S414x232 04618e95 9f48 4374 8c16 1a061bfde1bc

ニュース(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 04618e95 9f48 4374 8c16 1a061bfde1bc
病院総合医を目指す医師に聞く、JCHO東京新宿メディカルセンターにおけ...
JCHO(ジェイコー:独立行政法人地域医療機能推進機構)では、2017年度より病院総合医育成のための「JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム」を開始しています。本記事では当...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 05 月 08 日
更新日 : 2018 年 08 月 10 日

病院総合医を目指す医師に聞く、JCHO東京新宿メディカルセンターにおける病院総合医育成プログラムについて

目次

JCHO(ジェイコー:独立行政法人地域医療機能推進機構)では、2017年度より病院総合医育成のための「JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム」を開始しています。

本記事では当プログラムの第1期生である長原先生に、病院総合医を目指す理由や実際の研修内容、今後の目標などについてお話を伺いました。

病院総合医を目指したきっかけ

私は病院総合医を目指すまで、呼吸器内科医として勤務していました。医学部生の頃から疾患領域に捉われずに診療をしたいという思いが強く、呼吸器内科であれば一般的な風邪から、がんやアレルギー、感染症、集中治療と幅広い疾患分野の診療ができると思ったためです。

初期研修を終え後期研修医に進み、やはり呼吸器内科は幅広い疾患分野で全身をみることができる魅力的な専門領域で、やりがいも強く感じておりましたが、どうしても臓器に縛られて診療をしている自分がいる気がしていました。後期研修を終え、1年間臨床を離れ、臨床を外から見る機会があり、再び臨床に戻る際にまた一から幅広く医療を勉強しようと考え、当プログラムへの参加を決意しました。

JCHO東京新宿メディカルセンターを選んだ理由

研修先にJCHO東京新宿メディカルセンターを選んだ理由は、自分が目指すべき総合診療を学ぶことができると感じたからです。

病院総合医といっても、今の日本にはさまざまな立場の先生がいます。たとえば、離島やへき地での診療やプライマリ・ケアを中心にしている医師、総合内科・総合診療科として勤務している医師や、専門診療科のバックグランドを持ちながら専門医療を提供する総合病院で病院総合医としての力を発揮している医師などです。

私は呼吸器内科というバックグランドがあります。JCHO東京新宿メディカルセンターには各診療科の専門医からなる「総合診療チーム(通称:チームG)」があり、各専門領域を持つ医師たちで症例を共有し患者さんの診療に臨んでおります。このような場に身をおくことで、患者さんをあらゆる専門医の視点から多角的にみつつ、色々な角度から出てくる意見を統合し、患者さんに最適な方針を導くという経験を積むことができると感じ、この病院を研修先として選びました。

「メディカルノート編集部」の記事も、医師監修のもと提供させていただいております。