Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

心臓手術後のリハビリテーションとは? 目的や具体的な流れを解説

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2018/10/18

2018 年 10 月 18 日
更新しました
2018 年 10 月 17 日
掲載しました
心臓手術後のリハビリテーションとは? 目的や具体的な流れを解説
北村 アキ 先生

東京ベイ浦安市川医療センター 心臓血管外科 非常勤医師 一般社団法人Medical Plus代表理事

北村 アキ 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

心臓の手術は、体にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。そのため、術後の合併症の予防や、患者さんが日常生活に復帰できる状態にすることを目的として、術前の評価や術後のリハビリテーションを行います。

東京ベイ・浦安市川医療センターは、2013年より心臓リハビリテーションチームを発足させました。当チームは理学療法士(PT)を中心に構成され、医師など多職種と連携しながら、心臓リハビリテーションを実施しています。

心臓手術後のリハビリテーションの目的や具体的な流れ、患者さんが注意すべき点などについて、東京ベイ・浦安市川医療センターの北村アキ先生と、理学療法士の広瀬一守さんにお話を伺います。

心臓の手術には主に、一般的に行われている開胸手術と、従来の方法よりも小さな傷で行う低侵襲心臓手術(MICS:ミックス)の2種類があります。本記事では、開胸手術後のリハビリテーションを中心にご説明します。

心臓手術後のリハビリテーションの目的

心臓の手術は、体にさまざまな影響を及ぼす可能性があります。心臓手術後に行うリハビリテーション(以下、リハビリ)の目的は、主に、心臓手術による身体的ダメージを最小限に抑え、術後の合併症を予防しながら患者さんが日常生活に復帰できる状態に回復させることです。

<心臓手術後のリハビリテーションの目的>

  1. 心臓手術による身体的ダメージからの回復
  2. 日常生活動作・歩行の再獲得/自宅での安全な生活復帰
  3. 術後の呼吸器合併症の予防
  4. 術後せん妄(認知機能障害)の予防

日常生活動作・歩行の再獲得/自宅での安全な生活復帰

リハビリの根本的な目的は、手術を受けた患者さんを、日常生活に復帰できる状態に回復させることです。そのために、日常の生活動作や歩行を再獲得できるよう、リハビリテーションを行います。さらに、自宅で安全に生活復帰できるよう、患者さんがもともと過ごしていた環境(自宅の設備など)を把握し、リハビリを進めることも大切です。

術後の呼吸器合併症の予防

一般的に、胸部・上腹部の手術後は、呼吸機能が手術前と比較して5割ほど低下するといわれています。呼吸機能が低下すると、痰が溜まりやすくなる、無気肺(酸素を十分に取り込めない)などの呼吸器合併症を引き起こすことがあります。

心臓手術でも同じく、術後に呼吸器合併症が問題になる可能性があるため、リハビリを行い、早期に呼吸機能を回復させることが重要です。

術後せん妄(認知機能障害)の予防

術後せん妄とは、手術をきっかけにして、意識、認知機能、知覚、注意などが障害され、さまざまな症状が一過性に起こる状態を指します。

術後せん妄は、患者さんが短期間のうちに、病気の告知や手術への不安といった精神的苦痛と、病気や手術の傷などの痛みによる身体的苦痛を受けることで、不適応を生じた結果起こると考えられています 。

術後せん妄が起こると、術後の管理がうまく実施できず、術後経過に大きな影響を与えかねません。そのため、術後のリハビリによって術後せん妄を予防することは重要です。

心臓手術後のリハビリテーションのポイント

なるべく早いうちにリハビリを開始することが重要

手術後、安静にすることは必要です。ところが、安静にしすぎることで、廃用症候群と呼ばれる筋力や体力の低下、無気肺や肺炎など、さまざまな問題が起こる可能性があります。これらの問題を予防するためには、手術後、なるべく早いうちからリハビリを開始することが重要です。