【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 46c9fde3 cd6f 4d58 b543 6f61ac499a2f
頚椎症性神経根症の治療―手術の対象となる患者さんは?
頚椎症性神経根症とは、頚椎の変化(椎間板の膨隆や骨のとげの形成)によって神経根が圧迫されることで、首から手にかけて痛みやしびれが生じる加齢疾患です。安静にしていれば、60〜90%の方が3か月ほど...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

頚椎症性神経根症の治療―手術の対象となる患者さんは?

公開日 2018 年 10 月 01 日 | 更新日 2018 年 10 月 01 日

頚椎症性神経根症の治療―手術の対象となる患者さんは?
土屋 直人 先生

品川志匠会病院 新横浜スパインクリニック

土屋 直人 先生

目次

頚椎症性神経根症とは、頚椎の変化(椎間板の膨隆や骨のとげの形成)によって神経根が圧迫されることで、首から手にかけて痛みやしびれが生じる加齢疾患です。

安静にしていれば、60〜90%の方が3か月ほどで症状は治まります。重症の方や再発を繰り返す方は手術で治すことができます。今回は、頚椎症性神経根症について品川志匠会病院の土屋直人先生にお話を伺いました。

頚椎症性神経根症とは?

骨のとげと膨隆した椎間板が共に神経根を圧迫している

頚椎症性神経根症

歳を重ねると、頚椎椎間板は水分が減少して固くなったり、潰れたりと変性が起こり、それに伴い頚椎は変形します。このことを頚椎症と呼びます。頚椎症の中でも、頚椎の変化(椎間板の膨隆や、骨のとげの形成)によって神経根が圧迫され、片側の首から手にかけて痛みやしびれなどの症状が出ている場合を頚椎症性神経根症といいます。

頚椎の変形が脊髄を圧迫している場合は頚椎症性脊髄症といいますが、頚椎症性神経根症とは症状や手術適応などが異なります。

頚椎症性神経根症の原因

デスクワークをする中年男性

加齢

頚椎症性神経根症の主な原因は加齢変化です。脊椎の加齢変化が起きやすい家系もあるため、体質的なものも関係している可能性があります。

姿勢

デスクワーカー、職業ドライバーなど長時間座位をしている方は、うつむきになるため首や腰など脊椎への負担が大きくなります。仕事中は背筋を伸ばして、1時間毎に体を動かしたほうが頚椎にとってはよいです。また内装業、植木職人やエアコンのメンテナンスをする方は、よく上を向くため発症しやすくなります。

スポーツ

柔術などの格闘技、ラグビーやサッカーなど首に衝撃が加わるスポーツはもちろんですが、テニス、バドミントン、自転車、サーフィンなどのスポーツでも首に負担がかかり、椎間板の変性を早めてしまうことがあります。

頚椎症性神経根症の症状

:肩を押さえる中年

首から肩、腕、手指の痛みやしびれ

頚椎神経根は、脊髄から左右に8本ずつ分岐しています。これが椎体と椎体の間の椎間孔から、1本ずつ頚椎の外に出てきます。片方の神経根が圧迫されている場合は、片方の首から肩、腕、手にかけて痛みやしびれが出ます。両側の神経根が圧迫されてしまっている場合は、両方の上肢に症状が出ることもあります。

激しい神経痛を伴う場合から、片側の首肩こり程度の方まで、重症度には幅があります。

頚椎症性筋萎縮症

ときには、肩、腕や手の筋肉麻痺を生じることもあります。痛みやしびれは軽度のことも多く、片腕が挙上できない、肘が曲がらない、手指の曲げ伸ばしが困難などの症状が出ます。障害される神経根によって、麻痺する筋肉は異なります。頚椎症性神経根症によって筋肉麻痺を生じる場合を、特に頚椎症性筋萎縮症と呼びます。発症後、急速に麻痺した筋肉が萎縮して、細くなってしまいます。

自律神経失調症を併発することも

頚部には、交感神経幹という自律神経の中枢が走っています。頚椎神経根と交感神経幹は、神経線維で連絡を持っているため、頚椎症性神経根症になると、自律神経失調症を併発することがしばしばあります。

頭痛、耳鳴り、めまい、ドライアイ、視力低下、顔のしびれ、喉の詰まり感、倦怠感、動悸、排尿・排便障害、手足のしびれなどさまざまな症状をきたします。自律神経障害による手足のしびれは、部位が移動性で、出たり消えたりと波があることが特徴です。

