疾患啓発(スポンサード)

転移性脳腫瘍の治療で用いられるガンマナイフの特徴-新たに登場したガンマナイフとは?

転移性脳腫瘍の治療で用いられるガンマナイフの特徴-新たに登場したガンマナイフとは?
中谷 幸太郎 先生

医療法人伊豆七海会 熱海所記念病院 脳神経外科ガンマナイフ部長

中谷 幸太郎 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

転移性脳腫瘍の治療法の1つに放射線治療があります。放射線治療とは、腫瘍に放射線を照射し縮小や消失を目指す治療法です。放射線治療には、脳全体に放射する全脳照射と、腫瘍に対して集中的に照射する定位放射線照射の2つの方法があります。

定位放射線治療を行う装置には複数の種類があり、それぞれに特徴があります。近年では、今までのデメリットを改善し、より患者さんへの負担が少ない装置も開発されました。

今回は定位放射線治療装置であるガンマナイフの特徴について、医療法人伊豆七海会 熱海所記念病院 脳神経外科ガンマナイフ部長の中谷幸太郎先生にお話をお伺いしました。

放射線治療の種類

転移性脳腫瘍に対する放射線治療には、全脳照射と定位放射線照射の2つがあります。

全脳照射

全脳照射とは脳全体に放射線を照射する方法で、治療の対象となる腫瘍の他に、画像検査では映らない微小な腫瘍がある場合にも同時に治療ができます。しかし、正常な脳神経の部分にも照射することになるため、副作用が現れる可能性が高くなるのと、微小な腫瘍がない場合が多いために余分な放射線を浴びてしまっている可能性があります。

定位放射線照射

一方、定位放射線照射は、画像検査で映る腫瘍に対して集中的に放射線を照射する方法です。全脳照射に比べて脳の正常な部分への照射を避けることができるため、放射線の被曝による副作用を抑えることが期待できます。

ガンマナイフとは?

定位放射線照射を行う装置のひとつである「ガンマナイフ」とは、頭部を囲むように固定された約200個のコバルト線源から腫瘍に向かって放射線の一種であるガンマ線(γ線)を集中的に照射する装置です。          

ガンマナイフ治療のイメージ
ガンマナイフ治療のイメージ

治療の効果が外科手術に似ており、ガンマ線によって腫瘍を切り取るように周囲への影響を与えないというイメージから、ガンマナイフという名称が付けられました。

ガンマナイフ治療の特徴

ガンマ線はまっすぐに進む性質があるために腫瘍周辺の正常な組織に放射線が広がりにくいという特徴があります。そのため、ガンマナイフ治療には放射線が腫瘍にたどり着くまでに貫通する頭皮・頭蓋骨・脳・血管など、腫瘍周辺の正常な組織への影響が少ないという長所があります。

標準的には患者さんの頭部を金属製のフレームで固定して照射するため、腫瘍への照射の誤差は0.3mm以下です。また、手術ではリスクを伴う脳の深部の腫瘍にも対応できます。

なお、ガンマナイフ治療は一般的には前日に入院し、治療当日の一日だけ放射線を照射します。当院では腫瘍の種類や患者さんの体調などによっては日帰りで行う場合もあります。

マスクシステムを導入したガンマナイフ治療とは?

フレームで固定する必要のないガンマナイフが登場

お話ししたように、従来のガンマナイフ治療では、金属製のフレームを用いて患者さんの頭部を固定して照射します。患者さんの頭部に局所麻酔をかけた上で4か所に特殊なピンを刺すことで頭部を固定します。

このフレーム固定では、局所麻酔などの薬剤を投与することやフレーム自体を装着したり外したりした際に痛みを感じるなど、患者さんの負担につながることがあります。

フレーム装着時のイメージ
フレーム装着時のイメージ

しかし近年、フレームで固定する必要のないマスクシステムを導入したガンマナイフ治療が登場しました。このマスクシステムを導入したガンマナイフ治療では、フレーム固定の代わりに患者さんの頭部に合わせた専用の枕とマスクを作成して治療に使用します。 

