Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

医療相談 初回無料

インストール

血便の原因は痔だけではない 大腸がんの可能性も

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2019/04/01

2019 年 04 月 01 日
掲載しました
血便の原因は痔だけではない 大腸がんの可能性も
松村 直樹 先生

東北ろうさい病院 外科副部長 内視鏡外科部長 内視鏡下手術センター長

松村 直樹 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

血便の原因となる病気にはさまざまなものがあります。痔や大腸ポリープといった基本的に良性のものもあれば、大腸がんの可能性もあります。大腸がんの場合、早急な検査と治療が必要です。

今回は、東北ろうさい病院 内視鏡外科部長の松村直樹先生に、血便の原因となる病気について、お話を伺いました。

血便の原因となる病気

血便の原因となる代表的な病気には、以下のものがあります。

いぼ痔・切れ痔

いぼ痔と切れ痔
いぼ痔と切れ痔

いぼ痔

いぼ痔とは、肛門にいぼ状の腫れができる病気です。いぼ痔周辺の組織には痛みを感じる神経が通っていないため、痛みを感じることはほとんどありません。排便時の出血や、いぼが肛門から出たり入ったりするといった症状が現れます。

肛門の外側にできるいぼ痔(外痔核)には痛みを感じることがあります。

切れ痔

切れ痔とは、肛門の出口付近の皮膚が切れる病気です。排便時に強い痛みを伴い、出血が起こります。

大腸ポリープ

大腸ポリープとは、大腸の表面の粘膜層にいぼのような突起が発生する病気です。小さなポリープの場合、患者さんの自覚症状はほぼないといわれています。しかし、肛門付近にポリープが発生した場合は、便に血が付着し血便が出ることがあります。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは炎症性腸疾患の一種であり、大腸の粘膜層に炎症が起こる病気です。血便や粘液便(粘りのある便)、下痢、腹痛、発熱、食欲不振といった症状が現れます。潰瘍性大腸炎の患者さんは大腸がんを併発するリスクも高くなるため、定期的な検査が必要です。

大腸憩室症

大腸憩室症
大腸憩室症

大腸憩室症とは、大腸の壁の一部が袋状になり(憩室)、外側へ飛び出す病気です。通常は患者さんの自覚症状はほぼありません。しかし、憩室が炎症を起こして憩室炎になると、腹痛や血便、下血(肛門からの出血)といった症状が現れます。

大腸がん

大腸がんとは、大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)にがんが発生する病気です。

大腸の部位
大腸の部位

早期の大腸がんの場合、患者さんの自覚症状はあまりありません。進行した場合は、血便や下血、腹痛や嘔吐といった症状が現れます。なお、大腸のどの部分に腫瘍が発生するかによって、症状が異なります。

大腸がんの詳しい症状については、記事1『大腸がんの自覚症状は進行してから現れることが多い』をご参照ください。

痔と大腸がんの血便の比較

痔は肛門の近くで出血を起こすため、鮮血(新しい状態の血液)が便に付着します。一方、大腸がんはある程度腸のなかで時間を過ごした血便のため、黒く固まった血液が付着すると思われます。

しかし、肛門の近くに腫瘍が発生する直腸がんの場合は、大腸がんでも便に鮮血が付着することもあります。血便がでた場合は患者さんご自身で病気を判断せず、病院やクリニックで検査を受けることが大切です。