S414x232 d3412643 1866 4917 a78c 4493ba8242d4

疾患啓発(スポンサード)

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 d3412643 1866 4917 a78c 4493ba8242d4
顔に堪えがたい痛みが起こる─三叉神経痛とはどんな病気?
三叉神経痛は、顔の感覚をつかさどる「三叉神経」が血管などによって圧迫されることで、突発的に顔面や口の中に激痛が起こる病気です。虫歯や頭痛などの痛みと間違えられやすい病気ですが、症状の特徴やMRI...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

公開日 : 2019 年 01 月 31 日
更新日 : 2019 年 01 月 31 日

目次

三叉神経痛は、顔の感覚をつかさどる「三叉神経」が血管などによって圧迫されることで、突発的に顔面や口の中に激痛が起こる病気です。虫歯や頭痛などの痛みと間違えられやすい病気ですが、症状の特徴やMRI検査の結果などから正しく診断することが可能です。

今回は三叉神経痛の原因や症状、診断の要点や治療法などについて、北野病院・脳神経外科の岩崎孝一先生にお話を伺いました。

三叉神経痛とはどんな病気?

顔の表面に激痛が走る病気

三叉神経痛とは、左右どちらかの顔面や口の中などに、突発的に鋭い痛みが走る病気です。重症になると、たとえば口の中に食物を入れたり顔にエアコンや扇風機の風が当たったりするだけでも電撃痛が走るため、日常生活や仕事に支障をきたすことがあります。

50代以降の女性に多い

三叉神経痛を発症しやすい体質などは特にありませんが、発症しやすい年齢のピークは50代以降で小児や若い方には少ない病気です。また、性別では、女性が男性に比べておよそ1.5倍~2倍多いといわれています。

三叉神経痛の原因について

三叉神経痛の原因

三叉神経に血管が接触、圧迫して痛み「三叉神経痛」が起こる

痛みの原因は、顔の表面の痛む所ではなく脳の深いところにあることが分かっています。三叉神経は顔の感覚をつかさどる神経で、脳の中心部にある脳幹から分かれて顔面に出てきます。この脳幹から分かれる部位で、神経と脳の表面の血管が接触することで三叉神経痛が起こります。

原因は血管の動脈硬化

三叉神経のそばを走る血管は通常の場合、三叉神経に接触しても強い圧迫を引き起こすことはありません。しかし、加齢に伴い血管に動脈硬化が始まると、血管は硬くなり蛇行します。蛇行により血管の触れた部分が強く圧迫されると、神経に脱髄(だつずい)という変化が起こり異常な電気の回路ができて、三叉神経痛が発症するとされています。

動脈硬化…血管の内側にコレステロールなどが付着して血管が狭く硬くなり、血液の流れが悪くなった状態。

発症にはさまざまな要因が関わる

血管や神経の位置には個人差があります。それに加えて、加齢、遺伝、高血圧、環境の変化といった、さまざまな要因が重なって初めて三叉神経痛が発症します。

なお、血管が神経に接触、圧迫して症状が起こる病気には、三叉神経痛のほかに片側顔面けいれんがあります。(この病気については、記事2「顔の表面がぴくぴく引きつる─片側顔面けいれんとはどんな病気?」をご覧ください。)

三叉神経痛のページへ

特に脳腫瘍外科、脊椎・脊髄外科、微小血管減圧術を専門としており、多数の手術を手掛けている。大学病院以外では数少ない日本脳神経外科学会認定の基幹研修病院の主任部長を務める。

関連の医療相談が13件あります

関連記事