サイバーナイフ治療のイメージ

マスクシステムを導入したガンマナイフ治療の特徴

マスクシステムを導入した新しいガンマナイフ治療には以下のような特徴があります。

患者さんの負担軽減

お話ししたように、マスクシステムを導入したガンマナイフ治療では、フレームの代わりに、患者さんの頭部に合わせた枕とマスクを使用します。マスクは患者さんの顔に被せるだけで設定が完了するため、従来のフレームを固定する際の局所麻酔などが不要となり、患者さんの負担軽減ができます。

分割照射が可能

前述のフレーム固定などから、従来のガンマナイフでの分割照射は連日のフレーム固定を行う必要があるために患者さんの負担が大きいと考えられていました。また、腫瘍のサイズが大きい患者さんに対してガンマナイフで効果的な治療を1日の照射で行うとなると、脳への放射線の量が多くなってしまい副作用が発生するリスクが高くなります。このような理由から、従来のガンマナイフでは3cm(体積で15㏄)以上の腫瘍への治療は難しく、それ以下の腫瘍に対して行うことが一般的です。

しかし、マスクシステムを導入したガンマナイフ治療では、連日のフレーム固定が不要になったために、容易に分割照射が可能になりました。これにより、ある程度大きな腫瘍に対しても複数日に渡って治療を実施することができます。

マスクシステムを導入したガンマナイフ治療の流れ

サイバーナイフ

最初に患者さん一人ひとりの頭部に合わせたマスクと枕を作成します。その後、頭部画像診断を実施し、検査結果をもとに治療計画を作成します。準備が整うと作成した治療計画をもとに放射線治療を開始します。

CT…エックス線を使って身体の断面を撮影する検査

マスクシステムを導入したガンマナイフ治療で注意すべき点

動かないよう患者さんの協力が必要

マスクシステムを導入したガンマナイフ治療では、患者さんの鼻の部分に印をつけます。放射線照射中はその印を赤外線モニターで常に監視しており、頭部が動いた場合には安全性を考慮し放射線の照射を一旦中止するようになっています。そのため、持続的に放射線を照射するためには、「動かないように安静にしている」という患者さんの協力も大切です。どうしても頭部の位置がずれてしまう患者さんに対しては、従来のフレームを固定したガンマナイフ治療に変更して治療を継続することもあります。

中谷幸太郎先生からのメッセージ

転移性脳腫瘍はなるべく短期間で治療を

サイバーナイフ

がんの患者さんが脳転移を早期発見・早期治療するためには、症状のないうちから定期的に頭部の画像検査を受けることが大切です。

転移性脳腫瘍が見つかった場合には、原発巣の治療を一旦中止しなければならないこともあります。できるだけ早く転移性脳腫瘍の治療を終えて原発巣の治療を再開していただく必要があると考えており、可能な限り転移性脳腫瘍と診断されてから短期間での治療を行うことが重要となるでしょう。

先述の通り、転移性脳腫瘍の治療法のひとつとして、より患者さんへの負担が少ないガンマナイフを用いた治療も登場しており、十分な効果を発揮しています。それぞれの治療法のメリットとデメリットを考慮し、主治医と話し合いながらご自身に適した治療法を選択してください。

がんの患者さんは皆さん不安を抱えて過ごしていらっしゃいます。特に脳への転移が見つかれば、さらにこの不安は強くなるでしょう。ガンマナイフ治療はこれまで転移性脳腫瘍に対しては良好な効果を十分発揮しており、治療期間も短くて済む特徴があります。患者さんの不安を少しでも軽くできるように、可能な限り早く治療を受けていただけるように取り組んでいますので、いつでもご相談いただければと思います。


【お問い合わせはこちら】

電話番号: 0120-1056-17
受付時間: 月~金 8:00~17:00 / 土 8:30~12:30