編集部記事

【医師監修】麻疹の抗体検査はどんな検査?検査の内容や費用を解説

【医師監修】麻疹の抗体検査はどんな検査?検査の内容や費用を解説
 [医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

麻疹ウイルスに感染し発症する麻疹は、予防接種を受ければ感染・発症の予防になります。ただ、体内に抗体を持つ方はワクチンの再接種は必要ありません。みなさんは、自身が麻疹ウイルスの抗体を持っているかご存じでしょうか。「自分の体に麻疹ウイルスの抗体があるかどうかはどうやって調べるの?」「麻疹の抗体検査って何をするの?」など、麻疹の抗体検査について解説します。

麻疹の抗体検査ってどんな検査?

検査の概要

これまでに麻疹に感染したことのある方や、子どものころに麻疹の予防接種を2回受けるなどして体に抗体が十分に残っている場合、追加で予防接種を受ける必要はありません。この場合、罹患歴が明確に分かる記録や、接種歴の記録などで判断されますが、それらが無い場合記憶に頼らず抗体の有無を調べる検査を行わなければなりません。

抗体検査にはPA法、EIA法-IgG、NT法、HI法と、さまざまな種類があります。

現在多くの医療機関において、抗体検査にはPA法とEIA法-IgGが用いられています。NT法は非常に複雑な検査であり時間もかかることから、抗体検査には不向きであると言われています。また、HI法に関しても、EIA法-IgGやPA法と比較して感度が低いため、抗体検査には推奨されていません。

抗体検査の内容や方法は?

全てにおいて血清で検査を行うため、採血が必要になります。

EIA法では抗体価が16.0以上で陽性と判断されます。PA法では「16倍」「32倍」などと評価され、256倍以上で陽性と判断されます。麻疹ウイルスの抗体を保有している成人の平均抗体価は、PA法で512倍~1024倍と言われています。

陽性以外の方は麻疹ウイルスに対する免疫能が低いと考えられるため、予防接種が推奨されます。

抗体検査の時間はどれくらいかかる?

抗体検査自体は採血によるものですので、採血を行うにあたっての医師の診察と採血で済むため、それほど時間はかからないところが多いでしょう。

抗体検査の結果はいつでる?

結果の通知までは平均して1週間前後かかるところが多いようです。急な渡航で時間的余裕がないなど、急ぎの場合は相談に応じてくれる場合もあるようですので、医療機関へお問い合わせください。

麻疹の抗体検査にかかる費用

費用の目安は?

麻疹の抗体検査は自由診療にあたるため、健康保険が使えず自費で支払う必要があります。費用としては3,000円前後のケースから、5,000円を超えるケースまで見受けられます。検査内容も、麻疹単独の検査から風疹、おたふくかぜ、水痘など複数種の抗体検査を同時に受けられるケースもあるようです。

また、検査方法によっても費用に違いが生じます。EIA法に比べ、PA法の方が比較的費用は抑えられるようです。

麻疹の抗体検査はどこで受けられる?

多くは内科や小児科、総合病院、地域の保健所(保険センター)などで受けることができます。中には予約制のところもあるため、あらかじめホームページや電話で確認しておいた方がよいでしょう。

妊娠中の麻疹の抗体検査

妊娠中でも抗体検査は受けられる?

妊娠中でも抗体検査は受けることが可能です。ただし、妊娠中に抗体が少ないと判明しても、妊娠中は予防接種を受けることはできません。

妊娠中に麻疹が流行した場合、感染のリスクにさらされます。妊娠中に麻疹に感染すると流産や早産の確率が上がり、免疫の低い状態と言える妊婦自身も重症化しやすいと言われています。妊娠中に麻疹の感染リスクにさらされないためにも、妊娠前に抗体検査を受け、必要であれば予防接種を受けておくことが大切です。なお、予防接種を受けた後は2か月間避妊が必要です。

妊娠中の抗体検査にリスクはある?

抗体検査は採血によって行われます。子宮頸がん検診のように直接子宮またはその周辺に刺激を与えるようなものではないため、妊娠中の抗体検査によるリスクはあまりないと考えられています。

まずは麻疹の抗体検査を受けてみよう

子どもの頃に受ける予防接種はたくさんあります。麻疹の予防接種は一度しか受けていなかった気がする、昔感染した記憶があるけれど麻疹だったかどうかよく覚えていない、など、ご自身が麻疹の抗体をしっかりと持っているかどうかが分からない方は、まず抗体検査を受けることが推奨されます。

麻疹予防接種の記録がない方や、麻疹の流行が懸念されるとき、麻疹の流行国や地域へ渡航予定のあるとき、医療従事者、学校関係者、妊婦や予防接種を受けられない人がいる家族など、麻疹の感染に不安をお持ちの方はまず抗体検査を受け、ご自身の抗体価を知ったうえで追加の予防接種をご検討ください。