新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

大動脈弁狭窄症とは?―心臓の構造と症状について

大動脈弁狭窄症とは?―心臓の構造と症状について
岩切 直樹 先生

社会医療法人孝仁会 北海道大野記念病院 主任医長

岩切 直樹 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

大動脈弁狭窄症とは、心臓の病気である「弁膜症」の1種です。心臓は血液を全身に送るポンプのような役割をしており、血液の逆流を防ぐために「弁」というドアのようなものを複数持っています。大動脈弁狭窄症はこの弁の1つ「大動脈弁」が機能しなくなり、血流が悪くなることで、息切れや失神、突然死などの症状が現れる病気です。

今回は大動脈弁狭窄症の概要とその症状について北海道大野記念病院 循環器内科 主任医長の岩切 直樹先生にお話を伺いました。

心臓

心臓は筋肉が卵型に丸まったような形状をした臓器です。心臓のなかは空洞で、血液が循環しています。心臓は筋肉が伸びたり縮んだりすることによって、血液を全身に送り込むポンプのような役割を持っています。

心臓の内部は4つの部屋に分かれており、それぞれの部屋の出入り口にドアのようなものが付いています。このドアのようなものを「弁」といい、それが血液の逆流を防ぐ役割をします。

<心臓の4つの部屋>

  • 右心房
  • 左心房
  • 右心室
  • 左心室

<4つの部屋を区切る弁>

  • 大動脈弁
  • 僧帽弁
  • 肺動脈弁
  • 三尖弁

心臓の内部

大動脈弁狭窄症は、この4つの部屋を区切る弁の1つである「大動脈弁」の開きが悪くなってしまい、血液の循環に支障をきたすことで、さまざまな症状があらわれる病気です。重症になると命にかかわることもあります。

また、大動脈弁狭窄症は「弁膜症」と呼ばれる心臓の病気の1つに分類されます。弁膜症については当院副院長の大川先生による記事『弁膜症の原因―先天性・後天性の原因からなる弁膜症』をご覧ください。

胸を押さえる人

大動脈弁狭窄症はこれといった特徴的な症状がありません。いわゆる「慢性心不全」のような症状があらわれます。慢性心不全とは、心筋梗塞不整脈などでも起こる症状で、具体的には以下のような症状が想定されます。

<大動脈弁狭窄症でみられる慢性心不全の症状>

  • 疲れやすい、息切れがしやすい
  • 少し動いただけで胸が圧迫されたように感じる
  • 失神(激しい運動のあとに気を失う) など

慢性心不全の症状は失神を除いて、加齢による老化現象と勘違いされるような特徴を持っています。そのため、慢性心不全の症状を表す病気は、気づきにくい方も多いといえます。

また大動脈弁狭窄症にかかり、症状があるのに無理をしたりすると、突然死に至ってしまう恐れがあります。大動脈弁狭窄症は、弁膜症のなかでももっとも突然死の確率が高い病気です。そのため上記のような症状を感じたら、一度病院を受診することをおすすめします。

大動脈弁狭窄症の症状が出るタイミングは、その人の基礎体力などにもよるので、人によってそれぞれです。しかし、多くの場合で初期症状はなく、中等症以上に進行してしまっている方に症状があらわれます。症状を感じて病院を受診した段階で、既に治療が必要な患者さんも多くいます。 

また一方で、症状が全くないのに、健康診断などの検査で大動脈弁狭窄症が発見されるケースもあります。

超音波検査

大動脈弁狭窄症を疑われたらまず受けていただく検査が、心臓の超音波検査(心エコー)です。超音波検査とは、超音波を対象物に当て、その反響を使って内部の様子をみる検査です。大規模な健康診断などで行われる腹部臓器(肝臓・胆嚢・膵臓など)の超音波検査であれば、受けたことのある方も多いのではないでしょうか。

大動脈弁狭窄症にこの検査を用いるメリットは、まず短時間に傷などを作らず心臓を調べることができるため、患者さんの負担が少ないことです。次に、うまく検査を行えば病気の有無だけでなく、その重症度も調べることができるところもメリットであるといえます。

聴診器

大動脈弁狭窄症を診断するにあたってメリットの多い心臓の超音波検査ですが、この検査ができる病院が少ないことや、高い技術が必要になることから、すぐに検査を受けられないケースもあります。

そのため、開業医の先生による聴診も非常に大切です。大動脈弁狭窄症は聴診によって疑いを持つことができます。違った理由でクリニックにかかった際に、開業医の先生が心音の異変に気づき、心臓の超音波検査が可能な病院へ紹介してくださることもしばしばあります。
 

受診について相談する
  • 北海道大野記念病院 循環器内科 主任医長

    岩切 直樹 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「大動脈弁狭窄症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。