首から腕にかけての痛みやしびれとリンクするように自律神経失調症の症状が出てきた場合は、頚椎症性神経根症と関連がある可能性があります。

頚椎症性神経根症の検査と診断

頚椎症性神経根症は、高位診断(どの神経根か)を誤ると手術をしても治らないため、術前の診断が極めて重要です。画像診断で何か所も神経が圧迫されていると考えられる場合は、今どの神経が痛みやしびれの原因になっているのかを詳細な検査と神経学的診察でよく見極めます。

頚椎症性神経根症の診断のためには、以下の検査などが行われます。

  • 神経学的所見(画像診断で判断が難しいときに重要です。)
  • 頚椎レントゲン検査(斜位を含む6方向)
  • 頚椎CT検査(3D-CTを含む)
  • 頚椎MRI検査(ルーチン撮影に詳細な椎間孔撮影を追加します。)
  • 高位診断ブロック(疑わしい神経根にブロック注射を行い、効果を判定します。)

そのほか、まれに行う検査としては、以下のものがあります。

脊髄造影検査(ミエログラフィー)

脳脊髄液が流れている所に造影剤を流して、レントゲンやCTを撮ります。脊髄と骨の両方を、細かい病変まで確認できます。CTやMRIで診断が困難なときや、ペースメーカーが入っている等の理由でMRIを撮ることができない場合に行います。

筋電図検査

筋電図検査は、筋肉に電気刺激をして筋肉からの電位を測る検査です。神経内科系の病気と鑑別するときや、神経の圧迫がどこの部位で起きているのかを確かめるときなどに行われます。

頚椎症性神経根症の治療

頚椎症性神経根症は自然治癒する?

頚椎症性神経根症は、安静にしていれば60〜90%の方が3か月で自然寛解すると報告されています。根本的に神経圧迫が治る訳ではないものの、神経根の炎症が落ち着いて症状が治まるからです。

そのため、基本的に3か月は保存的治療で様子をみます。薬物療法(消炎鎮痛剤・筋弛緩剤・ビタミンB12剤など)や、装具療法(頚椎カラー固定)などを行います。神経根ブロックや硬膜外ブロック、星状神経節ブロックなどが有効なこともあります。頚椎牽引は、その有用性について、いまのところ科学的に十分な根拠は示されていません(2018年現在)。保存的治療で症状が改善しない場合は、手術という選択肢があります。

頚椎症性神経根症の手術

手術の対象となる患者さんは?

頚椎症性神経根症は、前述したように多くの方が自然治癒するため、手術の対象と考えていない医師が一般的です。「そのうちに治るから」と言われ、保存的治療で治らないと「痛みと付き合って行くしかない」と言われることも多いようです。

当院では、以下のような患者さんを手術の対象としています。

  • 重症の方
  • 保存的治療で効果が不十分な方
  • 再発を繰り返している方
  • 上肢の麻痺、筋萎縮を生じている方 など

痛くて何日も眠れない、仕事に行けないというほど重症な場合は、保存的治療で様子を見る3か月を待たずに手術を検討してもよいでしょう。再発を繰り返している患者さんで、その度に仕事をしばらく休まなくてはならないような方も、再発予防のために手術を検討されてもよいです。上肢の麻痺を生じている場合は、一般的に手術を勧められることが多いです。また、頚椎症性神経根症に付随してさまざまな自律神経症状をきたしている方も、手術の対象となる場合があります。

「保存的治療」という方針が一般的な疾患ですから、患者さんが手術を希望される場合には、主治医の先生から十分にインフォームドコンセントをしてもらい、メリットとデメリットを十分に理解したうえで手術を選択すべきでしょう。

手術の種類

頚椎症性神経根症には、いくつかの手術方法があります。入院期間や手術時間、リスクなどは、手術の種類や病院、医師によって異なるため、主治医の先生に確認しましょう。

顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術(MacF)

首の前方から行う特殊な手術で、顕微鏡で見ながら神経根の通り道である椎間孔を広げます。限定された施設でのみ行われています。

詳しくはこちら『MacFとは?頚椎症性神経根症や外側型の頚椎椎間板ヘルニアに対して行う低侵襲手術』の記事をご覧ください。

頚椎前方除圧固定術(ACDF)

