Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

医療相談 初回無料

インストール

乳がんの早期発見のためには、乳がん検診が有効といわれています。乳がん検診には、市区町村が主体となって行う住民検診などを指す「対策型検診」と、人間ドッグなど自己負担で受診する「任意型検診」があります。

日本鋼管福山病院は、対策型検診と任意型検診の両方に対応しています。これらの検診では、どのような検査が行われるのでしょうか。また、どれくらいの頻度で受診すべきなのでしょうか。

今回は、日本鋼管福山病院の藤井 清香先生に、乳がん検診で行われる検査の種類から、乳がん検診から精密検査の流れまでお話しいただきました。

乳がん検診の種類

乳がん検診には、対策型検診と任意型検診があります。

対策型検診-住民検診など

対策型検診とは、国民全体の死亡率を下げることを目的として、国のがん対策の一貫として行われる検診を指します。具体的には、市区町村が住民を対象に行う住民検診などが対策型検診に当たります。

2018年現在、住民検診では、40歳以上の女性に2年に1度の頻度で乳がん検診を行っています。なお、住民検診は費用の一部を市区町村が負担するため、無料や低価格で受診することが可能です。

任意型検診-人間ドッグなど

一方、任意型検診とは、本人の希望などに基づき自己責任で行われる検診を指し、人間ドッグなどがこれにあたります。任意型検診は基本的に自己負担で行われますが、勤務先や加入している健康保険組合などの福利厚生の一環として提供されることもあります。なお、任意型検診の受診に年齢の決まりはありません。

乳がん検診で行われる検査の種類

マンモグラフィ検査が基本

対策型検診であっても任意型検診であっても、マンモグラフィ検査が乳がん検診の基本となります。マンモグラフィ検査とは、乳房専用のX線撮影装置を用いて行う検査です。

この検査では、板状のプレートで乳房を挟み、撮影を行います。乳房組織を鮮明に映し出すため、視診や触診では発見しにくい小さな病変も見つけることができる点が大きな特徴です。

特に、40歳以上の方には、マンモグラフィ検査による検診が推奨されています。

マンモグラフィ検査

任意型検診では、超音波検査、MRI、PET検査などを行うことも

任意型検診では、マンモグラフィ検査を基本としながら、超音波検査、MRI、PET検査*などさまざまな検査方法からご本人の価値観にあわせて、選択することができます。

PET検査:放射性薬剤を体内に投与し特殊なカメラによって画像化する検査