Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール
S414x232 46c9fde3 cd6f 4d58 b543 6f61ac499a2f

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 46c9fde3 cd6f 4d58 b543 6f61ac499a2f
頚椎症性神経根症の治療―手術の対象となる患者さんは?
頚椎症性神経根症とは、頚椎の変化(椎間板の膨隆や骨のとげの形成)によって神経根が圧迫されることで、首から手にかけて痛みやしびれが生じる加齢疾患です。安静にしていれば、60〜90%の方が3か月ほど...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2018 年 10 月 01 日
更新日 : 2018 年 10 月 01 日

頚椎症性神経根症の治療―手術の対象となる患者さんは?

目次

頚椎症性神経根症とは、頚椎の変化(椎間板の膨隆や骨のとげの形成)によって神経根が圧迫されることで、首から手にかけて痛みやしびれが生じる加齢疾患です。

安静にしていれば、60〜90%の方が3か月ほどで症状は治まります。重症の方や再発を繰り返す方は手術で治すことができます。今回は、頚椎症性神経根症について品川志匠会病院の土屋直人先生にお話を伺いました。

頚椎症性神経根症とは?

骨のとげと膨隆した椎間板が共に神経根を圧迫している

頚椎症性神経根症

歳を重ねると、頚椎椎間板は水分が減少して固くなったり、潰れたりと変性が起こり、それに伴い頚椎は変形します。このことを頚椎症と呼びます。頚椎症の中でも、頚椎の変化(椎間板の膨隆や、骨のとげの形成)によって神経根が圧迫され、片側の首から手にかけて痛みやしびれなどの症状が出ている場合を頚椎症性神経根症といいます。

頚椎の変形が脊髄を圧迫している場合は頚椎症性脊髄症といいますが、頚椎症性神経根症とは症状や手術適応などが異なります。

頚椎症性神経根症の原因

デスクワークをする中年男性

加齢

頚椎症性神経根症の主な原因は加齢変化です。脊椎の加齢変化が起きやすい家系もあるため、体質的なものも関係している可能性があります。

姿勢

デスクワーカー、職業ドライバーなど長時間座位をしている方は、うつむきになるため首や腰など脊椎への負担が大きくなります。仕事中は背筋を伸ばして、1時間毎に体を動かしたほうが頚椎にとってはよいです。また内装業、植木職人やエアコンのメンテナンスをする方は、よく上を向くため発症しやすくなります。

スポーツ

柔術などの格闘技、ラグビーやサッカーなど首に衝撃が加わるスポーツはもちろんですが、テニス、バドミントン、自転車、サーフィンなどのスポーツでも首に負担がかかり、椎間板の変性を早めてしまうことがあります。

頚椎疾患を専門としている脳神経外科医師。
患者さんへの負担をより減らすため、MacFと呼ばれる顕微鏡下頚椎前方椎間孔拡大術に取り組んでいる。患者さんの痛みや悩みに日々寄り添い、厚い信頼を得ている。