疾患啓発(スポンサード)

鼠径ヘルニアとはどんな病気?検査、症状について

鼠径ヘルニアとはどんな病気?検査、症状について
湘南厚木病院 外科部長 寺島 孝弘 先生

湘南厚木病院 外科部長

寺島 孝弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

鼠径ヘルニアは、腸などが筋膜の間からはみ出して、足の付け根部分の皮膚の下に飛び出てしまう病気です。基本的には姿勢を変えたり力を抜いたりすれば元に戻るものの、元に戻せない危険な状態が引き起こされる場合もあります。時間に余裕のあるときにしっかりと治療することが大切です。

今回は、鼠径ヘルニアとはどのような病気なのか、湘南厚木病院 外科部長である寺島孝弘先生にお伺いしました。

鼠径ヘルニアとはどんな病気?

鼠径ヘルニア

足の付け根で腸が筋膜をこえて皮膚の下まで押し出されている病気

鼠径ヘルニアは、立ち上がったりお腹に力を入れたりしたときに、足の付け根部分である鼠径部(そけいぶ)に何かがポコッと出てくるような症状で最初に気づかれることの多い病気です。ほとんどの場合、腸が出っ張っているような状態であり、腸が脱出すると書いて「脱腸」とも呼ばれています。

通常は腸が出てくるようなことはないのですが、加齢性の変化でだんだん組織が弱くなってくると、鼠径部の筋肉の下にある「筋膜」という膜が弱くなり、そこから腸が飛び出るような状態になります。

若い方でも発症する可能性がある

足の付け根部分の組織は加齢によっても弱くなりますが、小児鼠径ヘルニアという病気があるように、生まれつき組織が弱い方もいます。そのため、加齢性の変化によるだけでなく、若い方でも発症する可能性があります。また、立ち仕事や、お腹に力のかかる肉体労働などに従事することの多い方は、鼠径ヘルニアになりやすいとされています。

男性に多くみられる

鼠径ヘルニアは男女どちらでも発症する可能性がありますが、男性に多くみられます。男性の体はもともと、胎児期にはお腹の中にあった睾丸が外へ出ていく通り道ができているため、そこから腸が出てくることがあります。このことから、男性のほうが鼠径ヘルニアになりやすい傾向があると考えられています。

鼠径ヘルニアの症状─基本的に痛みはない

鼠径ヘルニアでは、立った時やお腹に力を入れたとき、足の付け根部分がふくらんでくるように感じますが、寝転がって力を抜くと元に戻ります。通常は、腸が出てきた違和感や気持ち悪さがあっても、強い痛みを感じることはほとんどありません。

もしも強い痛みが出ている場合は、「嵌頓(かんとん)」という状態の可能性があるため、すぐに病院を受診する必要があります。嵌頓について詳しくは『危険な状態「嵌頓」とは?』の項目でお話しします。

鼠径ヘルニアの検査、診断

超音波検査(エコー検査)
超音波検査(エコー検査)

超音波検査で充分に診断できる

鼠径ヘルニアを診断するためには、まずはご本人の症状が重要です。実際に外来を受診されたら、どういった状況でどのような症状があるのか、またお腹に力を入れた状態では鼠径部のふくらみがどのようであるのかといったことを確認します。

しかし、鼠径ヘルニアが疑われる場合は、超音波検査(エコー検査)を実施することが一番確実です。鼠径ヘルニアは超音波検査だけで充分に診断できるため、検査はだいたい15分から20分程度で終わります。

痛みが強いときや、鼠径部のふくらみを押しても元に戻らない状態では、超音波検査のほかにCT検査を追加することもあります。

超音波検査は体に負担がかからない

超音波検査は、痛みを伴うようなことはなく、超音波検査用ゼリーを塗って行うだけの簡単な検査方法です。たとえば、一般的な腹部超音波検査では食事制限があるため患者さんの負担となることがありますが、鼠径ヘルニアに関しては食事制限の必要がなく、基本的には受診した日にすぐ検査を受けることができます。

危険な状態、「嵌頓」の特徴とは?

