【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 650464e2 2920 46d1 bf39 ad5aca9b00f3
腰椎椎間板ヘルニアの治療法-腰椎椎間板ヘルニアは治療で治る?
腰椎椎間板ヘルニアでは、背骨をつなぐ椎間板が何らかの原因によって突出し、神経を圧迫することで、腰痛や下肢の痛みなどの症状が現れるようになります。症状が現れたとしても、腰椎椎間板ヘルニアの80%以...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

腰椎椎間板ヘルニアの治療法-腰椎椎間板ヘルニアは治療で治る?

公開日 2018 年 12 月 28 日 | 更新日 2018 年 12 月 28 日

腰椎椎間板ヘルニアの治療法-腰椎椎間板ヘルニアは治療で治る?
中野 恵介 先生

牧整形外科病院 副院長兼脊椎センター長

中野 恵介 先生

目次

腰椎椎間板ヘルニアでは、背骨をつなぐ椎間板が何らかの原因によって突出し、神経を圧迫することで、腰痛や下肢の痛みなどの症状が現れるようになります。症状が現れたとしても、腰椎椎間板ヘルニアの80%以上は、自然治癒するといわれています。それでは、自然治癒しない場合には、どのような治療が行われるのでしょうか。

今回は、牧整形外科病院の中野 恵介先生に、腰椎椎間板ヘルニアの治療法についてお話をお伺いしました。

腰椎椎間板ヘルニアは治る?

腰椎椎間板ヘルニアの80%以上が自然治癒する

腰椎椎間板ヘルニアは、基本的には、自然治癒する、あるいは治療によって治る病気と考えていただいてよいでしょう。腰椎椎間板ヘルニアの80%以上は、時間経過に伴い自然治癒します。そのため、自然治癒の可能性を考え、まずは薬物療法など手術以外の保存的治療によって治療を行っていくケースが多くなります。

自然治癒しないケースとは?

自然治癒するかどうかは、ヘルニアの形態や大きさなどによって異なります。自然治癒しないケースには、さまざまなケースがあります。たとえば、繊維輪の後ろにある後縦靭帯を破っていない場合には治りにくいと考えられます。たとえば、以下のイラストの中では、突出型や靭帯下突出型などが該当します。

逆に、繊維輪の後ろにある後縦靭帯を破り、完全に分離しているヘルニアは自然治癒しやすいといわれています。

腰椎椎間板と自然治癒

ただし、自然治癒しない場合であっても、手術によって治療が可能です。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法

腰椎椎間板ヘルニアの治療法には、主に薬物療法、運動療法、装具療法、手術があります。原則的に、神経症状が強く現れていないときには、薬物療法や運動療法、装具療法などの保存的治療を選択します。保存的治療で治る場合、3〜6か月程度で症状が落ち着くといわれています。

薬物療法

薬

薬物治療は、痛みなどの症状を和らげることを目的に行います。一言で痛みといっても、痛みの種類や程度によって、さまざまな薬を使い分けます。たとえば、神経の痛みが強い場合には、神経症状に効果が認められている薬を使用します。

患者さんには、受診時にご自身の症状をご相談いただくことが、適した薬の使用につながるでしょう。薬物療法で痛みを抑えながら、なるべく普段通りの生活を送り、QOL(生活の質)を下げないことが大切です。

運動療法

運動療法では、筋肉のトレーニングやストレッチを行います。股関節のストレッチや、記事1『腰椎椎間板ヘルニアの症状や原因とは?』でお話ししたようなアイソメトリックスという体の奥の筋力を鍛える体幹トレーニング法を指導し、患者さんにご自宅で実践していただきます。

装具療法

装具療法とは、腰椎コルセットなどによってヘルニアが生じている場所を固定する治療法です。この装具療法には、急性期に痛みを和らげる効果があるといわれています。

手術

腰椎椎間板ヘルニアの手術では、神経を圧迫しているヘルニアを摘出します。さまざまな手術方法がありますが、当院では傷が小さく、患者さんの負担の少ない低侵襲手術を行っています。手術用顕微鏡や内視鏡を用いる手術があり、患者さんの状態やご希望によって選択するようにしています。

腰椎椎間板ヘルニアの手術の様子
画像ご提供:牧整形外科病院

腰椎椎間板ヘルニアの治療期間

3〜6か月がひとつの目安

患者さんの状態によって異なりますが、腰椎椎間板ヘルニアの治療は3〜6か月程度続くことが多いでしょう。お話ししたように、椎間板ヘルニアは自然治癒するケースも多いため、症状が軽度の場合には保存的治療を行います。

3か月以上薬物治療や運動療法など保存的治療を続けても効果がないときには、手術を行うことがあります。また、お仕事の事情などで早く治したいという希望がある場合には、3か月の経過を待たずに手術を行うこともあります。

当院では、手術を行わない場合の通院頻度は、1か月に1度ですが、たとえば、尿が出づらいなど何らかの症状の変化があれば受診するよう伝えています。

再発の可能性

一度自然治癒した方が再び椎間板ヘルニアを起こすこともあります。また、手術を行っても再発することがあり、日本人の再発率は5〜10%程度といわれています。再発の可能性については常にお伝えするようにしています。なお、再発する場合、初発と同じ症状を訴えていらっしゃるケースが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアになったら安静にした方がいい?

痛みがとれたら動いた方がいい

歩いている若い男性

腰椎椎間板ヘルニアは、急性期には安静にしていただいた方がいいケースもありますが、基本的には、普段通りの生活を送り、生活の質を下げないことが大切です。動くことができない急性期には安静にしたほうがよいケースもありますが、薬物治療などによって痛みがある程度とれてきたら積極的に動いていただきたいと思います。

記事3『腰椎椎間板ヘルニアの手術-手術後の生活で気をつけるべきこととは?』では、椎間板ヘルニアの手術についてお話しいただきます。

 

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症(中野 恵介先生)の連載記事

整形外科医として、脊椎・脊髄外科を専門としている。主に脊椎の変性疾患や脊柱変形に対する低侵襲手術を行なっており、なるべく体に負担のかからない手術を行うために研鑽を積んでいる。丁寧な診療と高い技術で患者さんの信頼を集めている。