疾患啓発(スポンサード)

乳がん検診とは? 検診の種類・検診後の精密検査について解説

乳がん検診とは? 検診の種類・検診後の精密検査について解説

日本鋼管福山病院 乳腺外科 専門部長

藤井 清香 先生

日本鋼管福山病院 乳腺外科 部長 椎木 滋雄 先生

日本鋼管福山病院 乳腺外科 部長

椎木 滋雄 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乳がんの早期発見のためには、乳がん検診が有効といわれています。乳がん検診には、市区町村が主体となって行う住民検診などを指す「対策型検診」と、人間ドッグなど自己負担で受診する「任意型検診」があります。

日本鋼管福山病院は、対策型検診と任意型検診の両方に対応しています。これらの検診では、どのような検査が行われるのでしょうか。また、どれくらいの頻度で受診すべきなのでしょうか。

今回は、日本鋼管福山病院の藤井 清香先生に、乳がん検診で行われる検査の種類から、乳がん検診から精密検査の流れまでお話しいただきました。

乳がん検診の種類

乳がん検診には、対策型検診と任意型検診があります。

対策型検診-住民検診など

対策型検診とは、国民全体の死亡率を下げることを目的として、国のがん対策の一貫として行われる検診を指します。具体的には、市区町村が住民を対象に行う住民検診などが対策型検診に当たります。

2018年現在、住民検診では、40歳以上の女性に2年に1度の頻度で乳がん検診を行っています。なお、住民検診は費用の一部を市区町村が負担するため、無料や低価格で受診することが可能です。

任意型検診-人間ドッグなど

一方、任意型検診とは、本人の希望などに基づき自己責任で行われる検診を指し、人間ドッグなどがこれにあたります。任意型検診は基本的に自己負担で行われますが、勤務先や加入している健康保険組合などの福利厚生の一環として提供されることもあります。なお、任意型検診の受診に年齢の決まりはありません。

乳がん検診で行われる検査の種類

マンモグラフィ検査が基本

対策型検診であっても任意型検診であっても、マンモグラフィ検査が乳がん検診の基本となります。マンモグラフィ検査とは、乳房専用のX線撮影装置を用いて行う検査です。

この検査では、板状のプレートで乳房を挟み、撮影を行います。乳房組織を鮮明に映し出すため、視診や触診では発見しにくい小さな病変も見つけることができる点が大きな特徴です。

特に、40歳以上の方には、マンモグラフィ検査による検診が推奨されています。

マンモグラフィ検査

任意型検診では、超音波検査、MRI、PET検査などを行うことも

任意型検診では、マンモグラフィ検査を基本としながら、超音波検査、MRI、PET検査*などさまざまな検査方法からご本人の価値観にあわせて、選択することができます。

PET検査:放射性薬剤を体内に投与し特殊なカメラによって画像化する検査

日本鋼管福山病院の乳がん検診とは?

当院は、対策型検診と任意型検診、どちらにも対応しています。

対策型検診ではマンモグラフィ検査と触診を実施

対策型検診では、マンモグラフィ検査とともに触診を実施している点が特徴です。病変がすべて映らない場合を考慮し、触診で補うようにしています。

任意型検診では超音波検査を行うことも

任意型検診では、40歳未満であれば、視触診と、超音波検査もしくはマンモグラフィ検査、または、ご希望によっては超音波検査とマンモグラフィ検査の両方を受けることができます。

40歳以上の方の場合は、視触診とマンモグラフィ検査を基本としますが、ご希望によって超音波検査を追加することも可能です。

日本鋼管福山病院の乳がん検診の特徴

マンモグラフィ検査は全員女性技師が担当

当院の乳がん検診では、マンモグラフィ検査や、乳房超音波検査を女性技師が担当します。これは、当院の乳がん検診の特徴のひとつです。

女性技師

問診でリスクを確認し声がけを行う

当院の乳がん検診の触診時には、あわせて問診も行います。問診によって、家族内に乳がんや卵巣がんを経験した方がいないかなど、乳がんにかかるリスクを確認していきます。そのうえで、リスクが高いと判断した場合には、検診の受診を継続するよう声がけをしています。

