編集部記事

【医師監修】手首が腱鞘炎になったときの治療法や対処法

【医師監修】手首が腱鞘炎になったときの治療法や対処法
[医師監修] メディカルノート編集部

[医師監修] メディカルノート編集部

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

「手を使うと手首に痛みが起こる」という症状が現れた場合、腱鞘炎(けんしょうえん)を疑ったことはありませんか。腱鞘炎は手指をよく使う人に起こりやすいとされ、病院で治療することができます。この記事では、手首に起こる腱鞘炎の対処法・治療法について解説します。

腱鞘炎が手首に起こる理由は?

腱鞘炎では、手指の使いすぎ、および加齢や糖尿病などが原因で、指を動かすと手首に痛みが起こったり、指をスムーズに動かせなくなったりする症状がでます。

「腱鞘」とは、腕から指まで束状に何本も通っている「(けん)」を、束ねるトンネル状の構造です。腱鞘炎は、この腱鞘と腱の間で炎症を起こした状態であるとされます。

手首の親指側が痛む腱鞘炎は、ドケルバン病と呼ばれます。

手首の腱鞘炎は、手をよく使う仕事をする人に起こりやすいとされています。そのほか、スポーツをしている人や、更年期の女性、妊娠や出産をした女性にも多いといわれています。

腱鞘炎が手首に起こった場合の対処法・治療法は?

腱鞘炎が手首に起こった場合の対処法・治療法には、病院へ行く方法とセルフケアの2つがあります。

病院へ行く

腱鞘炎は、病院で適切な処置を行うことで、早期の回復を目指すことができます。病院は、整形外科を受診しましょう。

病院では、まず腫れや痛みを抑える治療が行われます。軟膏や湿布などの外用剤や、ステロイド注射などが使用されます。

また、症状が重い場合や症状を繰り返す場合には、手術が行われることもあります。手術では、手首を1~2センチ切開し、腱鞘を一部切開することによってトンネルを広げ、腱の通りを良くします。通常、日帰りから1泊程度で手術ができ、手術の当日から指の運動は可能とされます。

セルフケア

腱鞘炎のセルフケアでは、痛む箇所を不用意に動かさないことが大切です。無意識に手指を動かしてしまうことを防ぐため、サポーターやテーピングなどをしてもよいでしょう。