に、まずは本当に追加検査を行う必要があるのかどうかを確かめます。特にカテゴリー3の場合は、実際に病気がなくとも、マンモグラフィでは影(病変)のように写ってしまう場合も少なくありません。

そのため、もう一度マンモグラフィや超音波検査、MRI検査(磁気を使い、体の断面を写す検査)などの画像診断を行い、がんが疑われる病変が確認できたときに病理検査を行います。

病理検査は実際に病変の一部を採取して、良性か悪性かを顕微鏡で調べる検査で、組織診や細胞診があります。いずれの検査方法も、針で刺したり皮膚を切開したりするため、患者さんに身体的負担がかかります。

乳がん検診の問題点

偽陽性や過剰診断が問題になることも

乳がん検診を受けることは、乳がんの早期発見のために非常に重要です。しかし、一方で乳がん検診による偽陽性(ぎようせい)や過剰診断の問題についても十分に考慮する必要があります。

偽陽性とは、乳がん検診でがんが疑われたにもかかわらず、精密検査(病理検査)の結果はがんではないと診断されることです。不必要な病理検査を受けることによる身体的負担や心理的負担、また経済的負担や時間的負担など多くの問題が生じる可能性もあります。

過剰診断とは、命にかかわらないがんを発見することです。がんのなかには、すぐに治療をしなくてもよいものや、10年以上放置していても問題のないがんもあります。しかし、このようながんを診断することで、不必要な手術を受けたり、患者さんが必要以上に不安な気持ちになったりすることがあります。

このような問題もあり、欧米諸国では、乳がん検診は本当に必要なのかという議論がされています。実際にスイスでは乳がん検診の廃止も提言されています。

しかしながら、乳がん検診は乳がんの早期発見に有用であることは間違いありません。ただし、不利益が生じる可能性もありますので、不必要な検診を受けるのではなく、推奨された年齢・頻度で受けるようにしましょう。

乳がん検診における超音波検査(エコー)の有効性

早期発見できる一方で、偽陽性も増加

近年、乳がん検診で超音波検査(エコー)を併用することの有効性について議論されています。これを検証するために、東北大学を中心に、2007年から2011年にかけて「J-START」という試験が行われました。試験では40代の女性を対象に、マンモグラフィだけを行ったグループと、マンモグラフィと超音波検査を併用したグループに分けて検証を行いました。

2015年に最初の結果が発表され、乳がん検診で超音波検査を併用したほうが、早期発見率が約1.5倍上昇することがわかりました。しかし、一方で偽陽性がでる確率も上昇し、それに伴い不必要な病理検査を行う数も増加しました。この試験から、超音波検査で確かに乳がんを早期発見できる確率が高くなりますが、不利益が生じる可能性についても明らかであり、乳がん検診における超音波検査の併用については十分に検討していく必要があるといえます。

これからの乳がん検診

千島隆司先生

ここまで述べてきたように、乳がん検診にはメリットとデメリットがあり、多くの課題もあります。

そこで、国立がん研究センターでは、血液検査で乳がんを早期発見するための研究を行っています。この研究は、がん細胞が「マイクロRNA」という物質を分泌していることに着目し、血液中のマイクロRNA を調べることで乳がんを診断する方法です。

この研究で有効性が証明されれば、乳がん検診に血液検査を導入することができるかもしれません。血液検査で乳がんが疑われる方が、マンモグラフィや超音波検査などを行うことで、乳がん検診を効率的に行うことができるのではないかと考えています。