Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

心臓リハビリテーションの現状と普及に向けて−心臓リハビリテーションの重要性

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2019/02/18

2019 年 02 月 18 日
更新しました
2019 年 02 月 15 日
掲載しました
心臓リハビリテーションの現状と普及に向けて−心臓リハビリテーションの重要性
鈴木 誠 先生

横浜南共済病院 循環器内科 総括部長

鈴木 誠 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

心不全の患者さんが急増する中で、心臓リハビリテーションは大切な治療のひとつです。

しかしながら、心臓リハビリテーションを実施していない病院も多く、患者さんの継続率も低い現状があります。

横浜南共済病院では、2018年4月から心臓リハビリテーションを開始しています。今回はその立ち上げに尽力された、横浜南共済病院の循環器内科部長である鈴木誠先生に心臓リハビリテーションについてお話を伺います。

心臓リハビリテーションとは?

心臓リハビリテーションでは、自分の病気について理解することが大切

心臓リハビリテーションとは、「すべての心臓病の患者に対する再発予防・自己管理について多職種で行う教育プログラム」のことです。具体的には、心臓病の再発や再入院を防ぐための自己管理を目的として、運動療法や学習、生活指導、カウンセリングなどを行います。心臓リハビリテーションには、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、社会福祉士など、さまざまな職種のスタッフがかかわります。

リハビリテーションというと、「運動療法」を真っ先に思い浮かべる方も少なくないかもしれません。もちろん、体を動かすことも大切な要素のひとつです。しかしそれ以前に、心臓リハビリテーションでは、ご自身の病気について知っていただくことがとても大切です。

たとえば心不全の患者さんであれば、心不全の予後がどれだけ悪いのか、なぜ処方された薬を欠かさず飲まなくてはいけないのか、などについて患者さんにしっかりと理解していただくところから始まります。

このように、ご自身の病気に対する理解を深めていただいたうえで、運動療法を行います。

運動療法ではどのようなことを行うの?

リハビリテーション

運動療法の内容は、患者さんの運動機能や心機能などによって異なります。そのため、ここでは運動療法の一例についてご紹介します。

急性期で有酸素運動ができないレベルでは、ベッドサイドでの足上げ運動やつま先立ち運動などの軽い筋力トレーニングを行います。

その後、徐々に歩行を開始します。300mくらいの距離が歩けるようになったら、自転車エルゴメーターという機械を使用して、自転車こぎ運動を行います。また、退院後も自宅で運動が継続できるよう、患者さんの心肺機能に合わせて運動処方を出します。

自宅で運動を継続していただくのと同時に、外来リハビリテーションにも定期的に通院していただきます。

早期心臓リハビリテーションとは

近年は、病気の発症や急性増悪から48時間以内にリハビリテーションを開始する「早期心臓リハビリテーション」が少しずつ普及し始めています。たとえば、人工呼吸器を装着していたり、気管挿管管理をしていたりする患者さんに対して、ベッド上で手を挙げるトレーニングを行ったり、離床して軽い歩行を行ったりします。

早期心臓リハビリテーションは、より早い段階に体を動かすトレーニングを行うことで、自分の力で歩いて帰れるようになることを目指して行われます。しかし、実施している病院はまだまだ少ないという現状があります。