疾患啓発(スポンサード)

弁膜症の原因―先天性・後天性の原因からなる弁膜症

弁膜症の原因―先天性・後天性の原因からなる弁膜症
社会医療法人 孝仁会 北海道大野記念病院 院長・心臓血管センター長 大川  洋平 先生

社会医療法人 孝仁会 北海道大野記念病院 院長・心臓血管センター長

大川 洋平 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

弁膜症とは、心臓の弁という部分が機能しなくなり、血液の循環がスムーズに行えなくなる病気です。弁膜症にはさまざまな種類があり、種類により原因は異なりますが、大きくは先天性(生まれつき)と後天性(生まれつきでない)に区別することができます。

先天性の弁膜症は生まれつき心臓の弁の形状が異なるもので、子供のうちに症状が出ることもあれば、大人になってから症状が現れることもあります。一方、後天性の弁膜症は組織変性*1、加齢による動脈硬化*2や溶連菌感染症によるリウマチ熱を原因とするものです。

今回は弁膜症の種類と原因について、北海道大野記念病院 院長・心臓血管外科・心臓血管センター長の大川洋平先生にお話を伺いました。

1動脈硬化……加齢などにより、血管のしなやかさが失われ固くなること

2変性……細胞や組織が変化すること

心臓の構造と弁膜症

心臓

4つの部屋を仕切る「弁」に生じる病気

心臓は筋肉が袋状になった形状をしており、その筋肉が伸縮することによって血液を全身に送るポンプのような役割をしています。心臓のなかは4つの部屋に分かれていて、それぞれの部屋の出口には「弁」と呼ばれるドアのようなものが付いています。弁は血液をスムーズに送り、逆流を防ぐ役割を持っています。この弁は血液を送るときに開き、出ていった血液が逆流しないよう、血液を送りきったときに閉じる仕組みになっています。

心臓の構造

弁膜症とは

弁膜症は、この心臓の弁が何らかの理由でうまく機能しなくなり、血液の循環がスムーズに行えなくなる病気です。特に、弁の開きが悪くなり、血液がうまく送れなくなる病気を「狭窄症」、弁がうまく閉じなくなり、送り出した血液が逆流してしまう病気を「閉鎖不全症」または「逆流症」といいます。また、狭窄症と閉鎖不全症が同時に起きることもあります。

弁膜症の種類

大動脈弁・僧帽弁の狭窄症には治療が必要

心臓には部屋ごとに4つの弁があり、弁膜症はすべての弁に起こる可能性があります。なかでも症状があらわれ、治療が必要となる主な弁は「大動脈弁」と「僧帽弁」です。

肺動脈弁と大動脈弁

<治療が必要となる主な弁膜症の種類>

心臓弁膜症の患者さんは高齢化社会とともに年々増加しており、推計でおよそ200〜300万人いるとされています1)。これらの病気のうち、患者数が多いものの1つに大動脈弁狭窄症があります。この病気は、さまざまな原因によってかかりますが、なかでも大きな原因は加齢による動脈硬化に伴って、大動脈弁が硬化してしまうことです。大動脈弁狭窄症については同院 循環器内科の岩切直樹先生の記事『大動脈弁狭窄症とは?―心臓の構造と症状について』も併せてご覧ください。

また病気によっては、かかりやすい人の特徴がわかっているものもあります。たとえば、大動脈弁閉鎖不全症は、染色体異常が原因でおこる「マルファン症候群」の患者さんが二次的にかかることがあります。また、僧帽弁狭窄症は溶連菌感染症によるリウマチ熱によってかかる方が多いといわれています。しかし、昨今では抗菌薬の発達で溶連菌感染症を迅速に治療できるようになったため、リウマチ熱が原因で僧帽弁狭窄症にかかる患者数は徐々に少なくなってきているといわれています。

1)Vuyisile T Nkomo, et al. Burden of valvular heart diseases: a population-based study. The Lancet. 368, p1005–10112006.の米国における弁膜症有病率を、日本の18歳以上の人口に適用して算出した推定数

動脈硬化……加齢などにより、血管のしなやかさが失われ固くなること

患者さんの男女比

また弁膜症の患者さんの男女比は、病気によっても差があります。2010年の「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」によれば、以下のことが明らかになっています。

<弁膜症の男女比>

  • 大動脈弁狭窄症……発症頻度は男性の方が高いが、75歳以上の高齢者では女性の方が発症頻度は高い。
  • 大動脈弁閉鎖不全症……発症頻度は男性の方が高い。
  • 僧帽弁狭窄症……患者数は女性の方が多い。

別の弁膜症を合併する可能性

以上4つの病気に加え、三尖弁閉鎖不全症も注意が必要な病気です。この病気は、単独でかかることは少ないですが、大動脈弁や僧帽弁の弁膜症によって心臓内の血圧が高まると、二次的に起きることがあります。

弁膜症の主な原因は?

先天性と後天性に分けられる

弁膜症はさまざまな原因から起こります。どの弁膜症も、原因を大きく先天性(うまれつき)と後天性(生まれつきでない)に分けることができます。

先天性の弁膜症

赤ちゃん

先天性の弁膜症は、多くが弁や組織の生まれつきの奇形からなるものです。たとえば大動脈弁の場合、通常は弁尖(弁の先端)が3つに分かれていますが、一定の確率で2つや1つで生まれてくる方もいます。このような方は成人になってから弁膜症にかかってしまうことがあります。

同様に僧帽弁でも、弁がうまく形成できず解剖学的異常のために閉鎖不全症にかかる方がいます。

僧帽弁の構造

このような先天性の弁膜症は、後天性の弁膜症と比較して発症年齢が若く、50歳前後でかかる方もいます。

後天性の弁膜症

高齢者

後天性の弁膜症は、たとえば下記のようなものが原因としてあげられます。

  • 組織変性
  • 加齢による動脈硬化
  • 溶連菌感染症によるリウマチ熱
  • 細菌に感染したことによる細菌性心内膜炎
  • 虚血性

前述の通り、加齢による動脈硬化で特にかかりやすいのは、大動脈弁狭窄症です。また、溶連菌感染症によるリウマチ熱は僧帽弁狭窄症を引き起こしやすいといわれています。

細菌性心内膜炎は、細菌が弁に付着することによって生じる病気です。細菌によって弁の機能が破壊され、弁膜症を引き起こすことがあります。この病気は、高齢者に多くみられるという特徴があります。

原因を特定できないことも

弁膜症は手術治療を行う場合、機能しなくなった弁を切除することがあります。それを病理検査に出して原因を追求することもありますが、一方でこの検査をしても必ずしも原因を特定できるわけではありません。

また、手術治療を行わない場合は、原因をあえて特定しないことがほとんどです。