自己検診の方法を指導

また、自分で乳房の状態を見たり触ったりすることで、しこりを確認していく自己検診(セルフチェック)の方法をしっかりとご説明させていただいています。

たとえば、検診を受ける方の中には、自己検診のやり方が間違っているために、乳腺そのものを大きなしこりだと勘違いされる方がいらっしゃいます。これは、自分で乳房を触るときに、乳房をつまんでしまっているために起こることが多いです。つまむのではなく、上から押して触っていき、しこりがないかどうか、左右差がないか確認していくとよいでしょう。

乳がん検診はどれくらいの頻度で受けるべき?

対策型検診であっても任意型検診であっても、定期的に受診することが大切です。

住民検診は2年に1度必ず受けて

対策型検診である住民検診は、2年に1度、無料あるいは低価格で受診することができるため、毎回受けることをおすすめしたいと思います。

家族内に乳がんや卵巣がんの方がいる場合には任意型検診を検討して

任意型検診は、特に、家族内に乳がんや卵巣がんの方がいらっしゃる方に受診を検討していただきたいです。また、乳がんにかかることを過度に心配されているような方も、少しでも安心につなげていただくために受診をおすすめします。

上記のような方たちには、任意型検診の毎年の受診をおすすめしたいと思います。

乳がん検診で異常が見つかった後の精密検査とは?

問診、視触診、マンモグラフィ検査、超音波検査など

乳がん検診で異常が発見された後の精密検査では、主に問診、視触診、マンモグラフィ検査、超音波検査、針生検などを行います。

基本的に超音波検査によって乳房の血流や硬さを確認していき、検診で指摘された部位に病変がないかを調べていきます。MRIを用いることもあります。

病変がみつかった場合には細胞診や組織診を行うことも

検診の結果、病変が発見された場合には、そのまま経過観察となることもありますし、病変部の細胞や組織を取って詳しく調べる(細胞診・組織診)こともあります。

日本鋼管福山病院の乳がんの精密検査の特徴

患者さんへの負担を軽減するよう配慮している

当院の乳がんの精密検査の特徴のひとつに、患者さんへの負担の軽減への配慮があります。

たとえば、精密検査のなかでも、針を用いた検査には、以下の3つがあります。

  • 穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)
  • 針生検
  • 吸引式乳房組織生検

これらの検査は、穿刺吸引細胞診→針生検→吸引式乳房組織生検の順番に診断精度が高くなりますが、検査費用、合併症が生じる可能性も同様の順番で高くなります。そのため、当院では、病変によって上記の3つの方法を使い分けています。

検査結果を丁寧に説明する

また、患者さんへ検査結果について十分な説明をすることができるよう、説明の時間を長く設定している点も特徴です。

乳がん検診の結果、要精密検査となった場合、「乳がんではないのだろうか」と不安を感じる方も少なくないと思います。当院では、その不安を少しでも取り除くことができるよう、検査結果を丁寧に説明するよう心がけています。

診察

先生からのメッセージ

乳がん検診によって早期発見に努めて

乳がん検診には、早期発見というメリットがあります。乳がんを早期で発見することができれば、治療による身体的な負担や経済的な負担が軽減される可能性があります。基本となるマンモグラフィ検査による検診を受け、早期発見に努めていただきたいと思います。

「要精密検査」となったら必ず精密検査を受けてほしい

検診の結果、異常がなかった場合でも、毎月、しこりがないか、乳房の変化がないか自己検診することが推奨されています。なお、自己検診の結果、何らかの異常を感じた場合には、次回の検診を待たずに受診していただきたいと思います。

また、乳がん検診の結果、要精密検査となったとしても、必ずしも乳がんとは限らないので過度に心配することはありません。ですが、必ず精密検査を受けていただきたいと思います。精密検査の結果、異常なしとなった場合は、自己検診と乳がん検診のサイクルに戻るか、それとも医療機関で経過観察を行ったほうがよいのか、医師の指示を聞いてください。

経過観察となった場合、3か月後、6か月後など、受診するタイミングの指導を受けるでしょう。そのサイクルに併せて受診していただきたいと思います。