疾患啓発(スポンサード)

糖尿病の原因と症状-1型糖尿病と2型糖尿病の違い

糖尿病の原因と症状-1型糖尿病と2型糖尿病の違い
富樫 信彦 先生

JR札幌病院 糖尿病内科 科長 / 腎臓内科 主任医長(兼任)

富樫 信彦 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

糖尿病は、日本人にとっても身近な病気のひとつです。糖尿病にはいくつかの種類がありますが、食生活や運動不足などの生活習慣を主な原因とする2型糖尿病が多いことがわかっています。2型糖尿病の予防のためには、生活習慣の改善が大切です。具体的に、どのようなことに心がければ発症の予防につながるのでしょうか。

また、1型糖尿病と2型糖尿病の原因や症状には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、JR札幌病院の富樫 信彦(とがし のぶひこ)先生に、糖尿病の原因や症状、予防についてお話しいただきました。

糖尿病とは?

血液中のブドウ糖(血糖)が増えてしまう病気

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)の調節が不良となることによって、血糖が増えてしまう病気です。

血管内

血糖の濃度(血糖値)が高い状態が続くと、体の中の大小さまざまな血管が傷つき、失明や手足の切断、心臓病や腎臓病、脳梗塞などを合併する可能性が高くなります。

インスリンがはたらかないとどうなる?

血糖とインスリンのはたらき

血液中を流れるブドウ糖は、活動のためのエネルギー源としてはたらきます。血液中を流れて、脳や筋肉、内臓などの全身の臓器にたどり着いたブドウ糖は、同じく血液中を流れるインスリンによって、細胞に取り込まれます。インスリンは、すい臓から分泌されるホルモンのひとつであり、血糖が細胞に取り込まれるようはたらきかける役割を果たします。

そのため、健康な状態であれば、インスリンのはたらきによって血糖は一定の量に保たれます。

 

インスリンの働き

インスリンがはたらかないために高血糖の状態になる

糖尿病を発症すると、血糖を取り込むはたらきをもつインスリンが十分に分泌されなくなったり、インスリンのはたらきが悪くなったりする(インスリン抵抗性)ことによって、血糖を臓器に取り込むことができなくなります。

細胞に取り込まれない血糖は血液中にあふれてしまい、高血糖の状態が続くようになります。

インスリン作用不足

糖尿病の種類

糖尿病にはいくつかの種類があり、主に「1型糖尿病」「2型糖尿病」「その他の特定のメカニズム、病気によるもの」「妊娠糖尿病」に分けられます。

1型糖尿病:若い方が突然発症することが多い

1型糖尿病は、インスリンをつくる「すい臓のβ細胞」を自分の体内にあるリンパ球があやまって破壊してしまうことが原因で、インスリンを分泌する能力が低下し、血糖値が高くなってしまう糖尿病を指します。2型糖尿病と異なり食生活や運動不足などの生活習慣は関係なく、突然発症する点が特徴です。

1型糖尿病は、若くして発症する方が多いといわれています。

2型糖尿病:中高年に多く生活習慣が影響して発症

2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が影響することが原因で、インスリンが分泌されにくくなったり、インスリンのはたらきが悪くなったりすることで生じる糖尿病です。日本の糖尿病患者さんの約90%以上は、この2型糖尿病であることがわかっています。

2型糖尿病は、中高年で発症する方が多いといわれています。

特定のメカニズム・他の病気によるもの

特定のメカニズムや他の病気によって発症する糖尿病には、さまざまなケースがあります。

たとえば、がんの治療のためにすい臓を切除した結果インスリンが分泌されなくなり、糖尿病を生じることがあります。また、長期間にわたりすい臓の炎症が続く慢性すい炎が原因で、インスリンを分泌する機能が低下してしまうことがあります。インスリンを十分に分泌できなくなると、糖尿病を生じることがあるでしょう。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、妊娠中に発見・発症した糖尿病を指します。妊娠糖尿病は、妊娠に伴ってインスリンのはたらきや分泌が不十分となることによって起こります。

妊娠中は血糖値が上がりやすくなるため高血糖の状態になる場合があり、血糖値が一定の基準を超えた場合に妊娠糖尿病と診断されます。

2型糖尿病の原因

食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が原因

2型糖尿病は、さまざまな原因でインスリンのはたらきが悪くなる(インスリン抵抗性)ことによって発症します。インスリンのはたらきが悪くなると、徐々にインスリンを分泌する能力が低下していき、高血糖の状態が続くために糖尿病を発症します。

インスリン抵抗性の主な原因は、食べ過ぎによる肥満や運動不足、過度の飲酒などが考えられます。日本では、ファーストフードの普及などによる生活習慣の欧米化や、車社会によって運動不足になることで肥満になる方が増えたといわれています。

カロリーの高い食事

2型糖尿病のなりやすさに遺伝は関係あるの?

