Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

医療相談 初回無料

インストール

脳動脈瘤の治療―破裂する前にくも膜下出血を予防できる

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2018/10/09

2018 年 10 月 09 日
更新しました
2018 年 10 月 05 日
掲載しました
脳動脈瘤の治療―破裂する前にくも膜下出血を予防できる
渋谷 肇 先生

東京曳舟病院副院長 脳神経外科部長

渋谷 肇 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

脳動脈瘤は、経過観察になる場合から治療が必要な場合まで、患者さんの状態や、破裂のリスク因子をどれほど持っているかなどによってさまざまです。

脳動脈瘤の治療には、大きく分けて開頭手術と脳血管内治療があります。今回は、脳動脈瘤の治療や適応について、東京曳舟病院脳神経外科の渋谷肇先生にお話を伺いました。

脳動脈瘤の治療適応は?

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こした方と、未破裂の脳動脈瘤の方とで、治療適応は異なります。

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こした方

脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こした方は、脳動脈瘤を治療しなければなりません。意識状態がよい方で軽症の場合は、治療をして助けられるケースも多くなります。しかし、意識状態がかなり悪い方や、きわめて全身状態の悪い患者さんの場合には、残念ながら手術治療ができない、または適応がない場合もあります。

未破裂脳動脈瘤の方

未破裂脳動脈瘤の場合は、脳動脈瘤の大きさで、治療するかどうかをある程度決めています。

5mm未満の脳動脈瘤は、基本的に積極的な治療は行わず、経過観察になります。ただし、症状がある、脳動脈瘤の形が不規則、ブレブがある、家族に脳動脈瘤が破裂した方がいるなど、総合的に考えて破裂する可能性が高いと考えられる方には、治療を検討します。

70歳以下で5〜7mm以上の脳動脈瘤があれば、破裂しやすくなってくるため積極的な治療の対象です。ただし、70歳以上であれば、治療を行わないということではありません。未破裂脳動脈瘤の場合は、患者さんと相談のうえで判断していきます。相談する際には、合併症のリスクなども説明したうえで、最終的に治療をするかどうかは患者さんに決めていただきます。

たとえば、75歳で脳動脈瘤が4mmの大きさの場合は、患者さんとよく相談して治療をするかを決めます。こうしたケースでは、動脈瘤の大きさ的にも、患者さんの年齢的にも、基本的に積極的な治療対象にはなりません。しかし、脳動脈瘤があることで精神的なストレスが大きく、不安で生活ができないという場合は、治療をすることがあります。

経過観察となった場合はどうすればよい?

定期的に脳ドックを受けて、健康的な生活を

脳動脈瘤破裂は、睡眠中でも、運動中でも、いつでも発症する可能性がありますが、気にしすぎてしまうと生活ができなくなってしまいます。

治療の対象とならない脳動脈瘤が見つかった場合は、定期的に頭部MRI等の検査を受け、喫煙と過度な飲酒を避け、健康的な生活を送りましょう。

血圧変動に気をつける

血圧測定

脳動脈瘤の患者さんで、血圧の過度な変動は好ましくありません。あえて体に負荷のかかるスポーツをするのは、あまりおすすめしていません。血圧の大きな変動には気を付けましょう。

高血圧の方は、必要であれば内服薬で治療をし、血圧をコントロールします。

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。