疾患啓発(スポンサード)

僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)とは?健康診断で偶然見つかることも

僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)とは?健康診断で偶然見つかることも
田端 実 先生

東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科部長、虎の門病院 循環器センター外科特任部長

田端 実 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓弁膜症のひとつです。心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁が正常に閉まらないことで、血液の逆流が起こる病気です。

今回は、僧帽弁閉鎖不全症について、東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科の田端実先生にお話を伺いました。

僧帽弁閉鎖不全症とは?どのような症状が出る?

無症状でも重症のことがある

 

僧帽弁

僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁がうまく閉まらず、心臓が収縮したときに左心房から左心室に向かって流れる血液が逆流する病気です。僧帽弁逆流症とも呼ばれます。逆流する血液量によって軽症、中等症、重症(または軽度、中等度、重度)に分けられます。

軽症の場合は特に自覚症状はありません。ゆっくり進行した初期の重症の場合でも症状がないことがあるため、健康診断で偶然見つかる方もいます。進行が早い場合やゆっくりの進行でも重症の期間が長いと、動作時の息切れや疲労感が出てきます。また、心房細動という不整脈を併発して、動悸がすることもあります。

僧帽弁閉鎖不全症の原因

一次性・二次性の区別が重要

一次性僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁そのものが傷んで起こる逆流症であり、腱索(弁と左心室をつなぐひも状の構造物)が切れたり伸びたりすることがもっとも多い原因です。

二次性僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁自体は壊れておらず、心筋梗塞や拡張型心筋症、大動脈弁閉鎖不全症、心房細動などによって心臓が大きくなることによって起こる僧帽弁逆流症を指します。一次性か二次性かによって治療方針が異なるため、この区別が重要です。

僧帽弁閉鎖不全症の検査・診断

僧帽弁閉鎖不全症では、以下のような検査で診断や重症度の評価を行います。

診断のための検査

  • 聴診:心雑音が聴取されることで病気が見つかることがあります
  • 心エコー検査:確定診断や重症度判定に欠かせない検査です

手術前に行う検査

以下は、診断のために行う検査というよりは、手術の戦略を立てるために行う検査です。

  • 経食道心エコー検査:僧帽弁の形態をより詳しく見るために行います
  • CT検査:血管性状や胸郭の形状を見るための検査で、低侵襲心臓手術(MICS)を行う際には必須です
  • 心臓カテーテル検査:CTだけで済むことも多く、必須ではありません

僧帽弁閉鎖不全症の治療

検査で軽症または中等症と診断された場合は、経過観察のため半年~1年ごとに心エコー

検査を行います。重症と診断された場合は、手術や薬物治療、カテーテル治療を行います。

薬物治療

弁そのものが傷んでいる一次性僧帽弁閉鎖不全症では、薬物治療は症状を和らげる手段に過ぎず、僧帽弁そのものを治せるわけではありません。二次性僧帽弁閉鎖不全症においては、薬物治療で症状とともに逆流自体が改善することもあります。

僧帽弁閉鎖不全症に対する薬物治療では、以下の薬などを使用します。

  • 利尿薬
  • 血管拡張薬
  • 抗不整脈薬
  • 強心薬

重症の場合は手術を検討

手術

一次性僧帽弁閉鎖不全症では、重症の場合は手術が第一選択になります。たとえ症状がない場合でも逆流が重症であれば、手術治療を検討する必要があります。手術方法としては、患者さん自身の弁を残して修復する僧帽弁形成術が第一選択となり、それが不可能な場合は、人工弁を植え込む僧帽弁置換術を行うことがあります。

二次性僧帽弁閉鎖不全症では、まず原因疾患の治療が優先されます。薬物治療で症状が改善しない重症の逆流の場合には、手術治療が検討されます。二次性の場合は、僧帽弁形成術と僧帽弁置換術の優劣は定まっておらず議論のあるところです。僧帽弁閉鎖不全症の手術について、詳しくはこちらの記事『僧帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)の手術』をご覧ください。

手術のリスクが高い患者さんはカテーテル治療を検討

一次性であっても二次性であっても症状のある重度の僧帽弁閉鎖不全症で、手術リスクが非常に高い場合(高齢、極度の体力低下、心臓の動きが著しく低下、心臓以外の重病ありなど)は、カテーテル治療のオプションがあります。現在日本で使用できるカテーテル治療機器は、MitraClip(マイトラクリップ)という機器です。

脚の付け根の血管からカテーテルを用いてクリップ状の機器を心臓まで運び、僧帽弁の2つの弁尖を挟み込むことで僧帽弁逆流を減らす効果があります。手術に比べるとより多くの逆流が残るため、現時点での適応は手術リスクが高い患者さんに限られています(2019年4月現在)が、今後技術が進歩して適応が広がる可能性はあります。

二次性僧帽弁閉鎖不全症に対して、MitraClipと内服治療を組み合わせることで、内服治療のみと比べて死亡率を有意に下げるという研究結果が発表され、注目されています。