2018年7月現在、2型糖尿病の発症に遺伝がどれくらい関係しているかについては、十分にわかっていません。

現状でわかっていることとしては、たとえば、日本人はインスリンを分泌する能力が欧米人ほど高くないという報告があります。そのため、欧米人と比べて、日本人は少し太っただけで糖尿病になりやすいといわれています。

2型糖尿病の症状

基本的に無症状だが、多尿や疲れやすさが現れることも

2型糖尿病は、基本的に無症状といわれています。しかし、血糖値が高い状態が続くと、以下のような症状が現れることがあります。

  • 尿の量が多い(多尿)
  • のどが渇く(口渇(こうかつ)
  • 水分をたくさん飲む(多飲)
  • 体重が減少する
  • 疲れやすくなる

増えた血糖は尿と一緒に排泄されますが、水分も排泄されるため尿の量が多くなります。多尿によって脱水状態になるとのどが渇きやすくなり、水分をたくさん飲みたくなることがあるでしょう。

また、増えた血糖が尿と一緒に排泄されると、体を動かすエネルギーとして十分に活用することができなくなります。エネルギーが減少することによって、体重が減少したり、疲れやすくなったりすることがあります。

症状から2型糖尿病に気づくことはできる?

ゆっくりと進行する場合、気づくことは難しい

糖尿病の自覚症状には個人差が大きいと考えられています。症状に気づきやすい方は、のどが渇くなどの症状から異常に気づくこともあります。しかし、症状を感じにくい方は、気づかないまま何十年も経過し、糖尿病腎症や神経障害、網膜症などの合併症によって糖尿病が発見されることもあります。

病気の進行のスピードにも個人差が大きいため、急に進行した場合には症状も現れやすいですが、進行が緩やかな場合には症状も徐々に現れるため気づきにくいでしょう。

1型糖尿病の原因

インスリンを分泌するβ細胞が壊されることによって発症

すい臓

1型糖尿病は、すい臓でインスリンをつくるβ細胞が壊されることによって、インスリンを分泌することができなくなり発症します。

2018年7月現在、β細胞が壊される原因は十分に解明されていません。研究が続けられている段階ではありますが、1型糖尿病の原因として、ウイルスと遺伝子の影響が報告されています。たとえば、何らかのウイルスへの感染をきっかけに1型糖尿病を発症するケースがあるという報告があります。

1型糖尿病のなりやすさに遺伝は関係あるの?

遺伝の可能性についても研究が続けられていますが、現状では、家族内で1型糖尿病を発症する例は少ないといわれています。

1型糖尿病の症状

急激に症状が現れるため自覚しやすい

1型糖尿病の症状は、お話しした2型糖尿病の症状と同じです。1型糖尿病でも、尿の量が多くなったり疲れやすくなったりなどの症状が現れることがあります。

ただし、1型糖尿病では症状を自覚できるケースが多いです。2型糖尿病の方は数か月や数年という単位で血糖が徐々に上がっていき糖尿病になりますが、1型糖尿病の方は血糖が1週間〜数か月など短期間に一気に上昇することが多いです。

そのため、体がだるくなったり、疲れやすくなったりなどの症状が突然現れます。体重の減少や、のどの渇きも急激に現れるので、症状を自覚しやすいといえるでしょう。

糖尿病を予防するためには

適度な運動やバランスのよい食事を

ウオーキングを行う男性

1型糖尿病は、原因が明らかになっておらず、現状では予防することは難しいといわれています。一方、2型糖尿病を予防するためには、肥満を防ぐために適度な運動やバランスのよい食事を心がけることが大切です。過度な飲酒を控えることも有効でしょう。

また、喫煙も糖尿病の合併症を悪化させる可能性があると考えられているため、禁煙を心がけることも大切です。