前側から首を5〜8cmほど切ります。原因となっている椎間の椎間板をほぼ取り除き、神経根を圧迫している骨のとげや椎間板ヘルニアを可能な範囲で摘出して除圧をします。椎間板があったところにケージを挿入し、上下2つの椎体を固定します。その際に、ケージ単独で固定する場合と、補助的に金属製のプレートを当ててスクリューと呼ばれるネジで留めて強固に固定する場合があります。

ケージ…チタンやPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)などで作られたインプラント。ケージではなく、患者さんの骨盤の骨を移植することもある。

頚椎椎弓形成術+後方椎間孔拡大術

首の後ろを5〜10cmほど縦に切って、頚椎後方の椎弓を開きます。椎弓の開き方には、縦割法(両開き法)や片開き法があります。椎弓を開いた所に人工骨や金属のスペーサーを入れて、脊髄の通り道である脊柱管を広げます。さらに、神経根の通り道である椎間孔を後ろから広げます。脊髄圧迫と神経根圧迫が共に存在する場合に行われます。

内視鏡下頚椎後方椎間孔拡大術

首の後ろから内視鏡を挿入して、片側の椎弓から椎間関節の一部を切除して神経の通り道である椎間孔を広げる手術です。内視鏡でなく、顕微鏡で同様の手術をする施設もあります。いずれも限定された施設でのみ行われています。

手術で起こる可能性のある合併症

合併症は術式によりさまざまですが、共通して起こりうる合併症には以下が挙げられます。

  • 神経症状の一時的悪化
  • 術後出血
  • 術後感染
  • 髄液漏
  • 全身麻酔の合併症(術後肺炎等)
  • 内部の合併症

そのほか、術式により特有の合併症がありますので、主治医の先生に確認しましょう。

頚椎症性神経根症の術後―症状が治るまでの期間は?

術後3か月ほどで治っていく

手術直後から、神経根の血流の改善によって痛みやしびれが軽快する方が多いです。術前の神経の損傷が軽い方ほど、手術直後から効果を実感できます。

術後しばらくすると、圧迫解除された神経が腫れて、一時的に神経症状が悪化することがあります。術後神経根炎と言い、痛みやしびれ、脱力などが生じます。この炎症があるうちは、天候やストレス、姿勢などにより、症状が悪化したりよくなったりと波があります。その場合は術後療法として、痛みやしびれを和らげる内服薬や、神経の修復を促進するビタミンB12やステロイドなどの薬物治療、ブロック注射による疼痛緩和、筋力低下に対してリハビリテーションなどを行います。神経の修復と共に炎症は改善し、3か月ほどかけて治っていきます。

特殊なケースである頚椎症性筋萎縮症の場合は、3〜6か月かけて腕や手の麻痺が改善してきます。その後も筋トレを継続することにより、1年かけて徐々に筋萎縮が改善してきます。

術後の再発を防ぐために

姿勢よく!長時間座らない

姿勢のよいデスクワーカー

術後は、姿勢に気をつけて適度に動いてください。患者さんに、力仕事はだめかとよく聞かれますが、肉体労働より、姿勢のよくないデスクワークのほうが頚椎にとっては、負担になると考えられます。前かがみになる時間が長くなればなるほど、頚椎や腰椎にとってよくありません。

車の運転やデスクワークをするときは、よい姿勢を保ちにくいものです。1時間に1回は、少し立って歩いたり、背筋のストレッチをしたり、寝たりと休憩をいれて、長時間座らないようにしましょう。

術後に運動はしてもよい?

土屋先生

術式によって術後の安静度は変わります。基本的に術後1か月間は、走ったり、飛んだり、首をひねるような動きは避けてください。特に頚部の前屈や後屈、側屈は、首へのストレスが大きいためしないようにしてください。

ゴルフなどあまり首に負担のかからない運動であれば許可することがありますが、テニス、バドミントン、自転車、サーフィン、サッカーなど首に負担がかかるスポーツは、術後3か月は避けたほうがよいでしょう。

※首の後ろから行う手術をした場合は、なるべく早く首を動かすように指導されることもあります。

 

頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア (土屋直人先生)の連載記事

頚椎疾患を専門としている脳神経外科医師。
患者さんへの負担をより減らすため、MacFと呼ばれる顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術に取り組んでいる。患者さんの痛みや悩みに日々寄り添い、厚い信頼を得ている。