インタビュー

鼓室形成術とは? その特徴について解説

鼓室形成術とは? その特徴について解説
染川 幸裕 先生

JR札幌病院 副院長 / 耳鼻咽喉科

染川 幸裕 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

聴力障害(難聴)が起こると、会話の輪に入れず疎外感を抱いたり、電話で言葉が聞き取りにくかったりなど、生活にさまざまな支障を生じます。

聴力障害には音が内耳にうまく伝わらない「伝音難聴」と、内耳に原因があり音を感じる能力が低下する「感音難聴」に分けられます。伝音難聴を改善する方法として、中耳疾患の治療法のひとつである「鼓室形成術」があります。

鼓室形成術とは、薬や外来の治療では治すことができない中耳疾患に対して、中耳の病巣を処理し、健全な中耳の空間(中耳腔)に戻すことを目的に行う手術です。さらに音の伝わりを改善する効果も期待できます。今回は、JR札幌病院の染川幸裕先生に、鼓室形成術の特徴についてお話しいただきました。

内耳:音を感じる神経がある耳の奥の部分

中耳の疾患はどのように起こる?

耳の構造と音が伝わる方法

耳は、外側から外耳、中耳、内耳に分けられます。鼓膜の奥に中耳という空間(中耳腔)があり、そこに鼓膜の振動を内耳に伝える3つの骨(耳小骨)が靱帯で吊り下げられています。また、中耳の奥の骨の中には、内耳と呼ばれる図のような形のトンネル構造があります。

 

耳の構造

 

このトンネルは内耳液で満たされ、その中に聞こえの感覚細胞が配列しています。

鼓膜がとらえた音の振動は、耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)がテコの原理で振動エネルギーを増幅させて、アブミ骨が付いている内耳の窓(前庭窓(ぜんていそう))から内耳に伝達されます。この振動を内耳の感覚細胞が感知し、電気信号として脳に送ります。また、内耳に入った振動エネルギーは別の窓(蝸牛窓(かぎゅうそう))から中耳腔に放出されます。

 

正常鼓膜
正常鼓膜(右耳):染川幸裕先生ご提供画像

中耳の換気が損なわれるとさまざまな問題を生じる

中耳は鼓膜によって外耳と遮蔽されているため、外耳から中耳への空気の入れ換えはできません。中耳への空気は、鼻の奥(鼻咽腔)から耳管を通じて入ります。さらに、入った空気は鼓膜の裏から耳小骨の周りのスペースを通って中耳の奥深くまで換気されます。

耳管から中耳の奥隅々までの換気が損なわれると、中耳に水がたまる滲出性中耳炎や、鼓膜が中耳腔奥の壁(鼓室壁)に癒着してしまう癒着性中耳炎、鼓膜や外耳道の皮膚が中耳や耳小骨の裏に吸い込まれる真珠腫性中耳炎など、さまざまな問題を生じることになります。

中耳の換気が損なわれる原因には、「耳管の通りが悪い(耳管狭窄症)」、「鼻すすりの習慣がある」、「急性中耳炎が悪化する」、「中耳に水がたまる滲出性(しんしゅつせい)中耳炎が長期におよぶ」、などさまざまなケースがあります。

鼓室形成術とは?

中耳の病変を処理し感染や再発を防ぐ手術

鼓室形成術とは、薬や外来の治療では治すことができない中耳疾患に対して行う手術治療です。中耳の病変を処理し、中耳腔を健全な形に整えることで、感染や病変の再発を防ぐことを目的に行われます。

主に、鼓膜に大きな穴が開いていたり、耳小骨が消失して鼓膜から内耳に音が伝わらないような病変に対して、鼓室形成術を実施します。鼓膜の形成や音の伝わる経路を再構築することで、伝音障害(伝音難聴)の改善が期待できます。

ただし、音を感じる機能が低下する内耳性聴力障害(感音難聴)は、鼓室形成術で改善することはできません。

中耳の病変を治療することはなぜ大切なの?