おなかを抑える男性 ペイレス

飛び出た腸が戻らなくなる状態

通常の鼠径ヘルニアでは、お腹に力を入れたり立ったりしたときに鼠径部がふくらみ、寝転べば元に戻ることが特徴です。しかし、非常にまれですが、ふくらみがそのまま元に戻らなくなってしまうことがあります。この状態を嵌頓(かんとん)といいます。

いつ、どのような状況で嵌頓が起こるのかということはまだ分かっていません。鼠径ヘルニアには個人差があり、鼠径部が大きく出る方や、ほんの少ししか出ない方などさまざまですが、どのような状態の方でも嵌頓する可能性はあります。

嵌頓かな?と思ったらすぐに病院へ

嵌頓した場合、基本的にはすぐ病院に来ていただく必要があります。腸が出たまま戻らなくなってしまっている状態では、一般的には6時間経過すると腸の壊死が始まるといわれているためです。嵌頓状態に気づいたのがたとえば夜中だったとしても、翌朝まで待たないで受診してください。受診する際は身支度などの準備をしてからで構いませんので、速やかに処置を受けることが大切です。

湘南厚木病院では夜間(20:00~7:00)も対応しており、嵌頓状態の起こった患者さんが受診されたらすぐに処置を行っています。

嵌頓の特徴は「触っても戻らない」「明らかな痛みがある」

鼠径ヘルニアの患者さんの中で、嵌頓になったかどうかわからないのではないかと心配される方も多いのですが、通常の鼠径ヘルニアと嵌頓では2つの大きな違いがあります。

1つは、普段は出たり入ったりしていた組織が戻らなくなってしまうということです。寝転んだり手で押し込もうとしたりしても元に戻らず、また非常に硬いカチカチの状態になります。もう1つは痛みです。嵌頓するまでは、違和感や不快感が主な症状ですが、多くの場合はそれと比べて明確に痛みが出てきます。

このように、触っても戻らないという感覚や、いつもと違う症状がある場合には、すぐに病院へかかって処置を受けるようにしてください。嵌頓以外では、鼠径ヘルニアの状態が急激に悪くなることはありませんので、時間があるときに受診して診断してもらうとよいでしょう。

嵌頓で病院を受診した場合の治療

症状や、嵌頓していた時間、CT検査などから腸の壊死があるかどうかを判断します。腸の壊死がある場合は緊急手術で、腸を部分的に切除する事になります。しかし、一般的に、嵌頓してから腸が壊死するまでは6時間程度と言われていますので、嵌頓に気づいた後にきちんと受診していただければ壊死まで進んでいる事は多くありません。

壊死が無いと判断した場合は、嵌頓したヘルニアを単純に皮膚の上から押し戻します。もちろん、患者さんが押しても戻らないので病院に来ていただいているのですが、私たち医師が行うとかなりの症例で戻すことが可能です。

しかし、それでも戻らない時は、やはり手術にて戻す事になります。この手術の際は腸を切除する必要はないので、通常の鼠径ヘルニアの手術とほぼ同じ手術となります。

もしかして鼠径ヘルニア?受診を迷っている方へ

診断 ペイレス

まずは病院で診断を受けることが重要です

鼠径ヘルニアになんとなく気づいていても、いざ病院に行くとなるとハードルが高いと感じて、我慢してしまっている方は多いのではないでしょうか。しかし、受診したらその場ですぐ手術をするわけではありません。まずは超音波検査で確実な診断を受け、本当に鼠径ヘルニアなのかどうかを調べることが重要です。

時間のあるときに治療しておきましょう

鼠径ヘルニアでは、まれに嵌頓という危険な状況になることがあるため、主治医とよく相談したうえで時間のあるときに治療することが大切です。特に、運動したり力仕事をしたりする方は、鼠径部の不快感や違和感が強くなっていく傾向があり、ある程度早い段階で手術が必要になるかと思います。手術の日程に関してはご相談が可能ですので、鼠径ヘルニアの症状がある方はお気軽に受診していただければと思います。

【湘南厚木病院へのお問い合わせはこちら】

受付時間: 8:30~16:00 月~金曜日

      8:30~12:00 土曜日(祝祭日を除く)

電話番号: 046-223-3636

湘南厚木病院のホームページはこちら

  • お問い合わせの際はメディカルノートのこちらの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。