編集部記事

【医師監修】指の腱鞘炎である「ばね指」の原因や治療法

【医師監修】指の腱鞘炎である「ばね指」の原因や治療法
[医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

「最近、指が動かしにくい」「指を動かすと痛みが走る」「朝、指がこわばる」といった症状があると、それは指の腱鞘炎かもしれません。指を曲げる屈筋腱(くっきんけん)腱鞘炎は「ばね指」とも呼ばれ、痛みによって生活に支障をきたすこともあります。今回は、指の腱鞘炎である「ばね指」について原因や対処法、病院での治療方法を紹介します。

腱鞘炎は指でも起こる?その症状は?

指も腱鞘炎になるの?

指も腱鞘炎になることがあります。手首と同様に、指の付け根にも腱鞘(けんしょう)と呼ばれる部分があり、指の腱の動きを制動しています。この腱と腱鞘との間に通過障害が生じにることで、指の痛みや腫れなどが生じます。

指の腱鞘炎(ばね指)でみられる症状

ばね指では、指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなります。症状が進行すると「ばね現象」といって、指を伸ばすときに途中で引っかかり、それ以上動かそうとするとばねのように急に戻る症状が出現します。

また、指の付け根の痛みや腫れ、熱感が生じます。これらの症状は朝方に強く、指を使うと徐々に軽くなります。

無理をして動かしていると、さらに炎症が進んで症状がひどくなり、指を動かせなくなることもあります。

どの指に症状が起きる?

親指や中指に症状が起きやすいといわれています。人差し指、薬指、小指にも起きることがあります。

指の腱鞘炎(ばね指)が起こる原因は?

更年期以降の女性、手をよく使う仕事の人などに起きやすい

ばね指は、更年期の女性や妊娠・出産の時期の女性、スポーツをしている人、手の使いすぎなどにより起こります。糖尿病やリウマチなどの病気の人にも起きます。

腱鞘炎で指が痛い場合の対処法 

ストレッチ

ばね指になった場合は指が曲がって固まってしまうことがあります。指を反り返すようにストレッチすることで症状が改善することがあります。

湿布

腱鞘炎は腱鞘に炎症が起きることで痛みなどの症状が生じます。そのため、軽症の場合は炎症や痛みの緩和のために、湿布を使用して様子をみる場合もあります。

指の腱鞘炎になった場合に病院で行う治療方法

主な治療方法

ばね指になった場合は、まず手術を行わずに薬や注射などの保存療法を行い、症状を和らげます。ここでは、病院で行われる治療方法を紹介します。

薬物療法

軟膏や湿布などの外用薬や、消炎鎮痛剤を使うことで、痛みや炎症を抑えます。

注射

症状が強い場合はステロイドを腱鞘内へ注射します。ステロイドの中でもトリアムシノロンと呼ばれる種類の薬剤の注射が特に有効とされています。

手術

再発を繰り返す、なかなか症状がよくならない場合は、手術を行うこともあります。

手術は腱鞘切開(けんしょうせっかい)という方法を行い、引っかかりが生じている腱鞘を開いて、腱の通りを良くします。切開するのは腱鞘の一部分なので、傷は小さくて済みます。