疾患啓発(スポンサード)

糖尿病の合併症とその予防-どんなことに注意したらいいの?

糖尿病の合併症とその予防-どんなことに注意したらいいの?
富樫 信彦 先生

JR札幌病院 糖尿病内科 科長 / 腎臓内科 主任医長(兼任)

富樫 信彦 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

糖尿病になり、血糖値が高い状態が続くと、体の中の大小さまざまな血管が傷つき合併症を起こす可能性が高くなります。合併症の中でも、目が見えづらくなる網膜症、腎臓の機能が悪くなる腎症、神経障害は、糖尿病の3大合併症といわれています。

これらの合併症が重症化すると失明や手足の切断にいたることがあるため、合併症の予防と治療が大切です。今回は、JR札幌病院の富樫 信彦(とがし のぶひこ)先生に、糖尿病の合併症と治療法、予防のために注意すべきことについてお話しいただきました。

糖尿病の合併症とは?

高血糖が続くと、さまざまな病気の発症につながる

血糖の濃度(血糖値)が高い状態が続くと、体の中の大小さまざまな血管が傷つき、心臓病や腎臓病、脳梗塞など重症化しやすい病気を合併する可能性が高くなります。

糖尿病の合併症には、以下のようにさまざまな種類があります。

糖尿病の合併症

糖尿病の3大合併症-合併症の種類

合併症の中でも、目が見えづらくなる網膜症、腎臓の機能が悪くなる腎症、手足にしびれや痛みを生じたり感覚がなくなったりする神経障害は、糖尿病の3大合併症といわれています。

ほかにも、以下のようなさまざまな合併症が起こる可能性があります。

  • 意識障害(ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群)
  • 肝障害(脂肪肝など)
  • 骨格病変(骨粗しょう症)
  • 歯周病
  • 認知症
  • がん

などが挙げられます。

いくつも合併症をもつケースが多い

ひとつの合併症をもつ方は、ほかの合併症にもかかっている可能性があります。合併症は、徐々に全体的に起こってくることが多いでしょう。そのため、何らかの合併症をもつ患者さんに対しては、検査によって他の合併症をもっていないか確認していきます。

腎臓に現れる合併症

糖尿病腎症とは?

糖尿病腎症とは、長い間、血糖値が高い状態が続くことで、腎臓の毛細血管などが障害され腎臓の機能が低下する合併症を指します。

腎臓には、糸球体と呼ばれる細い血管が集まっています。糸球体には、血液中の老廃物や余分な水分をろ過し、尿として排泄するはたらきがあります。

腎臓のはたらき

高血糖の状態が続くと、糸球体の血管が傷つくことによって、十分に老廃物をろ過することができなくなります。また、通常はろ過されないタンパク質が尿の中に漏れでてしまい、尿の中のタンパク質が増えてしまうのです。

足のむくみが現れることがある

糖尿病腎症は、初期には無症状であるケースがほとんどです。進行すると、足のむくみで自覚することが多いでしょう。さらに進行すると、腎臓が正常にはたらかなくなる腎不全の状態になり、透析治療を行う方もいます。

透析治療:人工的に血液の浄化を行うこと

糖尿病腎症の治療

血糖コントロールと血圧を下げる治療

合併症の予防全体にいえることではありますが、糖尿病腎症の重症化を防ぐためには、血糖コントロールが大切です。

また、血圧が高いと腎臓に負担がかかってしまいます。そのため、血圧を下げるような治療も、重症化を防ぐために有効でしょう。塩分を制限したり、血圧を下げる効果のある薬を飲んだりすることで腎臓を保護することが効果的と考えられます。

進行すると透析治療を行うことも

進行し、腎不全を合併した場合には、透析治療を行うことが多いです。糖尿病が原因で透析治療が導入される患者さんは、全国で1年間に約16,000名いるといわれています(2018年7月時点)。

目に現れる合併症

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは、目の中にある薄い神経の膜である網膜(もうまく)が傷つくことによって起こる合併症です。高血糖の状態が続くと、網膜の細い血管が傷つくことによって、変形したりつまったりする血管障害が起こります。血管障害によって網膜に酸素がいきわたらなくなると、新しい血管(新生血管)を増やし酸素を補おうとします。

この新生血管はもろいため出血しやすい状態になります。そのため、糖尿病網膜症が進行すると、出血や網膜剥離を生じることがあり、視力の低下や失明につながることがあるでしょう。

