Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール
S414x232 8f2f8028 9514 4a3f 8df5 e8e467f1f6b8

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 8f2f8028 9514 4a3f 8df5 e8e467f1f6b8
大腸がんの腹腔鏡下手術 メリットや特徴について
腹腔鏡下手術は、術後の傷跡が小さいことや癒着のリスクが軽減されるといったメリットがあります。がん発生する場所や腫瘍の浸潤度によって、大腸がんでも腹腔鏡下手術が推奨されています。今回は、東北ろうさ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2019 年 04 月 01 日
更新日 : 2019 年 05 月 07 日

目次

腹腔鏡下手術は、術後の傷跡が小さいことや癒着のリスクが軽減されるといったメリットがあります。がん発生する場所や腫瘍の浸潤度によって、大腸がんでも腹腔鏡下手術が推奨されています。

今回は、東北ろうさい病院 内視鏡外科部長の松村直樹先生に、大腸がんの腹腔鏡下手術について、お話を伺いました。

大腸がんの腹腔鏡下手術とは

大腸がんの手術は長年、大きくお腹を切開する方法で行われてきました。しかし、切開創(術後の傷後)が大きいと、術後の痛みが強く回復するまでに時間がかかることや、傷口から感染症を引き起こすなどのリスクがあります。そのため、小さな傷で大腸がんの手術を実施することを目的として腹腔鏡下手術が始められました。

腹腔鏡下手術とは、腹腔鏡という内視鏡(体の内部を観察・治療する医療機器)を挿入し、カメラで拡大視した腹腔内をモニターに映しながら手術を行います。開腹手術とアプローチ方法は異なりますが、同じ内容を腹腔鏡下手術でも行います。体につく傷は、鉗子(物をつかんだり引っ張ったりするための器具)と腹腔鏡を挿入するための小さな穴が5か所ほどです。

腹腔鏡下手術の対象となる大腸がん

「大腸癌治療ガイドライン2016年版」では、結腸がんと直腸S状部で安全性が確認されており、腹腔鏡下手術の適応として推奨されています。

大腸がんの区分
大腸がんの発生部位

横行結腸がんと下行結腸がんは、高度な技術を要するため、腹腔鏡下手術はあまり推奨されていません。そのため、患者さんの状態(肥満度や開腹歴)などを考慮しながら、実施を検討します。

大腸がんのページへ

病状や治療内容の説明を丁寧に行い、患者さんにしっかりと理解していただいた上で治療を実施することを大切にしている。そして、安全確実な治療を心掛けながら、日々患者さんと向き合っている。

関連の医療相談が22件あります