【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 95c3f458 fc5c 4b49 8485 b7860d64d8e0
大腸がんの検査とは 大腸内視鏡検査について解説
大腸がんの検査には、さまざまな種類が存在します。そのなかでも重要な検査は、患者さんの肛門から内視鏡*を挿入する「大腸内視鏡検査」です。今回は、大腸がんの検査の種類や大腸内視鏡検査の方法について、...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

大腸がんの検査とは 大腸内視鏡検査について解説

公開日 2018 年 08 月 28 日 | 更新日 2018 年 09 月 25 日

大腸がんの検査とは 大腸内視鏡検査について解説
渡邉  東 先生

医療法人愛仁会 亀田第一病院 消化器内科部長

渡邉 東 先生

目次

大腸がんの検査には、さまざまな種類が存在します。そのなかでも重要な検査は、患者さんの肛門から内視鏡を挿入する「大腸内視鏡検査」です。

今回は、大腸がんの検査の種類や大腸内視鏡検査の方法について、医療法人愛仁会 亀田第一病院 消化器内科部長の渡邉東先生のお話を伺いました。

内視鏡…体の内部を観察・治療する医療器具

大腸がんの検診・検査の種類

大腸がんの検診

大腸がんの検診では、便のなかに血液が混じっていなかを調べる便潜血検査を実施します。一般的に40歳以上の方を対象に、1年に1回市町村や企業などで行われています。

大腸がんの検査

大腸がんの主な検査としては、以下のものが挙げられます。なお、他に便潜血検査を行われることもあります。

大腸内視鏡検査

便潜血検査で陽性だった方や、大腸がんを疑う症状がある方に対しては、大腸内視鏡検査を実施します。大腸内視鏡検査とは、内視鏡を患者さんの肛門から挿入し腸管を観察する検査です。なお、内視鏡が搭載されたカプセルを飲み込むことで腸管を観察する、大腸カプセル内視鏡検査も存在します。

(大腸カプセル内視鏡検査について詳しくは、記事2『大腸がんの検査である大腸カプセル内視鏡検査とは』をご参照ください。)

 

大腸カプセル内視鏡検査
大腸内視鏡検査のイメージ
カプセル内視鏡検査のイメージ
カプセル内視鏡検査のイメージ

大腸がんを疑う症状…大腸がんを疑う症状としては、血便(便に血が混じっている)、下痢と便秘を繰り返す、便が細くなる、残便感がある、などがあります。

直腸診

患者さんの肛門に指を挿入し、腫瘍があるか、異常な状態でないかを確認する検査です。

注腸造影検査

空気と造影剤を肛門から腸管内に注入し、エックス線写真を撮影する検査です。

画像検査

大腸内視鏡検査などから、大腸がんが見つかった患者さんに対して、CTやMRI、エコーなどの画像検査を実施し、ステージングや他の臓器への転移がないか、リンパ節への転移がないかなどを調べます。

大腸内視鏡検査の前処理として、下剤を服用し腸の中身を空にする必要があります。腫瘍により腸が狭くなっている患者さんが下剤を服用し無理に排便を促した場合、腸閉塞を引き起こす危険性があります。そのため、腸が狭くなっている可能性がある患者さんに対しては、大腸内視鏡検査を実施する前に画像検査を実施し、狭窄の有無を確認することもあります。

CT…エックス線を使って身体の断面を撮影する検査

MRI…磁気を使い、体の断面を写す検査

大腸内視鏡検査の流れ

先にも述べたように、大腸内視鏡検査の前には腸のなかを空にするため、下剤を服用する必要があります。下剤の服用方法と食事制限の内容は施設によって異なります。当院の場合は、前日の就寝前に少量の下剤を服用し、当日の朝にも服用します。

腸のなかを空にした状態で患者さんの肛門から内視鏡を挿入し、大腸の奥まで進めます。その後、内視鏡を引き戻しながら大腸のなかを観察します。大腸内視鏡検査の際に内視鏡治療可能なポリープや大腸がんが見つかった場合は、その場で内視鏡治療を行い、病変を切除することもあります。

病変…病気による変化が起きている箇所。

(大腸内視鏡治療についての詳しい内容は、記事3『大腸がんの内視鏡治療について 治療方法や対象となる患者さんとは』をご参照ください。)

また、検査の際中に痛みを感じる患者さんもいれば、あまり感じない患者さんもいます。以前、大腸内視鏡検査を受けた際に強い痛みを伴った患者さんなどに対しては、鎮痛剤を使用することもあります。

ポリープ…胃や腸の内側にできる、イボやキノコのような形のできもの

大腸内視鏡検査前の注意点

ポリープ切除を実施する場合、出血のリスクを減らすために血液を固まりにくくする作用のある薬(抗凝固薬など)の服用を一時的に停止していただくことがあります。

薬の服用停止の対象となる患者さんは、服用している理由などにより異なります。たとえば、高血圧などの理由で抗凝固薬を服用している患者さんの場合、一時的に服用を停止することが可能である場合が多いです。

しかし、血管のなかにステントを留置したばかりの患者さんや、脳梗塞を発症したことのある患者さんが薬の服用を中止することは血栓塞栓症のリスクとなるため、服用を中止しなかったり検査を延期したりする傾向にあります。

ステント…血管を内側から広げるための医療機器。

血栓塞栓症…血栓(血液の塊)が血管を塞いで血液の流れとせき止める病気。

大腸内視鏡検査の時間

先生

大腸内視鏡検査にかかる時間は患者さんの腸の形状によって異なり、一般的には15分から1時間程度といわれています。一般の方よりも腸が長い患者さんや狭い患者さん、開腹歴があり腸の癒着が予想される患者さんなど、大腸内視鏡を挿入することが困難な場合は、保険適用で大腸カプセル内視鏡検査を実施します。

大腸内視鏡検査の合併症

大腸内視鏡検査の合併症としては

  • 穿孔(腸に穴が開く)
  • 出血
  • 下剤服用時や内視鏡検査挿入時の痛み

などが挙げられます。

日本での内視鏡治療を伴わない大腸内視鏡検査の合併症の発症頻度は0.012%であると、日本消化器内視鏡学会が発表しています(2008年から2012年の5年間の調査)。

大腸内視鏡検査後の生活

大腸内視鏡検査の後日に出血し血便がでる可能性があります。1週間ほどは便を観察して、出血量が多い場合や、腹痛がある場合は病院を受診してください。大腸内視鏡検査後すぐに旅行の予定を立てている方は、万が一に備え検査日または旅行の日にちを変えることをお勧めしています。

 

帝京大学医学部を卒業し国内外の大学で研究や診療を経験した後、現在は亀田第一病院消化器内科部長を務める。早期胃癌、早期大腸癌の内視鏡手術や閉塞性黄疸などに対するERCPなどを中心に診療を行っている。

「大腸がん」についての相談が9件あります

関連記事