視力の低下で自覚することが多い

眼科の検査を受ける男性

網膜症は、視力の低下で自覚することもありますが、かなり進行するまで自覚症状が現れないことが多いです。進行すると、出血によって急に目の前が赤くなってしまったり、網膜剥離によって急に目の前にカーテンがおりたかのように見えなくなったりすることがあります。

重症化すると失明する可能性もあるため、定期的な眼科の受診が大切になるでしょう。

網膜剥離:目の中でカメラのフィルムのような役割をもつ網膜が剥がれてくる状態

糖尿病網膜症の治療

レーザー治療や硝子体手術

網膜症の重症化が予測される場合には、レーザー治療を行うことがあります。レーザー治療には、新生血管の発生を防いだり、すでにある新生血管を減らしたりする効果があり、網膜剥離の抑制につながります。

また、すでに網膜剥離が起こっている場合には、硝子体手術(しょうしたいしゅじゅつ)と呼ばれる手術を行うことがあります。硝子体手術とは、網膜症が進行し、網膜剥離や出血が起こった場合に行う手術です。目の中の出血を除去したり、剥離した網膜をもとに戻したりすることを目的に行う治療になります。

高血糖と低血糖に注意した血糖のコントロールを

糖尿病網膜症を悪化させないためには、他の合併症と同じよう血糖のコントロールが大切です。

また、網膜症は、急激に血糖が下がりすぎても悪化する可能性があるといわれています。そのため、網膜症が進行している場合には、急に血糖が下がりすぎないよう、狭い範囲内で血糖をコントロールすることが大切になるでしょう。

足に現れる合併症

神経障害による足の壊疽・潰瘍とは?

糖尿病の神経障害では、手足にしびれや痛みを生じたり、感覚がなくなったりする症状が現れます。神経障害によって、足の組織が死んでしまう壊疽(えそ)や、潰瘍(かいよう)が現れることがあります。足の壊疽や潰瘍は、傷口からの感染をきっかけに生じることが多いです。

潰瘍:粘膜や皮膚の表面が炎症を起こしてくずれることでできた傷が、深くえぐれたようになった状態

神経障害の治療

神経障害を和らげる薬による治療

神経障害の治療では、いくつかの治療が用いられることが多いです。主に、神経障害によるしびれを和らげたり、ピリピリとした痛みを感じにくくしたりする薬が用いられます。

足の壊疽や潰瘍を防ぐために

足の壊疽や潰瘍は、傷口からの感染をきっかけに生じることが多いです。そのため、傷をつくらないよう注意したり、傷口がある場合には、ばい菌が入りやすいので清潔にしたりすることが大切です。

足

また、すでに感染症が起こっている場合には、感染症の治療が重症化を防ぐでしょう。また、血流障害を合併している場合には、血管内治療を行います。血管内治療では、カテーテルで血管を広げるような治療を行うことがあります。

糖尿病の合併症を予防するために

血糖のコントロールが大切

お話ししたような合併症を防ぐためには、血糖のコントロールが大切です。血糖が高くなりすぎても糖尿病が重症化しやすくなりますが、逆に血糖が下がりすぎることも推奨されません。

血糖を下げすぎると、低血糖と呼ばれる状態になることがあるため、適切な血糖の範囲にコントロールすることが大切です。たとえば、食後に急に血糖が上がりすぎたり、食前に急に血糖が下がりすぎたりしないような調節が必要になります。

目標の血糖値は糖尿病の状態によって異なるため、主治医の先生と相談しながら治療に取り組むことが大切になるでしょう。

中断することなく糖尿病の治療を継続してほしい

糖尿病の治療を中断してしまうと、血糖をうまくコントロールすることができないために合併症の発症につながる可能性があります。

医師の話を聞く患者さん

合併症を発症しやすいかどうかには個人差が大きいですが、仮に合併症を発症しやすい方が治療を中断してしまった場合には、発症する可能性は高くなってしまいます。治療によって改善されたとしても、記事2『糖尿病の治療法-効果的な食事療法や運動療法って?』でお話ししたような食事療法や運動療法、場合によっては薬物療法を続けてほしいと思います。

富樫信彦先生からのメッセージ

定期的な健康診断で早期診断・早期治療を

先生

記事1『糖尿病の原因と症状-1型糖尿病と2型糖尿病の違い』でお話ししたように、糖尿病は、症状が現れにくいという特徴があります。そのため、定期的に健康診断を受けていただき、早期診断と早期治療を心がけてほしいと思います。

また、糖尿病は、けがや感染症と異なり、一生つきあう必要のある病気と考えられています。治療を開始したら、自己判断で通院や治療を中断しないことが大切です。主治医と相談しながら治療を継続し、合併症による重症化を防いでほしいと思います。