 

中耳の奥、鼓室壁の骨の中のトンネル構造が内耳です。内耳は骨の中にありますが、アブミ骨が付いている音の振動を入れる窓(前庭窓(ぜんていそう))と内耳に入った振動エネルギーを中耳に放出する窓(蝸牛窓(かぎゅうそう))が薄い膜のみで隔てられて中耳腔に開いています。

中耳の炎症が長期間続く場合、炎症がこれらの窓を通して徐々に内耳にも影響し、内耳性聴力障害を生じることがあります。

このようにして生じた内耳性聴力障害は治療で回復することが非常に困難なため、内耳に影響がおよぶ前に中耳の病変を治すことが大切になります。

「鼓膜形成術」と「鼓室形成術」の違い

穴のあいた鼓膜(鼓膜穿孔)に対して鼓膜のみを形成する手術は、鼓膜形成術と呼ばれます。

一方、感染を繰り返すような鼓膜穿孔や、鼓膜穿孔に耳小骨の障害が加わった場合に行うものが鼓室形成術です。中耳内の感染を繰り返す原因を解消し、耳小骨の損傷を修復してから鼓膜を形成します。

鼓室形成術の効果

感染のない乾いた状態の耳に戻り聴力が改善する

患者さんが実感できる鼓室形成術の効果は、感染のない乾いた耳に戻ることと、聴力が改善することです。

鼓室形成術を受ける患者さんは、中耳の病変によって耳の中が耳だれ(耳漏)によって汚れているケースが多くあります。鼓室形成術によって乾燥状態の耳に戻り、音の響きが改善することで喜ばれる患者さんが多いでしょう。

耳だれ(耳漏):耳の中から分泌液が出てくる状態

アブミ骨の形が残っているかどうかが術後の聴力改善成績に影響する

耳小骨のひとつであるアブミ骨は、鼓膜でとらえた音の振動を内耳へ伝えるために大きな役割を果たしています。

アブミ骨が健全な状態で保たれていれば、鼓室形成術後5年を経過した頃でも7~8割程度の方が改善した聴力レベルを保っているという報告があります。

しかし、アブミ骨の構造が壊れている(特にアブミ骨の上部構造が無くなっている)場合には、手術で再構築した鼓膜からアブミ骨を経て内耳へと音を伝える形態が不安定になりやすく、術後に十分な伝音聴力の改善が得られないケースもあります。

鼓室形成術の対象となる中耳疾患の種類

鼓室形成術が行われる中耳疾患には、主に以下のものがあります。

穿孔性(せんこうせい)中耳炎

 

穿孔性(せんこうせい)中耳炎
染川幸裕先生ご提供画像

穿孔性中耳炎とは、鼓膜に穴があいてしまうこと(鼓膜穿孔)で音の振動を受けることが難しくなり伝音聴力の低下をきたす疾患です。鼓膜穿孔は細菌感染で生じることもありますし、外傷で生じることもあります。

また、鼓膜の役割は、外からの音を受けるだけではありません。鼓膜には、中耳や内耳を外からの感染から守る役割もあります。そのため、鼓膜に大きな穴があいていると、中耳が汚れやすくなります。長期間にわたり中耳が汚れていると、内耳にも影響が及び内耳性聴力障害を合併することもあります。

癒着性中耳炎

癒着性中耳炎
染川幸裕先生ご提供画像

 

癒着性中耳炎とは、鼓膜が鼓室壁に癒着してしまう中耳炎です。癒着範囲は鼓膜の一部から全体におよぶ場合があります。また、鼓膜の穿孔と癒着が混在している場合もあります。

さらに、癒着により耳管からの空気が中耳の奥までおよばなくなると、鼓膜が耳小骨の裏に吸い込まれて、後述する真珠腫性中耳炎に移行することがあります。

真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎

真珠腫性中耳炎には後天性のものと先天性のものがあります。

 

真珠腫性(しんじゅしゅせい)中耳炎
染川幸裕先生ご提供画像

後天性の真珠腫性中耳炎

後天性の真珠腫性中耳炎は、中耳腔奥への換気が損なわれて外耳道の皮膚や鼓膜の一部が袋状に中耳腔に吸い込まれることから発症します。この袋の中に壁の皮膚からの(あか)が蓄積していきます。その結果、周囲の骨を吸収して中耳や内耳の構築を壊しながら垢の詰まった皮膚の袋が徐々に大きくなっていく病態の中耳炎です。この袋は白い真珠のように見えることから真珠腫と呼ばれます。

この中耳炎では細菌感染を生じやすく、治りにくい「耳だれ*」を生じます。病態が進行して中耳の構造が壊れていくと、聴力低下のほかに、めまいや顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)を生じたり、頭蓋内に感染炎症が生じる髄膜炎(ずいまくえん)および脳膿瘍(のうのうよう)などを合併したりするケースもあります。

真珠腫性中耳炎は、皮膚や鼓膜が吸い込まれるパターンからいくつかの種類に分かれ、それぞれ進行も異なります。

先天性の真珠腫性中耳炎

先天性の真珠腫性中耳炎とは、中耳腔に皮膚の袋が生まれた時点から存在する病態です。後天性のものと同じように、袋は内部に垢がたまることで大きくなっていきます。中耳炎になって耳鼻科を受診したときに発見されることが多く、就学前のお子さんが多数を占めます。

後天性でも先天性でも、真珠腫性中耳炎の病態はこの袋(真珠腫)の存在が原因であるため、薬で治すことはできません。根本的な治療は手術による真珠腫摘出です。しかし手術を行っても、真珠腫の一部が残っていたり、袋ができる原因が解決されていなかったりすると、真珠腫が再発してしまうことがあります。

鼓室硬化症

鼓室硬化症
染川幸裕先生ご提供画像

鼓室硬化症とは、鼓膜や耳小骨の周囲に、繊維化・石灰化・骨化した硬化組織が蓄積する病態です。鼓室硬化症になると、鼓膜や耳小骨の可動制限を生じ、聴力の低下をきたします。

コレステリン中耳炎

コレステリン中耳炎
染川幸裕先生ご提供画像

コレステリン中耳炎とは、中耳腔の換気障害によって生じる病態です。換気障害により中耳腔に分泌液がたまってしまい、長期におよぶと中耳粘膜が傷んで赤茶けたコレステリン結晶ができます。この中耳炎では鼓膜が青い色になる点が特徴です。

重症化していなければ、鼓室形成術を行わなくても、外来治療で鼓膜にチューブ状の筒(換気チューブ)を挿入して中耳腔に換気を再開し維持することができれば、中耳粘膜障害が改善してコレステリン中耳炎が治る可能性も期待できます。

中耳炎術後症

中耳炎術後症とは、鼓室形成術を行っても、中耳炎が治らなかった場合や、中耳炎は治っても術後の中耳腔に新たな問題が発生した状態です。

たとえば、数年あるいは数十年前に中耳炎の手術を受けた方の中には、当初の病態は治っていても手術により変わってしまった中耳の形が原因で感染し耳だれが持続しているケースがあります。また、この感染を治療するために耳だれの吸引や耳内の洗浄を試みると、めまいを生じて治療の中断を余儀なくされる場合もあります。

このように中耳の感染が続く場合や、術後聴力が思ったほど改善しない場合には、再度、鼓室形成術により中耳の形を整えて感染制御や聴力改善をはかることもあります。

鼓室形成術の適応はどのように決定される?

病状や聴力障害など生活上の支障状況をふまえて総合的に手術適応を決定

鼓室形成術が適応となる中耳疾患の多くは、生命にかかわるわけではありません。そのため、お話ししたような疾患があっても、必ずしも鼓室形成術を行うわけではありません。

病状や患者さんの聴力、日常生活におよぼす影響、ご本人やご家族のご希望などを総合的に判断し、鼓室形成術を行うかどうかを決定します。

聴力が若干低下し多少不便なだけという状態であれば、補聴器を選択することもあります。また、コレステリン中耳炎や真珠腫性中耳炎を発症したとしても、発症初期の段階であれば、たまった耳垢(耳あか)をとったり、中耳に空気を通す練習(いわゆる耳抜き)を定期的に行うことで病態を改善させたり進行を防いだりすることもあります。

鼓室形成術はどの年齢層でも可能

鼓室形成術を行う年齢に制限はありません。そのため、現状では、2~3歳のお子さんから80歳以上の方まで幅広い年齢層の患者さんに行うことが可能です。

JR札幌病院では手術は全身麻酔で行います。手術の出血は少量で、体力的な負担をかけることなく行うことができます。

また、術前・術後を通して基本的に痛みを伴うことはありません。

手術の適応について不安なことがあれば、治療方法を医師へ相談してほしいと思います。

鼓室形成術の手術方法と術後の生活に関しては、記事2をご覧ください。